タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

カテゴリ: コンサート

IMG_5855b
先週末の土曜日。リモートライブを鑑賞した。福島県の酒造会社を支援するライブだったのだが、嬉しかったのがライブ開催前に福島のお酒が送られてきたこと。前の日から冷やしておいてライブ観ながら頂いた。
IMG_5855a右のお酒が送られてきたもの。チケット購入(3000円+消費税)した人全員に送られるのだが、どのお酒が届くかは分からない。福島といえば酒蔵は多いから、送られた種類もいっぱいあったんだと思う。TBSテレビの日曜日、『サンデーモーニング』の〝喝!〟でおなじみスポーツコーナーのアナウンサー・唐橋ユミの実家も確か酒蔵で、その妹だったかお姉さんもライブに登場し歌を披露してくれた。
しかしやはりコンサートなどはオンラインより生の方が良いなぁ。演奏する方もきっとそうだと思う。ステージと観客が繋がることで臨場感は倍増する。演奏者は(役者も)ステージから客の反応を見ることで熱も籠ろうし、反応次第でアドリブも入れられる。
オンラインではそれが伝わらないし分からない。見る方も演(や)る方も、テンションが互いに一方通行だ。
そういやぁ昨日から大相撲も始まったけど、お相撲さんだってプロ野球選手だってサッカー選手だって、会場からの応援が直接届くことで気合も入るってもんだろう。
しかし相撲に関していえば、開幕前から横綱が二人とも休場ってことで、すでにシラケてはいるんだが。

昨夜は知人に誘われてピアノのソロ・コンサートに行ってきました。

自宅の自室で何か作業(ウェッブ制作とか工作など)してる時は、ほとんどCD聴きながらやってます。聴くのはほぼジャズかクラシック。ときどきビートルズやスティービー・ワンダー、ボサノバなんかもかけたりしてます。そんなもんでクラシック・コンサートに抵抗はまったくないのですが、ソロ・コンサートを聴くのは初めてで、自宅のCDラックにはジャズのピアノソロは何枚かあるけどクラシックのそれは皆無。それ故にちょっと戸惑いました。
totaniseikoまず一番驚いたのは、奏者が開始からアンコール曲を終えても、ひと言も喋らなかった事です。ソロ・コンサートってそういうもんなんですか? それとも戸谷誠子さん独自のスタイル?
それともうひとつ「へぇ~」っと思ったのが、一曲終えるごとにいったん袖に戻ることです。3曲演奏が終わった段階で休憩時間があったのですが、それだったら3曲連続して演奏しても良いような気もするのですが、かなりハードな演奏だったからそれも体力的に無理なのかも。

さて、今回のソロ・コンサート。何か感動とか得るものあったかというと、ありました! ヒナステラという作曲家の存在を知ったことです。ヒナステラの『ピアノソナタ第1番 作品22』という曲を演奏してくれたのですが、迫力!&感動! ダラー・ブランドのアフリカン・ミュージックを彷彿とさせるリズムで、いたく気に入りました。しかも戴いたパンフレットの解説によれば、ヒナステラは私の好きなピアソラの師であるとか。
CD、購入しようと思っとります。


このページのトップヘ