タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

ウンバチイソギンチャク

モフモフに気をつけなはれやッ!

セブ島で潜ってきました。およそ1年半ぶりのセブ島でしたが、マクタン空港とっても綺麗になってました。道路にも何カ所か信号機なんかも増えていて。
それでも一歩、空港を出るといつもの渋滞はそのまま、いや以前より酷くなってるような気がしました。

nadesiko
ナデシコカクレエビ@タリマ

赤いムートンみたいなモフモフの中でマッタリしてるナデシコカクレエビ。アタシもあんなモフモフの中で寝てみたい……、なんて真似してはいけません。このモフモフ、猛毒のウンバチイソギンチャクです。ちょっと触れただけで猛烈な痛みが襲ってきます。その後は発熱したり、最悪の場合は肝臓障害まで引き起こすとても怖いイソギンチャクです。
みながこんな赤い色してくれていれば判別もしやすいのですが、困ったことに色はマチマチ。中には岩礁と同じような色してるのもあって。
海の中のモノには基本触らないことが鉄則ですな。

【おまけ】
セブ島では、White Sands Resort and Spa というホテル利用したんですが、食事があまり美味しくないので外で食べてました。で、夕食後戻って来てちょっと飲み足りないなぁ、と思ったのでモヒート作ってもらいました。
それがコレ↓
IMG_2107
モヒートってもう少し大きなグラスに入れないか? と思いつつ舐めたら猛烈に濃い! しかもミントの香りもせずやたら苦い! コレ、なんなん?

猛毒住居

unbachi

いまひとつピンが甘いですがニセアカホシカクレエビです。
なかなかスケルトンなお身体が色っぽい、私の好きなエビの一人でもあります。で、本日お見せしたかったのはこのエビではなくて、彼女の住み家の方です。
彼女が乗っかってるこの物体、ウンバチイソギンチャクという毒性海洋生物であります。私もかつて、撮影に夢中になるあまりコヤツの存在に気付いていながらチロッと指の付け根を触れさせてしまい、エライ目に遭ったことがあります。アレヨアレヨと腫れてきたかと思うと、今度は寒気がし、イクジット数時間後には発熱してました。
ほんのちょっと触っただけで……ですよ!
ちなみにこのウンバチイソギンチャク、この写真のような色彩ばかりではなく、灰褐色だったり黒っぽかったりするものなど様々なので、ご注意のほど。

この前行ったリロアンで聞いた話です。
スプリング(半袖・半パンのダイビングスーツ)で潜っていたベテランダイバーが、たまたま膝がコイツにぶつかってしまったそうです。ダイビング終了後、高熱と共に痙攣も出始め、救急搬送(確かへりを使ったとか)。
その後、自国の救急病院に入院したけど腎臓に毒素が廻ってしまって生死を彷徨ったそうです。オ~、コワ。

海の中にはこんなおっかない奴がいっぱいいます。ただ陸上と違って、襲ってくる奴は滅多にいません。

このウンバチイソギンチャク、魚にも猛威を振るってるのでしょうか? でなければ、か弱いエビさんがこんなおっかない奴を住みかにしてる理由がよ~ワカランですから。
ギャラリー
  • サーキュレーターと扇風機
  • 風が吹いたら
  • Invitation
  • ヒグラシ
  • ハッキング?
  • 呼吸を止めて
  • スプレッターツアー開催か?
  • 要らぬおせっかい
  • 巨匠、逝く
  • ジッとして
  • はや半年
  • アラートが灯った日
  • 首を長くして
  • 大人になると
  • 大人になると
  • 差別と区別
  • ホウセキカサゴ
  • スタンス
  • ジャングルブックとストロベリー
  • ジャングルブックとストロベリー
  • よそ見運転はいけません
  • ロボット犬とロボットダンス
  • ロボット犬とロボットダンス
  • ネタ探し
  • 民意のちから
  • 報道のありかた
  • 悲しいこと
  • ガマンウィーク
  • ストレス
  • 不要不急・その2
  • 強権と謙虚さの欠如と
  • 不要不急
  • ストレス
  • 18禁エリア
  • 滅入るなぁ
  • タナボタ優勝
  • 気配りのない店
  • 買占めのワケ
  • テンション上がらず
  • 39年ぶり
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ