タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

ハブ空港

羽田空港国際線

hanada1

今月から始業となった羽田空港の国際線出発ロビーです。まだ予定される便がすべて離発着してはいませんからロビーは閑散としてました。まぁ、時間が22時ってのもあるのでしょうが。
私はてっきり今まで羽田から韓国や中国へ飛んでいた国際線が拡張&改装されたのかと思ってましたが、今までのとは別に新設されていたんですね。知らんかった。飛行機から滑走路を見下ろしたら、今までの国内線滑走路に交差したように井げた状になってました。

シンガポール・チャンギ空港への出発が深夜の1時近くとあって、仕事終えてから荷造りしても間に合います。今回行ったインドネシアのレンベにも、今までの成田からでは1日がかりでしたがこのフライト・スケジュールだとその日の内に現地に到着できます。実際に到着したその日に潜ることが出来ました。

haneda2しかし、これでハブ化を目指すとはなかなか大胆です! 綺麗ではありますが、なんともショボい。出発便のほとんどが深夜発だってのに、24時間営業のレストラン1店舗を除いて、すべて10時でラストオーダーでした。なに考えてんだか……。
日本調の雰囲気は結構だけど、やってる内容はちっとも日本的ではないです。隣の国だってこんなバカな経営してないと思うのですが。開港間もないってことでカウンターも何もかも手続きの手際の悪さは許すとしても、営業に対する発想が根本的に間違ってます。

レンベへはシンガポール・チャンギとかインドネシアのジャカルタあたりから経由して、マナドという空港に行くのですが、先んじてハブ空港を目指したチャンギと比べると情けなくなるほど羽田はショボいです。
新しく出来たチャンギの第3ターミナル(T3)よりもショボいです。

changi

上の写真がチャンギ国際空港のT3です。まだ工事してるところもありましたが、それでもこれだけのスケールです。これと同等それ以上のT1、T2へも無人モノレールで直ぐにアクセスできます。規模が桁違いですね。シンガポールの国は沖縄よりも小さいのに、こと空港のスケールは凄まじくデカイです!

まぁ、今さらそんなこと言っても仕方ないですが……。便利になってくれて私は助かってますから……。

renbe1

便利になってくれたおかげで今回は、なんと15本も潜ることが出来ました。おかげさまでたっぷり窒素吸えました。ゲ~ップ! (失礼)

レンベではカサワリ・リゾートに滞在しました。ダイビングのためのような宿泊施設で、いわゆる“リゾート”と思って行くとズッコケます(笑)。ダイバーには間違いなくリゾートなんですけどね。
スウェラシ島の北部にあります。山の中の完全に孤立したような、村の外れにあります。毎朝ニワトリの雄叫びで目が覚めます。そうそう! そのニワトリの中に1羽だけ声色の異なる奴がいましてね。
ギョゲゴッゴォ~!  となんとも悲壮感あふれる雄叫びなのです。
そいつの存在に気付いた翌日、何故かその悲壮感あふれるギョゲゴッゴォ~! が聞こえません。
ハタと気付きました。
その前夜、私はチキン・ブレスト・グリル(鶏の胸肉のグリル)を注文したのでした。「日本の鶏と違って身がしまってて美味しいね」なんて言いながらワインと共に胃袋に収まったのでした。

彼だったようです。

まさにドナドナです


menadoアリャりゃ。また脱線してしまった。
空港の話しを書いてたのでした。レンベの話しはおいおい書いていきますが、ちゃんと空港の話しでまとめなくては。
マナド空港の写真も載せときます。インドネシア・スウェラシ島の玄関口ですから、それなりに綺麗です(左写真)。


トイレもとっても綺麗です。チップを要求されますけど(笑)。


【2011・2月1日追記】

2009年12月のレンベ訪問記
2010年11月のレンベ写真集ログ   
          レンベのその他のブログ1
          レンベのその他のブログ2
          レンベのその他のブログ3
          レンベのその他のブログ4
          レンベのその他のブログ5





リピーター

根が欲張りなので、もっと美しい景色に会えるのではないか、もっと楽しいところがあるんじゃないか、と私は一度訪れたところは再訪しない。毎年行けるならきっと行くだろうけど、また行きたいと思うようなところは遠くて、そうそう簡単に行けるような場所ではないのだ。

とは言っても、仕事を持つ身で休める日数は限られているから、行ける回数と範囲は限られてしまう。
そんなわけで昨年は27年振りという歳月を隔ててペリリュー島に渡った。
海の中はやっぱり凄かったけれど、27年の歳月は別の島に来ちゃったんじゃないかと思わせるほど、島の様相を変えていた。
それは当たり前のことだと頭じゃ理解してるけど、27年ぶりに逢った初恋の人が凄まじくお婆ちゃんになっていて「昔の面影はどこに行ってしまったのだぁ~!」というような気分なのだった。
それもあって私は、美しかったところには極力行かないようにしている。

kuala_lumpurところが来週とうとう、1年も空けずにリピーター訪問することになった。行き先はレンベだ。その理由は11月1日より羽田からシンガポールへ、すこぶる利便なフライトが就航するからだ。
羽田空港自体に地の利がある上に出発は深夜の1時近く。つまり空港に行くのも楽で就寝時間中に飛行機が目的地まで運んでくれるのだ。体力的にはきついけど、その日の内に現地に到着し、その日に潜れるってのは嬉しい限りだ。

だから私は羽田空港を東アジアのハブ空港にするってのには賛成だけど、残念ながら5年ほど遅かったね。
韓国のインチョン空港には行ったことないけど、シンガポールのチャンギ空港もマレーシアのクアラルンプール空港も、それはそれは立派だった。だいたいハブ空港を意識して建造されてるから建物それ自体が大きい。羽田がこれから同様の規模にしようとするなら、増・改築するより新たに造ってしまった方が早いし安上がりのような気がする。
羽田が国際空港化するからって慌てて成田も追随するみたいだけど、いままで何やってたんだか……。
成田空港関係者は日本から一度も海外に行ったこと、なかったんだろうか? よその国の空港見て何も感じなかったんだろうか? 今まで何考えてたんだか、実に不思議だ。きっと何も考えてなかったんだろう。ゲームでもして遊んでたに違いない。changi
ある人も言ってたけど、成田なんか今さら人を相手のハブ化を目指すんじゃなくて、アジア方面の物流専門ハブ空港でございます!なんてやったら面白いと思うんだが……。
まぁ、どっちでもあたしゃ良いのだ。時間的余裕を少しでも与えてくれるフライトが多くなってくれれば。

しかし………。
出発日当日は早朝から仕事の予定が入っていて、超ハード・スケジュール(休み貰うんだから文句言っては罰が当たるが…)。仕事して自宅に戻り、急いで羽田空港に向かってインドネシアまで飛び、その日のトワイライト・ダイブに間に合っても果たして潜れるんだろうか。
寝不足で到着するなりグーグー寝てしまうか、仮に潜れても足がつっちゃって泣きを見るような予感が……。しかも帰国も羽田早朝着なんでそのまま会社に直行……。仕事になるんだろうか……。なんかとっても心配……。

企業戦士バリバリ・サラリーマンや商社マンには羽田空港の国際化は間違いなく吉報だろうけど、ロートル・ヨレヨレおじさんにはなんか結局、成田発のデイタイム・フライトの方が良かった……なんてなりそうな予感もしてるのだった。









ギャラリー
  • 傷跡
  • 視界
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 特権
  • 心は熱く頭はクールに
  • 慣れ
  • 遠のく芸術の秋
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • また台風
  • 邪魔者たち
  • 邪魔者たち
  • 天狗
  • オジサンとオバサン
  • 誰の真似?
  • アングル
  • 照れ屋さん
  • ヤンキー
  • 見分ける
  • ヒトデヤドリエビ
  • 海潜って湯に浸かる
  • 要塞住み家
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 台風10号
  • ギャル曽根ではありません
  • チビちゃん
  • チビちゃん
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 鍵の出所
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ