タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

タグ:ヒレグロコショウダイ

hireguro

ヒレグロコショウダイyg@奄美大島・バベル

東急電鉄が流している車内マナー向上のためのテレビCMが物議を醸しているらしい。それは電車内で化粧する女性に対して「車内での化粧はみっともない」と啓発する内容だそうな。いやぁ、東急さん、良くやった!と言いたい。それにしても何でこんな当たり前の事で盛り上がるのかも解せない。

今の若い女性は衆人の前で化粧することが、なんで〝恥ずかしいこと〟なのか分からんのか、はたまた知ってはいるが他人だから、と平気なのか?
車中の眼前に居る人々が他人だから気にしないというなら、きっと車内でもよおしたら排便も出来るだろうし裸になっても平気なんだろう。なんで恥ずかしいことなのかが分からないとするなら、その娘を育てた母親も分からんのだろうから、その娘が車中で化粧し恥を晒すことはその母親の恥も晒していることになるのだが、その娘にとっても母親にとっても根本的に知らないことだからドーデモイイことなんだろうな。知ってて化粧できるのも恥と感じずに化粧できるのも、どちらにしても情けないオンナであることに間違いはない。

路上で平然と化粧を直すのは娼婦だ。役者には客の前で化粧や着替えをしないために楽屋がある。
車内で化粧が平気で出来る彼女らにとって、もしも晴れの舞台に立つチャンスが来ても、舞台の上で客を前にして着替えも化粧も出来るんだろうなぁ。

このヒレグロコショウダイも子供と親とではまるっきり姿・模様が異なる。変体するのはこっそりと静かに、いつの間にか大人になるのだ。サカナだから恥ずかしくてそうするワケではないんだけど。

昨年、仕事で韓国のユニット・KARAに会う機会があった。
「生KARAに会ってくるゾ!」と周囲の人々に自慢気に話しはしていたけれど、本音を言えば興味はあったけど期待にワクワクするような事ではなかった。
何度かテレビの画面で見てはいたけれど、「お尻フリフリが色っぽいナ」と感じた程度だったカラ

で、生KARA。確かに可愛いかった。肌も綺麗だったし。
しかし私はもっと可愛いのにいっぱい会った。その中の一人にご登場願おう。

hireguro_yg

ヤング・ヒレグロコショウダイ。
もうピッチピチの若さです! この娘のお尻フリフリはKARAより可愛い!(色気はないけど)




このページのトップヘ