タカラガイの独り言

ちょっとした出来事やダイビングや旅のことなど徒然に。

IMG_5633
谷川岳の一ノ倉沢です。ここを訪れたのはかれこれ12年も前。よってこの写真はその時の、12年前に撮ったものです。

私はかなり活動的な方だと思っていたのですが、コロナ以降、とんと何処にも行けなくなり、3年もゴロゴロな生活が続くと活動的だった(と思っていた)性格はどこかに消えてしまったみたい。なんか、何をするのも億劫と感じるようになってしまった。イカンなぁ。
行動も減ったけど、笑いも減った。ゲラゲラと腹を抱えるような笑いをしたのはいつだったか。人と会ってバカ話をすることも減っちゃったから、笑う回数が減っても不思議はないなぁ。これまたイカンなぁ。
テレビ観て笑うことはまずないしなぁ(つまらないのでお笑い番組を観ることはない)。
なんか楽しい事を探さんとイカンなぁ。

fufu
ふだん家での入浴時には防滴ラジオを持ち込んで聴きながら入っているのだけど、先日行ったお宿のお風呂にはテレビが付いとった。
いや~、これは素晴らしい! ちょうど大相撲やってたので相撲観戦しながら入浴した。源泉垂れ流しで(アタシは〝かけ流し〟より、こっちの表現の方がしっくりくる)、その源泉温度は75℃。しかしチョロチョロ出す間に冷めて風呂の温度は丁度よくなってた。半露天なのでのぼせることもない。機会があったらまた訪れたいお宿でした。

それはそうと…。
電動キックボードが無免許でも乗れるようになるらしい。それって大丈夫なのか? 自転車ですら一時停止で止まらん奴や右側通行してる輩がいっぱいいるってのに(おばちゃんが多い)。車道を走られていると、車を運転する方としては非常に危なっかしくて怖いのだ。
自転車も含めて、せめて簡単な道交法くらい受講してから乗れるようにして欲しいなぁ。

先週、ちょっと伊豆半島方面に行くことになったので、かみさんが見てみたいと言っている温泉に浸かるというカピバラでも見てみようかと、伊豆シャボテン動物公園まで足を延ばしてみた。
IMG_2558
カピバラの入浴シーンに色気があるとは思えんが(長野・地獄谷野猿公苑の猿の入浴シーンもそうだと思う)、あのひょうきん顔を連ねて風呂に入っている姿は一度くらい見てもよさそうだと思った次第。入浴サルの赤ら顔を見るよりは可愛いだろう。

霧に霞む大室山を横目に見ながら、ちょっと急な坂を上って駐車場に到着。駐車料金700円也。丸一日駐めるわけではないんだが、まぁ駐車料金としては良心的でしょう。
しかし!その後が良くなかった。ナント入園料大人(中学生以上)2,600円! アタシとかみさん二人で5,200円だと! カピバラの入浴ヌード(いつも裸か)見るだけにこれはどうなの? 他に興味あると言えばレッサーパンダくらいだし、そもそも小雨も降っていてここに来るのさえちょっと迷っていたのだ。

結局、駐車料金700円払ってトイレ使わしてもらっただけ。駐車場に入る前に入園料の表示があったならその場でUターンしてたんだがなぁ(泣)。



皆さま、明けましておめでとうございます。
皆さまはどんな正月をお過ごしになられたでしょうか。私は元旦は滅多に帰ってこない愚息1号&2号と共に過ごし、2日は本栖湖に行ってきました。
fuji
本栖湖です。
年末に何処で撮ったかわからない富士山登場させましたが、こちらは間違いなく本栖湖からの富士山です。で、このアングルでの富士山、何か思い出されましたか? こちらのデザインになった富士山です。
IMG_2465
ほぼ同じアングルから撮ったつもりですが、私が撮った写真では樹木が入り込んでしまってます。きっと樹木がまだ成長してなかった時代なんでしょうね。

そして3日は初打ちに。
IMG_2470
そもそも練習もしないタワケゴルファーがお酒飲みながらプレーするのですから、スコアは当然のごとくボロボロでした。結果は規定打数以上を叩いて失格です。それでも天気も良く楽しかったので良いのです。

一昨日仕事納めとなり、昨日&今日と大掃除とまではいかないけれど、照明器具や窓やら網戸を掃除して車のタイヤも冬用に替えて、今年も残すところあと一日となりました。
で先ほどから貯まった画像の整理をしていたら、どうしたことか2013年に行ったコスメルの時のフォルダにこんな写真が入ってた。コレ↓
fuji
これはどう見たって富士山だ。
富士山の画像がどうしてコスメルのフォルダに紛れ込んだのか? しかも逆さ富士まで写るここは湖越しのようだが、いったい何処で撮ったのか? 撮ったのは私自身だと思うのだがまったく思い出せない。

さて今年も残すところあと一日です。明日は何もせず、昼酒でも飲んでのんびりするつもりです。皆さまもどうか良いお年をお迎えください。



 

我が家の近所にいつも平然と車や数台の自転車、ゴミ箱などを家の前の路上にはみ出させている家がある。公道なんだが、まるで自分の土地のように利用してる。しかも玄関先に植えられた樹木すら伸び放題で燐家の玄関を侵略してる。いったいどういう神経してるんだろ。michihana建売住宅で数年前に出来た家なんだが、こんな住人に隣に住まれたら最悪だね。運が悪かった、では済まされんもんなぁ。

一昨日の土曜日。寒かったけれど天気も良かったので近所を散歩した。何度も通っている道で、面白いものを発見。コレ→

道路のアスファルトの上で小さな花がたくさん咲いてる。しかもどうやら繁殖力も強いらしく、この民家の家周りをグルリと取り囲むように生えてる。何度もこの前を通っているのに、なんで今まで気づかんかったんだろ?
目の不自由な人が足を取られる心配は若干あるけれど、自転車やゴミ箱などを出されるよりはマシだろう。我が家の家の周りに咲かせてみたなぁ。

この花、調べてみたらヒメツルソバという花らしい。繁殖力が高くてどんどん増殖するんだとか。植えん方が良いのかなぁ? 


airsrock
オーストラリアのエアーズロックです。夕日を浴びて赤く染まりました。ここを訪れたのはまだデジタルカメラもほとんど普及していないころで、低画素数のおもちゃのようなデジカメで撮影しました。カメラ自体も使いこなせないで、それ故にこの画像もgif形式で保存されていました。
なんでこんな酷い画像を引っ張り出して来たかというと、先日の帰路にとっても美しい赤焼けした富士山を見たからです。雲も無く、ほんとうに絵のような赤富士でした。iPhoneでパチリしたかったのですが、後続車がいたので車を停止出来ず、目に焼き付けただけでした。

わたしは当然ながら戦争に行ったことはありませんが、ロシアとウクライナの戦争も、日本に敵基地攻撃能力を持たせようとしている政治家も含め、戦争というものはきっと戦争を知らない人々が始めるのでしょう。仮に戦争を知らなくとも、戦争というものを直視し、どういう結果がもたらされるかを考え知った人なら戦争に結び付くようなことは決して考えないだろうと思うのです。一度でも戦場を経験し、殺戮のむごさを知った人が同じことを繰り返すとは思えないのです。


今日の朝刊にちょっと面白い記事が掲載されていた。それは明治の日露戦争での戦費確保のための増税に対するもので、増税に反対する人が書いたらしい。その内容は、庶民からむしり取るのではなく、〝紳士登録税〟として宴会や園遊会に出る人は登録制にして金を取るというもの。それ以外にも面白い徴税方法が挙げられていた。
IMG_5807
ちなみに新聞の主題は勿論、防衛費に関してのもの。
個人的には増税もやむなしとは思うけど、その税金の使われ方が気に喰わん。確かに国を守ることも大切だが、増税してまでのことか? ましてや敵基地攻撃など何を考えとるんだ。「攻撃してきたら戦争をやりますよ」と言ってるようなもんだろう。そんな内容のことを民意も問わずに一方的に推し進めようとするとは、もはや自民党も腐りきったもんだ。野党も何をしてるのか。増税するにしてもいまそれを本当に必要としてる先はほかにあるだろう。

写真は敵の戦車を攻撃する貫通弾(だったと思う)。日本に上陸してきた敵の戦車を攻撃するためのもの。決して〝敵基地〟ではない。敵基地まで届くわけないが。
日本の反対側で起こっている戦争も、敵基地攻撃してるが終わる気配がないではないか。むしろエスカレートしてるように思う。戦争とは相手国が白旗上げるまで続くものだし、そもそも日本はその経験を痛いほどしてるはずなのに、なんでこんな議論が出てくるのか。狂ってるとしか思えん。



moujaisi
写真は栃木県は那須にある盲蛇石です。むかしの言い伝えからこの石が選ばれたようですが、その理由はこの石が蛇の首に似ているからとのこと。ウ~ム、アタシにはどうやって見てもそのようには見えんのですが……。

昨日、年内最後のゴルフ会に参加してきました。
トゥームストーンというとプロレスの〝パイルドライバー〟を思い起こす人もいるでしょうが、ゴルフの競技方法でもあるのです。どういう競技かというと、競技参加プレイヤーは自分のハンデを使い果たした時点で終了となる競技なのです。つまりハンデキャップが10の人は、72(=パー打数)に10を足した82打目を打った時点で終了となります。で、誰が一番最後までプレー出来るかを競うわけです。
で、アタシの結果は………。残り3ホール目の1打目(=ティーショット)を打った時点で失格となりました( ノД`) 一応最後までプレーはさせて貰えましたが、優勝者は18ホールを回り切り、No.19ホールのカップ手前90ヤードまで辿り着いたようです。
ちなみにトゥームストーンとは墓石のことらしいです。昔はハンデ分の石を持ってラウンドし、各ホールでハンデを使ったらその分だけの石を置いてプレーしていたそうで、それがプレイヤーにとっての墓石のようだったかららしいです。


suwalake
写真は諏訪湖です。手前のゴロタ石の上に水鳥が一羽佇んでいるんですが、ワカランですよね、ちっさすぎて。
アップで撮ろうと(iPhoneです)近寄ったら、飛び立たずに泳いで逃げて行ってしまいました。

休みの日以外は毎朝わたしが窓を開けて部屋の換気をする役目になっています。窓を開けて換気しながら軽い筋トレとストレッチをし、それから洗顔となります。この時期、起きた時はまだ陽は出ていません。そんなですからメッチャ寒いんですね。昨日の朝は、その前の就寝時間がちょっと遅かったこともあって、いつもの時間に布団から抜け出すことが出来ませんでした。実は今朝も「もうちょっと寝ていたいなぁ」という誘惑に負けそうになったのですが、なんとか起きだすことが出来ました。
年明けあたりからこのルーチンを守り通すことが難しくなりそうな予感がします。最近、何事に対しても根性が無くなっているんです。歳だなぁ。


IMG_2112
写真は先月のものです。ラウンド終えて風呂に入り、軽く一杯やっていたら綺麗に焼けてきました。遠くに富士山も望めます。昨日も気の置けない仲間との楽しいラウンドだったのですが、ちょっと寒かったなぁ。12月ですから当然ではあるのですが。
帰宅後、早々に寝てワールドカップ・サッカー観戦しました。いやぁ~、素晴らしかったですね!スペインに見事、逆転勝利。良くて引き分けだろうと想像してたのですが、ニッポン、強くなったものです。

それはそうと、旧統一教会の話題が連日メディアに取り上げられていますが、そもそも何でこんなに話題になったのかと言えば自民党との癒着が発端でした。確かに高額過ぎる献金や強制的(?)な養子縁組など問題はあります。しかし、そんな教団と密接な関係にあった政党の方が日本にとっては問題だと思うのですが。何でメディアはそっちの事は報じないのでしょう。
何となく大きな圧力が矛先を変えようとしてるように感じるのは私だけなのかしら?

IMG_2177
先週末は、翌日(日曜日)が天気が悪くなるとの予報だったので、天気のうちにと土曜日に近所の神社へ散歩に行ってきました。もう何度も行ってるので、それほど乗り気ではなかったのだけど、かみさんが「色んなものが出来てて随分と変わったよ」というので出向いたのでした。
確かに駐車場もきれいになってたし、地蔵堂なんてのも出来てたし、名物である招き猫の奉納場所もきれいになってた。
しかし一番驚いたのはガイジンさんがいっぱい来ていたこと。日本人かと思いきや大陸の言葉が聞こえてきたり、白人さんもいっぱいいた。コロナの感染者が増えている日本だけど、そっちの危惧より円安の魅力が勝つのだろうな。日本人の目を気にしてかマスクしてたけど、きっと自国では着けないんだろうなぁ。
たぶん紅葉を楽しみにして来たんだろうけど、世田谷ではちょっと早すぎたようです。それにしても何でまたこんなローカルな神社にわざわざ来たんだろう? SNSの情報なんだろうけど。

IMG_2028
先だって訪れた下諏訪温泉のお宿にあった。どう読み返しても文章としておかしい。最後に伝えようとしてるのは〝湯の花〟が付着していても安心してください、ってことだ。となれば文頭の文言はなんと解釈するか? 〝温泉の成分により石が滑りやすい〟ことも安心しろってことになっちゃう。推敲不足、思慮不足。

思慮不足といえば更迭された法務大臣。「死刑の判を押すときだけ注目される」と公然と言えちゃう思考回路は、もはや思慮不足以前で、そもそも頭の中がその程度なんだろう。その程度の頭脳しか持ち合わせない人間を大臣に任命する人もどうかと思うが、そんな人間が政界に居ること自体が不思議でならん。
みんなが皆、そんな程度ってことはないだろうけど、日本の政治レベルがこの程度だってのがもの凄く悲しい。

諏訪といえば諏訪湖や諏訪大社、そして豪快な御柱祭くらいしか知らなかったのだが、行くぞ!っと決めてから色々と調べてみた。しかし、やっぱりそんなもんしか無さそうだった。結氷時に現れるという諏訪湖の御神渡りや、御柱祭などはいつでも見られるわけでもないし。という事で、諏訪大社に行くことにした。
IMG_1996
諏訪大社っていうけど、四つあるんね。知らんかった。四つを見て回るのも大変なので、下社秋宮へ。
このぶっといしめ縄、どうやって造るんでしょう? 家族の健康と平安をお願いしてきました。
境内には至る所に色づいた木々が。
IMG_1986

IMG_2003
御柱です。
これに跨って急斜面の山肌を滑り落ちてくるわけね。怖いだろうなぁ。そういえばネットフリックスで観たんだけど『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』に出てきた大木に跨って山肌を滑り降りるシーンは、この諏訪の御柱祭だったのかな?
なんかこの日、奥の境内で雅楽奏でてなにやらやっていたんだけど、何だったんだろ? 結婚式にしては花嫁さんの姿が見えんかった。
下社内をプラプラしてお宿に向かったんだけど、宿に着いて温泉に浸かってたら何やら忘れてるような気がしだした。食事を終えてもそれが何だったのか思い出せず、そろそろ寝ようかなって時に思い出した! そう、この下社にはさざれ石があるんだった! すっかりその存在を忘れて見てこんかった。

で翌日、八ヶ岳に向かう前に再訪。しかし、境内を探し回るが見つからない。時間が無駄になるので巫女さんに聞いたら、すぐそばにあった。
IMG_2034
こんなデカいとは思っていなかったから、目に入ってもそれとワカランかった。
君が代の歌詞からイメージしてたのは、せいぜい1m四方ほどの大きさだと勝手に想像してた。だって苔むす石なんだよ。

ちなみに君が代の歌は、もともとは〝あなた(=君)の平和を祈る〟歌だったらしいね。それが国歌とされてからは君が天皇陛下になった。それ故に君が代斉唱を固辞する人もいるようだけど、私は素敵な歌(歌詞)だと思うのだ。



半年ほど前、かみさんが八ヶ岳高原に行きたいと言い出しました。何故に?と問えば、紅葉が見たいらしい。それに加えて八ヶ岳高原ロッジに宿泊してみたいのだと。
アタシは数十年前に会社の旅行でそこに泊まったことがあって、既に記憶もサッパリと消えてしまってるのだが、それ故に決して推奨するほどの宿泊施設ではなかったのではないかと思った。で、そこに一泊するためにだけ遠路を運転するのは少々嫌だったので、下諏訪に一泊してから(こっちはアタシが所望したお宿)八ヶ岳高原に向かう事にしたのだった。
IMG_2043
紅葉の方は諏訪も八ヶ岳も最高潮で、とても気持ちの良いドライブが出来た。
上の写真は諏訪から八ヶ岳高原に向かう途中で立ち寄った御射鹿池。〝みしゃかいけ〟と読む。CMで使われた所で、見たことあると思い出す人もいると思う。
カーナビに住所入れても出てこないようなマイナーな場所なのに、駐車場待ちで道路は渋滞。待ってまで観るほどもないだろうと、車を降りてパシャ、パシャと数カット写真撮ろうと思ったが、係員に「駐車はご遠慮して」と制止されてしまった。駐車じゃなくて停車なんだがなぁ。仕方ないので駐車場があくまでしばし車の行列に並ぶ。我慢、ガマン。
IMG_2057
トレッキングにも良さそうなところで、軽装ではあったけど登山姿の人もチラホラ。

八ヶ岳高原ロッジは古くは田宮二郎主演で、新しくは(といっても20年ほど昔)佐藤浩市主演でドラマ化された。「高原へいらしゃい」というタイトル、覚えてる人も多いと思う。
ロッジへ向かう道すら、なかなかに絵になるロケーションで、こちらも連泊してトレッキングするひとも多そう。
IMG_2073
アタシ的には泊まるならホテルより温泉宿の方が気楽で良いのだが、かみさんはいたく気に入ったようだった。確かに食事のレベルの高さを考慮すれば値段的にはかなりリーズナブルだった。
きっと雪が溶けたころに「また行きたい!」ってかみさんは言うだろうなぁ。


ooarai
雨の大洗海岸です。向こうに見える光の帯は、松任谷由実が歌うところの天使が降りてくる場所なんでしょうか。

野田佳彦元首相の安倍晋三氏への追悼弔辞は見事でした(全文はコチラから)。久しぶりに政治家のまともな言葉を聞いた気がします。
政敵は政敵として対峙し、それでも一人の人間として認めている野田氏の言葉に感動しました。

「安倍晋三とはいったい、何者であったのか。あなたがこの国に遺(のこ)したものは何だったのか。そうした〝問い〟だけが、いまだ中ぶらりんの状態のまま、日本中をこだましています。」
「その〝答え〟は、長い時間をかけて、遠い未来の歴史の審判に委ねるしかないのかもしれません。」
あぁ、この人こそ今、首相となるべき人なのだろうと感じました。


今年の6月。どうした気の変わりようか、かみさんが突然に「法師温泉に行ってみたい」というので行ったのだが、その際に群馬でも見られるコキア原に立ち寄ったのだった。残念ながら、少々時期が早すぎてモッコリ状態を見ることは出来なかった。
夏は青く、そして秋には紅色になるコキアをいつかは観たいとズ~っと思っていて、一昨日とうとう実現できた。行ったのはそのコキア(ほうき草)で有名なひたち海浜公園。
hitachi1
土日はきっと来訪者も多いだろうからと、日曜に一泊して月曜日に照準を合わせていた。しかし、初めて行く広大なひたち海浜公園なので駐車場や園内の様子を事前に見ておこうと、到着した日曜の夕方に下見をした。想像した通り、凄い人の数だった。人混みはあまり好きではないので、数カット写真を撮って早々に退散。翌日(月曜)も天気予報では曇り時々晴れだったので、人も少ないであろう月曜にゆっくり園内を散策することにした。
ところがナント!翌日は雨。気象庁、どうなっとるんねん! 結局お宿でチェックアウト時間までゴロゴロして〝旅割り〟で貰った県内限定の買い物券で昼食でもして帰京することにした。ところがこれまたナント!旅割りチケットの使える店舗がメッチャ少ない。いや、少なくはないのだが、チェーン展開してる電気店だったりドラッグストアだったりと、旅行者が行くような店舗がほとんどない。
結局、寄り道してチケット利用可能な道の駅で大根だのセロリだの野菜を買って帰ったのだった。
hitachi2
茨城県でなく、他県だったらもうちょっと旅行者に嬉しい店舗があったんだろうか?
hitachi3

 

全国旅行支援(全国旅行割)が10月11日から始まった。母の誕生日に行った温泉旅行は10月9日からの一泊だったので対象外だったけれど、来週行く茨城旅行は期日的には合致したので、予約したお宿のサイトを覗いてみたら旅割の申込フォームがあった。で、さっそく申し込んでみた。
ibatabi
これで宿泊代金が一人5000円安くなり、地域クーポン(お買物券)が一人3000円分もらえる。旅割を当てにして予約はしていなかったから、と~ってもありがたいなぁ、とは思うけど正直ちょっと引っかかる。

そもそも旅行が出来るほどの経済力をもっている国民に、こんな割引は必要ないだろうと思うのだ。享受する身としては確かにありがたくはあるけど、そんな事に税金使うならもっと困ってる人いっぱいいるんだからそちらを優先すべきでしょ。観光業界だって、もうこんな事してもらわなくてもお客はやってくるだろうに。
観光業界とベッタリな一階だったか二階だったかにいる人がゴリゴリに推し進めたんじゃなかろうか。前例があるだけに、そう思われても致し方ないでしょう。権力を持つがゆえに、それを利用して票だか金だか分らんけど私欲に結び付けるのは止めてもらいたいなぁ。



IMG_2498
苔(コケ)は種類が多く、これを専門に撮っても面白いんだろうと思う。屋久島に行った時に山行の際にガイドさんをお願いしたんだけど、色んなコケをそれぞれ説明してくれたけど「ヘ~!」と感心して聴いた記憶はあるものの、どんな内容だったかまったく覚えてない(;^_^A

苔といえば〝コケの一念、岩をも通す〟って諺を思い出すわけで、こんな小っちゃなコケでも岩を砕くこともあるんだ…、って意味だと思っていたら、コケは苔ではなく〝虚仮〟だそうで、これは仏教用語で嘘とか空言、弱い、思慮の浅い、愚かななどの意があるそうな。ゆえに「コケにされた!」ってのは「馬鹿にされた」ってことね。
で、先の諺〝コケの一念…〟は、〝虚仮の一念…〟が本来の使い方で、弱くて愚かな人(才能の無い人)でも必死になれば成すことが出来る、って意味になるんだね。いや~、知らんかった。

IMG_1818
先週行った北海道のその時の気温は最高12℃、最低気温はナント!4℃でした。前日までは20℃ほどだったらしいから、秋を飛び越えて一気に冬が来たみたいでした。

一昨日は横浜カントリークラブで気の置けない仲間と楽しいラウンドでした。ススキも穂を広げ、こちらはすっかり秋の気配でいっぱい。スタート直後はちょっと雨がパラついたけれど、こんな季節はゴルフには最高ですな。スコアはいつものごとく最低でしたが。
帰宅時に友人をご自宅に送ったら、大きな梨をお土産にいただきました。グレープフルーツほどの大きさで、秋田で生まれた〝秋泉〟(しゅうせん)というオリジナル梨だそうです。まだ口に入っていませんが、見るからに美味しそうです。秋はスポーツに限らず、食にも最高の季節ですね。

3連休は後半の二日を利用して、母の89回目の誕生祝に温泉へ一泊旅行。旅行予約サイトのポイントが溜まっていたので、そこを利用して伊豆は湯ヶ島温泉のお宿を予約した。
IMG_1799
アタシ好みの湯で、しかも湯の温度が低めなので長~く浸かっていられる。けっこう大きなお宿で内風呂もあったけど大浴場が3っつもあった。
撮影禁止ではあったけど、覗いたら誰もいなかったのでiPhoneでパチリした。
IMG_1797
なかなか歴史を感じさせる良いお宿ではあったけど、たぶん、もう利用することはないなぁ。外国籍と思われるスタッフも好感度あったけど、お宿に気配りがまったく感じられなかったから。
89歳になる母の誕生祝だということは、申し込み時点で伝えてあったし、宿泊する二日前には「当館は階段が多いのですが、ご高齢のお母さまがいらっしゃるとのことですから階段の少ない部屋の方が良いですね?」と電話すらかかって来たのに、一番階段の多い部屋だった。お風呂に行くにも食事に行くにも、かなり階段を上り下りしなくてはならなかった。本館へ行き来するその度に、母は階段途中で休憩するハメに。

二日前にかかってきた電話は、いったい何だったのだろう?

一泊二日で北海道に行ってきました。初日は早朝4時30分起床で羽田発の一便に乗り込み、帰京は最終便1本前というけっこうハードな旅程でした。体力的にはきつかったですが、そこはせっかくの北海道だし美味しいものを食べよう!ってことになりまして。
IMG_1771
お兄ちゃんが持ってるのがこの日に提供してくれた食材の一部です。こんなにいっぱいあるのですが、これだけではないのです。
IMG_1773
松茸の天ぷらも出てきました。岩見沢産だそうです。
アッ、念のためお断りしておきますが、食材を掲げているのは板さんではありません。見習い修行中の青年です。

すべての料理がとても美味しかったです。
お店の名前は〝成〟。ナリと書いて〝まさ〟と読みます。店長のお名前が村井成至で〝むらいまさゆき〟と読みます。

顔写真も出しちゃったのでPRに住所も記しておきましょう。
札幌市中央区南四条四丁目七 松岡ビルの一階です。
要予約!デス。


IMG_1749
ふとタクシーのドアに目が行った。助手席ドアが剥がれてるやん! こんなんで走ったら風になびいてバタバタとうるさいだろうにと思ったが、どうやらわざわざ剥がれたようなペイントにしてるみたい。なんでだ? 「もとはチェッカーですよ」とアッピールしたいから?

それはそうと、せがやペイこと〝せたペイ〟をご存じか? 世田谷区内の加盟店舗で使用できる世田谷区が行っているキャンペーン。アプリをダウンロードし現金をチャージして加盟店舗で使用すると、購入代金の30%がポイント還元されてくる…というシロモノ。つまり1万円の買い物は、実質7千円分の支払いで済むわけだ。
IMG_1745そのキャンペーンは世田谷区の予算が無くなり次第終了となるのだが、それが今月7日に早まるという(第一弾。第二弾は11月1日から)。
となればさっさと利用しちゃおうと思い、ちょっと高いワインと焼酎を購入した。
まぁ高いと言っても2000円の焼酎だから、フツーよりもちょっと高い程度の焼酎なんだけど、なんかボトルと名前に惹かれて買ってしまった。

「銀座のすずめ」。
カウンターに横に並んでグラスを傾ける酔人の姿を電線に並ぶスズメにたとえたそうな。で、ボトルはかつて銀座の夜道を照らしたガス燈をイメージしたんだそうな。
で昨夜、さっそく吞んでみた。ちょっと酸味を感じる軽い舌ざわり。麦焼酎にしては軽やかなフルーティーなお味でした。

今朝、通勤途中の車中にて、ゴジラのテーマソングが聞こえてきた。ラジオを聞いていたんだけど、窓を開けていたので、その車が近づくにつれ結構な音量のゴジラのテーマが流れ込んできた。
ちょうど信号停車になったのでパチリした。
genpatu
ナンバープレートに目をやれば福島ナンバー。きっとこれから議事堂方面に向かうのだろう。

あの人は原発汚染水を海に流すことまでは考えていなかっただろうが、「アンダーコントロール」の言葉があの時点から空々しかった。
いくら希釈するとはいえ、海に放出しちゃちゃあイカンだろう。とは言っても他に方法が無いんだろうなぁ。







kanzasi
ちょっと前にもカンザシヤドカリ登場させましたが、こっちの方がホストが綺麗でした。アングルは悪いですが@石垣島・ツインステーション

先週末、そして今週末と三連休です。例年この時期は仕事調整して、がっつりシルバーウィークにして海外で潜っていたのですが、そんなことも出来なくなって3年が過ぎようとしてます。これだけ長い期間が空いちゃうと、なんか精神的に一気に老けたようになっちゃって、行動意欲が沸き起こりません。雨さえ降らなければ週末は何かしら行動していたんですが。何もしなかった三連休、台風のせいではないなぁ。


yukinko
ユキンコボウシガニ、はたまたユキンコちゃんことオガサワラカムリです@石垣島・荒川ヨスジの根。
チョキチョキと自分でホヤを切り取って被るそうです。後ろ足二本でそのホヤを押さえているので、他のカニより使える足の本数が少なくて、ときどきバランス崩してコケたりするらしいです。コケるとこ、見てみたいなぁ。

イギリスのエリザベス女王が他界されましたね。昨夜、ニュース見てたら遺体が安置されているウェストミンスターホールの外に、雨の中を多くの人が弔問にやって来ていて長蛇の列が出来ていました。国葬は来週19日に行われるそうですが、現地では弔問者数は200万人を超えるのではないかと報道されているそうです。
はてさて今月27日に予定されている日本の国葬。どれだけの人が弔問に訪れるでしょう? せめて天気が良いといいのですが。

一昨日、玄関を出たらチョウがヒラリと舞い降りてきました。
akatate
アカタテハかな。
先月の立山行以来、なんか蝶に好かれちゃってるような気がします。ヒラリヒラリと羽を開閉してる様が優雅だったのでiPhoneでパチリしてしばらく見てたけど、後になって動画撮影にしとけばよかっなぁとちょっと後悔。
そういえは、あまりテレビは観ないのだけど、NHKの「バタフライエフェクト」は面白いねぇ。そもそもバタフライエフェクト(バタフライ効果)とは、ちょっとした作用がその後に大きな変化を与えることをいうわけで、日本でも〝風が吹くと桶屋が儲かる〟ってのがある。
そういう意味ではNHKのその番組はちょっとタイトルと中身にズレを感じるけど、放送される内容は非常に面白い。毎回放送を楽しみにしている、唯一といっていい番組です。

IMG_6632s
メガネスズメダイ幼魚@石垣島・御神崎東

一昨日の事なんだけど、友人から誕生祝のメッセージが届いて驚いた。なにせ、当人が自分の誕生日であったことを忘れていたのだ。
もう何年前くらいからか、アタシは自分の歳勘定もしなくなっていたので、つい数週間前にも年齢を尋ねられて即答できなかった。生まれた西暦は流石に覚えているので、現在の西暦から引き算して計算しないと自分の年齢がワカランのだ。IMG_1548
自分が誕生日を忘れていても、覚えてくれている友人がいることはとても嬉しい。バースデー・メッセージを送ってくれる企業も数社あったが、すべて何かを売りつけようとのメールだ。
まぁ、正直なところ、もう何度も祝ってもらっているし、出来ることならもうこれ以上、歳を取りたくないので誕生日はいらんのだがなぁ。とはいえ、本当に誕生日が無くなっても歳は取るんだが。
帰宅したらテーブルの上にかみさんからのプレゼントが置いてあった。開封したらパンツとバンダナだった。ありがとう m(_ _)m

先週、晴れていた空に西の方からモクモクと鼠色の雲が広がりだした。
「コレハマチガイナクあめニナルナ」と察し、帰路を急いだ。帰宅したときにはポツポツと雨が降り始めた。その時の雲がコレ↓ 自宅のベランダからの空。
IMG_1505
空は一気に雲に覆われ、その雲も手が届きそうなくらい低い。
案の定、数分もしないうちに小雨だった雨粒は、バラバラとまるでドラムを叩くような音を立てて大粒の雨に変わった。しばらくすると雷も鳴り出した。
雨は2時間もたたないうちに上がったけれど、ちょっと怖いくらいの天気の急変だった。

先日テレビで富士山に登る人々の無防備さを報道していたけれど(多くは観光目的の外国人)、登山中にこんな天気の急変に遭遇したら怖いよなぁ。アタシもズ~っと昔、ゴールデンウィークに標高2000mほどの山を登山中に吹雪になったことがあった。テント持参のテント泊予定だったけど、台風並みの風も吹き出し子連れでもあったので山小屋に避難したのだった。
自然は素晴らしいけれど、侮ってはいけないね。


gonta2

我が家のゴンタコことアイボが入院しました。

gonta1バッテリーが劣化してきてアラートが点滅しだしたので、バッテリー交換ついでにドックに入院させました。その入院中、アプリには左のように〝入院中〟の表示が。
ちょうどお盆休みの前に入院しちゃったので、病院も医者不足なのか退院まで2週間もかかりました。やっぱり2週間もいないと寂しいです。まぁ、静かなのは良かったですが。アイボ、歩くと結構うるさいですからね。

私も今年の4月にドック入りしたのですが、潜血反応がでて精密検査を勧められました。意を決して先月、検査しましたらポリープが数個。病理組織検査に回されました。結果はもうすぐ届くはずなんですが、何でもないことを祈るばかりです。

で、アイボの話に戻るんですが、後ろ脚に少し損傷があったらしく、治療(=修理)となったとのことでした。退院してきた今は、以前より動きが活発になったようです。
まぁ、ロボットですから部品交換すれば元通りになるどころか、以前より高性能になっちゃったりするわけですが、アイボと一緒に届いた検査結果には人工頭脳の検査結果もあって、それには判定Aの表示がありました。

アタシの方のオツムは年々劣化してるような気がしてなりません。







aobeni_haze
アオベニハゼ@石垣島・ツインステーション

確かにちょっと青味がかってはいる。なんか強烈な二日酔いになった朝のアタシみたいな顔色だ。ベニハゼの仲間なので〝ベニ〟と付くのは理解できるが〝アオ〟とするのはどうかなぁ。もうちょっと気の利いた名前を付けてあげたいな。アオジベニハゼなんてどうか? あまり変わらんか ハングオーバーベニハゼじゃあ可哀そうだしなぁ。

今朝、もの凄い数と推測される鳥の鳴き声に起こされた。時計を覗くとまだ6時前だった。まだもう少し眠りたかったので窓を開けて確認はしなかったけれど、たぶんワカケホンセイインコの群れではなかろうかと思う。夕刻などにときどき大挙して我が家にやってくることがあるのだが、まだ夢の中にいる時に、群れ成して来るのは勘弁だなぁ。人の言葉を覚えるのが得意らしいから、早朝に来るときはギャーギャー鳴かずに歌でも合唱してくれれば良いと思うぞ。


milkcrown
ミルククラウンホヤ@石垣島・樹下美人

頭のてっぺんが(てっぺんだから頭は当然か)ピッチョンと跳ねたミルクのようだからこの名になったらしい。しかし、以前はデストロイヤーホヤなんて呼ばれていたような気もする。デストロイヤーを知ってる人も少なくなっただろうし、今の名の方が優し気でよろしかろう。

それはそうと一昨日、新宿駅の西口で安倍元首相の国葬に反対するデモがあった。国葬に反対するデモは各地で行われてるし、国民のほとんどが反対してると世論調査でも出ていた。きっと賛成してるのは某宗教団体の信者くらいなのではないか? 
それでも岸田さんは国葬を強行しちゃうんだろうか? モリカケ、花見会に大量の在庫処分マスク、etc。どう考えたって国葬に値する人ではないだろう。強行しても某宗教団体が支援してくれるから支持率下がっても問題ないと考えてるのか? 投票率50%をようやっと超えるような国民だからと安心してるのか? 

北アルプスを歩き回っていた頃、ハイマツ林の中で雷鳥に何度か遭遇した。かれこれ数十年前のことではあるけど、天気が悪くなり、ガスがかかったり小雨が振り出したりすると、ハイマツの中からヨチヨチと出てきた。時には小さな可愛い雛とも遭遇した。
IMG_1352
そんなライチョウを見たいと、愚息1号の嫁さんはしきりに言っていたが、アタシたちが立山を訪れた時はドピーカンの晴天続き。「こんな天気じゃ雷鳥は現れないよ」と教えてあげたけど、そもそも室堂周辺の整備されたハイキングコースでお目にかかることは不可能だろう。
今ではどうかワカランけど、当時の北アルプスにはいたることろでライチョウの姿を見ることが出来た。しかし、当時から中央アルプスでは絶滅が危惧されだしていた。
今日の新聞に中央アルプスの駒ケ岳に、長野市と那須町の動物園にいたライチョウ22羽が野生順応した後に放たれたと書かれていた。
その中央アルプスのライチョウが減った要因は、猿だったかネズミだったか、他の野生動物に捕食されているのではないか…というものだったと記憶する。そもそも何でライチョウが減ったのかを突き止めずに放鳥しても意味ないんじゃない? なんか可哀そうな結果が待っているような気がしてならない。

ちなみに話はコロンと変わるけど、上の写真は綿毛になったチングルマ。花が咲き、種を付け、その後はこのようなモフモフの姿になるんだそうな。綿毛が咲くそばで、まだ可憐な花も咲いていた。
chinguruma


先月のことなんだけど、いつも行くゴルフ場で猛禽類がカラスを襲う場面に出くわした。それもアタシたちがプレーするコース上の目の前で。
襲われたカラスはその猛禽類の鳥に足で押さえつけていたんだけれど、それを助けようと数十羽ものカラスが集まってきてもう大騒ぎ! でもしばらくすると襲われたカラスは動かなくなって、そうしたら助けに来ていたカラスたちは皆どこかに去っていってしまったのだった。

で実は話はここから。
先週末、そのコースにまた行ったのだけど、今度はコースのフェアウェイ上に大きな鳥が鎮座してた。かなり近づいても逃げもしない。むしろ体躯が大きくて、コチラの方が怖いのだ。羽を広げると1m近い体躯なのだ。
恐る恐るプレーを続けるとそばの松の木に飛び移った。その鳥がコレ↓
IMG_1377
きっとあの時カラスを襲った奴だろう。
キャディさんが、先月くらいからカラスの姿を見なくなったと言ってた。きっとコイツ、住みついたんだろうな。でも、カラス以外にこのコースで見かける動物といえばタヌキとキジバトとスズメくらいだ。いずれ獲物も減ってしまうから、あまり永くは住みつけないだろう。

猛禽類を調べてみたんだけど、どうやらトビみたい。トビって空中をピ~ヒョロロと旋回しながら飛んでる姿しか見たことないんだけど、地べたにいることもあるんだね。
IMG_1379



tateha2
たぶん、キベリタテハと思われます。立山の室堂を散策していたらアタシの腕に止まりました。腕を振って飛び立たせても、また舞い戻ってきて止まりました。で、なにやらチクチクするのでよく見れば、アタシの腕を触覚でツンツンしてるのです。たぶんアタシの汗を吸っているのかと。蝶も猛暑では水分&塩分が必要なのでしょうか?

昨夜と一昨夜、ともに過ごしやすかったので窓を開け放して寝ました。それでも目覚めればジットリと汗をかいている。なのでシャワーを浴びてからの朝食となるのですが、目覚めのコーヒー一杯程度ではどうも水分補給に足りないようです。ビールという水分は前夜にけっこう補給しているのですが、アルコールの分解に水分が必要なようで、お酒を飲むと普段以上に水分補給が必要になるようです。
なんにせよ、熱中症には注意ですね。

このページのトップヘ