タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

タグ:サイケデリックフロッグフィッシュ

rinosityP5031533

ちょっと珍しい黄色いハナヒゲウツボ@アンボン・リノシティ

黄色いウツボに会えると幸せになる…って聞いたけど、ハナヒゲウツボだって立派なウツボなんだから幸せになれるんだろうね。
まぁ自分は嫌なことも多々あるけれど、美味しい物食べられているし、好きなお酒も毎晩飲めるし、行きたいところにもほぼ行けているしシアワセ者であることは間違いないと感謝してます。
それもこれも、この黄色いハナヒゲウツボのおかげかしら? いやその前から幸せだからコッチのウツボに会えた時の効果がまだ続いているのかも。

さて今夜からアンボン再訪します。今回のお目当ては抱卵中のサイケデリックフロッグフィッシュ。前回行ったときに「3月だったら見られるかなぁ~?」なんて言葉をスタッフから聞いたので。しかしまぁ、そもそもサイケデリックフロッグフィッシュに会えることすら運次第なんだから、抱卵中の姿をそんな簡単に見られるとは思っていないんだけどね。

5月1日と2日に休みをもらって9レンキュ~! 人呼ぶところの、しっかりゴールデンな休日をいただいちゃいました。で、向かった先はインドネシアのアンボンという島。ここでしか発見されていないというサイケデリックフロッグフィッシュに逢いに行ったのでした。

しかし、しか~し。
アッチのパーティーで「2匹いたよ。しかも色違い」だの、コッチのパーティーで「昨日会ったよ」だのという言葉が聞かれるなか、私は4日たっても逢えず。だんだん敗戦濃厚と思われた最終日前日にやっと逢えたのでした!

ジャ~ン!


IMG_8085

カエルアンコウの仲間ではありますが、なんともけったいなお姿です。こんな模様の奴が赤、青、黄色といるってんだから、これまた奇々怪々なサカナです。しかも卵を胸びれの後ろに抱えて抱卵するってんだから、ますますもって奇っ怪。奇っ怪ついでに正面顔もお見せいたしませう。

IMG_8070

今度は抱卵中のお姿やベイビーにも逢いたいなぁ、と強く思ったタカラガイなのでした。
しかし、こんなけったいなサカナがいるダイビングポイントはというと…………。

P5011244

ゴミがたくさん浮かび油膜が広がり、そして工事による泥が舞い込むニゴニゴの、岸からわずか5㍍ほどしか離れていない水深2㍍の海中なのです。なんでよりによってこんなバッチイ海中にいらっしゃるのか? これまた不思議な奴でした。

ちなみに現地のガイドさんたちは、この地でしか見られたことが無いということでサイケデリックフロッグフィッシュとは呼ばずにアンボンフロッグフィッシュと呼んでいました。


このページのトップヘ