タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

ミミックオクトパス

物まねタコ

hentai2
変態……、間違えた、変体タコ・ミミックオクトパスです@レンベ・アエルプラン。

ヒラメやウミヘビ、ミノカサゴなどに変身する、とっても器用なタコです。カメラのファインダー覗き込みながらジリジリと近寄っていったら、顔(頭?)もたげてこちらを睨み返してきました。
ちょっと脅かしてやったらゴジラにでも変身してくれるかと、手の平で「ワッ!」とやったら、こんなんのに姿を変えました。
hentai1

タコがタコの形真似てどうすんねん!



ところで……。
私の持論で「映像は活字を超えられない」ってのがあるんですが、先日たまたま、テレビで山田孝之主演の映画『手紙』を観ました。もう号泣です。
ズ~っと昔に東野圭吾の原作を読んでいたのですが、そんな泣くほどの作品だったかなぁ、と思い再読してみました。
エンディング、映画の勝ちだと思いました。

飛ぶ!

今朝、久しぶりに落っこちる夢を見た。
どのような状況でどこから落ちたのか覚えていないのだけど、落っこちた事だけは鮮明に覚えていて、目覚めたときはまだ心臓がドッキン、ドッキンしてた。
飛ぶ夢を見た人は何か目標を持ってる人で、そこに向かって努力してる、もしくはその目標に到達しつつある…なんて夢判断を読んだ記憶があるけど、落っこちる夢はどうなんだろう? まさか何か悪いことが起こる前兆ではあるまいな。

リロアンから戻り一所懸命写真の整理してるんんだけど、今回も1000カット以上も撮っちゃったものだから遅々として進まない。
画像の整理もままならぬというのに、今朝は使用中のレンタル・サーバ会社から「ディスク容量オーバー寸前です!」の警告メールが届いた。これからガッツリ写真アップしようって思ってるのにそりゃないなぁ。
ヒョッとして落っこちる夢はこれのことか?

mimick


ということでせめて飛ぶ写真を掲載しよう。リロアンのじゃないけど。(レンベです)
私にはよく区別が出来ないのだけど、ミミックオクトパスだと思う(もしかするとワンダーパス)。色んなものに化けるけど、仮に鳥に化けても飛ぶことは出来んでしょう。
では、彼がなんで海中を舞ってきたか? 

ガイドさんが海底から持ち上げただけです。

そんなミミックを見てこちらもジャ~ンプ!

joe

ジョーフィッシュ。

リロアン報告ページ、今週末には完成させたいと思っとります。
しばしお時間をば。m(_ _)m








タコ、蛸、たこ

タコです。蛸のお話しです。凧ではありません。

まずはこいつから。

tako2a

大きさは、いえ身長は15cmほどです。「なんだ、のっけから地味な奴だな」と言わんでください。
確かにこの写真を見る限りなんとも変わり映えのない、東京湾にもいるイイダコのような奴ですが、ちょっとちょっかい出して怒らせると豹変します。
こんな風になります。

tako2b

ブルーリングオクトパス(ヒョウモンダコ)といいます。
全身に青い紋を浮き上がらせて威嚇します。これが名前の由来ですね。ちっこいくせに猛毒もってるそうです。「キャー! きれい! かわいい~!」なんて言ってむやみに触らないようにしましょう。

お次はココナッツオクトパス(メジロダコ)。

tako1

この人は、アッ、ちっがった。このタコは貝殻で身を守ってますが、半分に割れたココナッツのカラの中に隠れていることが多いそうで、この名がついたようです。ココナッツを頭に載せてる姿、見たかったです。その姿、想像しただけで笑いがこみ上げてきます。手ぬぐい頭に巻いてても不思議ないようなタコです。

tako3

こいつはちょっと地味です。スナダコでしょうか? 特になんの芸もしてくれませんでした。私のそんな心を察知したのか、カメラ構えてたら私の方に向かってきましてね。足を広げると50cmほどの大きさでして、ちょっと怖くなって逃げちゃいました。ジッとしてたら巻き付いてきたかしら? 私に巻き付いたら何をしたでしょうかね?
実は昔、小さなタコが岩の穴の中に隠れてるのを見つけて指示棒でツンツンして遊んだんです。その時、突然そのタコが怒って足を1本指示棒に絡めて私を穴の中に引きずりこもうとしたんですね。水中ですからコチラは踏ん張る事が出来ません。アチラは何たって足が8本もありますから、1本を私に使っていても残り7本の足で踏ん張れるわけです。
勝負は見えてますね。運良くアチラが途中で止めてくれたから助かりましたが、とっても怖かったです。頭の大きさ3cmほどの子タコに殺されるところでした。…………余談でした…………。

タコの話し、続けます。

tako4

こちらのお方はワンダーパスといいます。色んな物に変身するので有名なミミックオクトパスの仲間だそうです。こちらのお方も変身するのか聞き忘れました(^^;) 身長は30cmほどでした。


で、本家本元の変身タコ、ミミックオクトパスがこちら(下)です。

tako5

残念なことに穴の中から出ていただけませんでした。
是非とも出てきてカレイやカニに変身するところ見せて戴きたかったのですが、この時、タマゴをお抱えになられていらっしゃいまして、「お前達のリクエストに応えてる暇なんかないのだ!」とのことでした。

こんな不思議なタコたちが、こんなところ(下)にいるんです。

nudi

港です。右端には民家も見えます。
生活排水がジョロジョロ流れてるような湾のなかでして、透明度も10mほどと決して良くはありません。
それでも、こんな不思議な連中に出会えるのがレンベの凄さです。今回リピートして、前回お会いできなかった連中に会うことが出来ましたが、まだまだ会ってみたい奴がいまして……。

次回はいつにしようかと画策してるタカラガイなのでした。








ギャラリー
  • 傷跡
  • 視界
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 特権
  • 心は熱く頭はクールに
  • 慣れ
  • 遠のく芸術の秋
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • また台風
  • 邪魔者たち
  • 邪魔者たち
  • 天狗
  • オジサンとオバサン
  • 誰の真似?
  • アングル
  • 照れ屋さん
  • ヤンキー
  • 見分ける
  • ヒトデヤドリエビ
  • 海潜って湯に浸かる
  • 要塞住み家
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 台風10号
  • ギャル曽根ではありません
  • チビちゃん
  • チビちゃん
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 鍵の出所
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ