タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

知床

ルール

IMG_2639

女満別空港から知床のウトロまではバスで3時間近く走ります。その途中、網走湖や釧網線のわきを走り抜けます。網走湖では凍った湖面にカラフルなテントがいくつも張られてました。穴釣りでもしていたのでしょうか? 網走川には白鳥の姿もありました。
上の写真はその釧網線を走る、これまたカラフルな3両編成の列車です。ちょうどバスと平行して走って行きました。

ウトロの海辺をしばらく歩いたのですが、建物も少ない海辺に自己主張してるような看板がありました。

IMG_2663
流氷に乗るな、と注意喚起しています。
IMG_2669
漁場ゆえの当たり前の注意喚起ですが、それでも潜らせてくれている事にちょっと嬉しくなりました。定置網もある漁場なら、ダイビング禁止!とされても不思議ないのですけどね。
まぁ厳寒の海を潜るのはアタシのようなナンチャッテダイバーとは違って、かなりのベテランダイバーでしょうからバカな行為をする輩は滅多にいないのでしょう。

わざわざ中国の国慶節期間を避けて行ったのですが、それでもアチラの方たち多かったです。
風呂場の湯船に桶を持ち込んでプールと間違えてるんじゃないかと思うほどバチャバチャと遊んでいる子供がいたので「ダメだろう!そんな事しちゃ!」と怒ったのですが無視されました。言葉が通じなったのです。その後、親が来たので英語で悪い行いであると言ったのですが、果たして通じたか否か……。
地元にとってはインバウンドは確かに嬉しいのだろうけれど、こういう目に余る行為に遭遇するたび、私は「もう2度と行かない」と思ってしまうのです。
bird

ハマナスは雪の下

IMG_6094

知床のウトロまで行ってきました。
4年ほど前に紋別まで流氷観に行ったんですが、あいにくの天候で滞在中に外を歩けたのはたったの1日。あとはブリザードのような天候でホテルに缶詰状態でした。
以来、一度はこの目で流氷を見てみたいと思い続け、やっとその機会が訪れたってわけです。

前回の紋別は風で流氷がみな沖合に流されてしまったので、風の影響を受けにくいという知床はウトロに行くことにしました。
知床と言えばヒグマやオオワシなどの動物たちの住み家でもあるので、運が良ければオオワシやオジロワシ、シマフクロウやオコジョに会えたらいいなぁ~なんて期待も込めて。

IMG_5757
羽を広げると2㍍を優に超すというオオワシは、残念ながらおチビさんにしか会えませんでした。
オオワシが獲った獲物おこぼれをもらおうとカラスが寄ってきます。

IMG_5864
が、オジロワシには何羽も会えました。これはまだ若いオジロワシ。

IMG_5904
成長するにつれ尾羽や肩が白くなっていきます。

IMG_5912
紋別に行ったときは流氷にも乗ってみたいと思っていたんだけど、今回はあまりの寒さにパス。万が一海に落っこちたときのためにドライスーツ着て行くのですが、それでも寒そうだし足元はツルッツルに滑るし、遠くから眺めるだけで満足です。
IMG_5923
ホテルの窓から港を見ていたら、なにやら一生懸命氷に穴を開けてる人がいました。穴釣りでもするのかな?と見ていたら、ダイビングをするための穴掘りだったようです。
IMG_6005
クリオネも水中で写真撮影出来たら面白いだろうなぁとは思いますが、寒いのはパス。だいたいからしてトイレをどうするか。ドライスーツの下にたくさん着込んで潜れば良いといわれますが、それでも冷えるだろうから間違いなくトイレは近くなる。紙オムツ履いて潜るって方法もアリなんだろうけど、まだそこまでする勇気がありません。
kurione


ギャラリー
  • 傷跡
  • 視界
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 特権
  • 心は熱く頭はクールに
  • 慣れ
  • 遠のく芸術の秋
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • また台風
  • 邪魔者たち
  • 邪魔者たち
  • 天狗
  • オジサンとオバサン
  • 誰の真似?
  • アングル
  • 照れ屋さん
  • ヤンキー
  • 見分ける
  • ヒトデヤドリエビ
  • 海潜って湯に浸かる
  • 要塞住み家
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 台風10号
  • ギャル曽根ではありません
  • チビちゃん
  • チビちゃん
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 鍵の出所
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ