タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

石垣島

5年振り

PB034200

オニイトマキエイ@石垣島・石崎七高の根

ログを遡ってみたら石垣島は5年振りでした。
そんなに間、あいたかなぁ? なんか頻繁に来ていたんでそんなに久しぶりの感、なかったです。でもしかし……。見覚えの無いお店がそこかしこに。川平の公園にも行ってみたけれど、かつて何度も利用していたお宿は無くなってるし……。
5年という歳月はそれなりに変化を与えてくれるんですね。5年振りに会ったショップのオーナーさんも「もう50歳ですよ」と。アタシはもっと爺さんになったってことですな。
しかしその歳月は新たな誕生も生んでくれているワケで。

PB034244
数年前までは何も無かったポイントだそうな。それが今では写真のごとく。海底がどこまでもピッキピキの珊瑚に覆われていました。
失われ去るものあれば、また生まれいづるものアリ。

残念な知らせ

昨日、ちょっと残念な葉書が届いた。私たちのお気に入りの宿が来年2月で閉じられるという案内だった。お気に入りのそのお宿の名はオーベルジュ川平。

oberju

石垣島の北部に位置する風光明媚な川平湾に面して建っている。上の建物がそれ。
一階は食堂で石垣島産の魚介類や野菜をメインに、創作料理を食べさせてくれる。夕食時は目の前の海辺にライトが当てられ、時には釣り人が光に寄ってきたイカを釣っている姿を眺めながら食事が出来る。二階から上が客室で、部屋は8室のみ。特別に素晴らしい調度品があるわけじゃないけど、とてもセンスが良く、室内や廊下には洗練された香の香りが漂う。
宿泊料金は周辺の宿と比較すれば少々お高いが、食事の内容、従業員のレベル、そしてなんといってもその立地条件は、その宿泊料金を遥かに上をいく。

だから私は少々値段は張ってもいつもこの宿を利用していた。朝目覚めたときにカーテンを開けた瞬間の景色を見れば、じゅうぶんお釣りを貰ったといえる。

kabira

ところがこの地が2007年に国立公園指定となった。それ以来かそれ以前からか行政から立ち退きを命じられていたらしい。建物の老朽化と共に、今回とうとう撤退を決めたようだ。

確かにどうしてこんなに素晴らしい立地条件の場所に、この宿だけが建っているか不思議ではある。きっと、条約が出来る前に建ててしまったのだろう。私が学生時代にここに来たときは、このオーベルジュ川平どころか、みやげ物屋も無かった。湾にもこんなにたくさんの船はなくて、ほんの数艘、ぽつねんと小さなサバニが係留されているだけだった。聞こえてくるのは騒音に近い音量のクマゼミの鳴き声だけ。周辺にあった建物といえばたった一軒の雑貨屋と数件の民家と郵便局、そして黒真珠の養殖場だけだった。
glassboat_Sだから、その頃の景色を知ってる私からすれば、このオーベルジュ川平の存在より、湾に浮かんでいる観光船の方がよっぽど景色を汚しているように感じる。

しかし、それは景色を眺める立ち位置の問題で、なんとも景色にそぐわない見事な色彩感覚で「青いさんご礁 熱帯魚さんご礁めぐり」とペイントされたグラスボートに乗って景色を眺める人にはオーベルジュ川平という建造物は邪魔者と映ってるに違いないと思う。乗船客には船のボディは見えないし。

一昨年行ったときには大きな観光バスで中国人が大挙して観光に来ていた。この地が観光客とダイバーで成り立っている以上、オーベルジュ川平の撤退は致し方ない事だろうと思う。

しかし、私にとってはこれほど残念なことはない。









ギャラリー
  • 萌え萌え~!
  • お洒落は足元から
  • ヤシャ
  • ヤシャ
  • 5年振り
  • 5年振り
  • 当たるも八卦
  • 当たるも八卦
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 海上要塞
  • 睨む
  • 傷跡
  • 視界
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 特権
  • 心は熱く頭はクールに
  • 慣れ
  • 遠のく芸術の秋
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • また台風
  • 邪魔者たち
  • 邪魔者たち
  • 天狗
  • オジサンとオバサン
  • 誰の真似?
  • アングル
  • 照れ屋さん
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ