タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

ハッチアウト

旅立ちの時

kouika1

コウイカ(たぶん)のタマゴ@レンベ・ゴビーAクラブ。

我が愚息がこの世に出てきてまだ数ヶ月のころ、ガーゼに身体を包んで一緒に入浴してたら、ピューっとクジラの潮吹きのようにオシッコされたことがありました。
ちなみにこのワタシ、今は無き祖父に入浴させてもらった時は、大きい方をいたしそうな。まだお乳しか口にしていない赤ん坊のウ○コは軽く、湯船にプカプカと浮いたそうです。視力が悪かった祖父は、照明が暗かったこともあったようですが、ワタシのウ○コの存在に気付かずに湯をすくい、それで顔を洗ってしまったそうです

コウイカ(たぶん)の話しに戻ります。
なんでオシッコやウ○コの話しをしたかというと、この後にコウイカがハッチアウトしたんですね。そのシーンを撮れなかったことがつくづく悔しいのですが、体長5㎜ほどの赤ちゃんコウイカが、タマゴを飛び出したその瞬間に墨を吐いたのです! 
kouika2

ペッ!とひと吐き、その墨の量は可愛いもんでしたが、こんなちっちゃな5㎜にも満たないようなイカが、自分の身を守るために墨を吐いたことに驚きました。

お風呂にてオシ○コやウ○コを出すという行為は、決して防御反応ではありません。きっとただ単に、気持ちよかっただけでしょう。しかし! 子供たちはそのような体験を通して、このコウイカの赤ちゃん同様に社会へと旅立ったワケです。(ンなこと無いか)。

イカの赤ちゃん、頑張って生き延びろ~!

ハッチアウト

huchout

穏やかな海中で、よくイカやウミウシ、クマノミなどの卵を見つけます。で、しばらく凝視してると目玉がキョロキョロ動いたりするので、もうちょっとしたら生まれてくるんじゃないかと待つのですが、誕生の瞬間に遭遇したことはありませんでした。
ところが今回、レンベの海で初めてイカの誕生(ハッチアウト)の瞬間に遭遇しました。
上の写真、イカ赤ちゃんの頭が卵から出ているのが判りますでしょうか? 今回もまた下手くそな写真でピントが手前になってしまってますが、何とかお判りいただけるのではないかと……。(^^;)

待望の瞬間に遭遇できて、ホントだったら喜び歓喜し海中で踊りだしていたところなのですが、この時のガイドさん、このシーンを見せたくてサンゴの中に産み付けられた卵を無理矢理引っ張り出していたのです。
サンゴを指示棒でバキバキ折って、奥に産み付けられた卵を引っ張り出すのです。正直、嬉しさなんて吹っ飛んじゃいました。
そこまでして見たくはないのですよ、ガイドさん。「見せてあげたい」ってお気持ちはわかるけど、それをやっちゃあいけません。見せられた方はちっとも嬉しくないのですよ。

huchout2
せめて生まれ出たこのイカの赤ちゃんが無事に大きくなれることを祈りましょう。




ギャラリー
  • 傷跡
  • 視界
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 目が回る
  • 特権
  • 心は熱く頭はクールに
  • 慣れ
  • 遠のく芸術の秋
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • ヒョッコリ
  • また台風
  • 邪魔者たち
  • 邪魔者たち
  • 天狗
  • オジサンとオバサン
  • 誰の真似?
  • アングル
  • 照れ屋さん
  • ヤンキー
  • 見分ける
  • ヒトデヤドリエビ
  • 海潜って湯に浸かる
  • 要塞住み家
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 箱根
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 山吹色は幸せ色か?
  • 台風10号
  • ギャル曽根ではありません
  • チビちゃん
  • チビちゃん
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 子ども同士
  • 鍵の出所
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ