タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

舞台

タンホイザー

IMG_0498

もうかなり前の事になっちゃったんですが、NHKホールで行われたバイエルン国立歌劇場の「タンホイザー」行ってきました。
歌劇というものを一度も観たことがなかったので、いつかチャンスがあったら観たいなぁ~と思っていたのですが、あると知ってすぐさまチケット購入しようと思ったんですね。でも、その値段見てビックら仰天! せっかくだから一番良い席で……、とそれを見るとナント!65,000円!!! 一番安い席でも17,000円です。

はてさてどうしたものか、としばらく思案すること数日。すると某協会から特別チケット販売のお知らせが! それでも2万円以上しましたが、2階席の最前列だったので購入しました。

いやはやもの凄い迫力でした。マイクを通さずにホール全体に響き渡る歌声の、その声量に一番驚いたけど、物語の演出が凝っていて、それもビックリ。言葉がさっぱり分からないのですが、舞台の袖に和訳が流れるので意味は分かりました。
そして値段が高いのにも納得。あれだけの楽隊から演者までスタッフ総勢何人になるのか分からないけど(きっと100人は優に超えてる)、それだけの人員をドイツから来てもらうだけでも旅費は相当なもんでしょう。
次回チャンスがあったら、特別チケットが手に入るようだったら、もう一回観に行っても良いかな。

当たり前だけどステージは撮影禁止なので、写真は先月行った青森から鶴の舞橋が架かる廻堰大溜池の夕景。

継続

昨夜は久しぶりにライブ鑑賞。それもダンス。正直言ってダンスに特に興味は無いのだけれど、私の古くからの友人が出演するとあっては観に行かねばならぬ。
ダンスに興味は無いとは書いたけど、あの自分の身体だけを使って行う極限の肉体表現は、やはり見ていて圧倒される。重力や関節が無いのではないかと思われるような肉体表現は、自分には「到底ムリ!」なだけに凄いなぁ、といつも感じる。

さて、その友人。もうすぐ還暦を迎える。さすがに60になる年齢で見せられるもの(技)は、限られてきた感が否めないけど、それでも凄かった。

dance
衰えていく肉体を鍛え、その中で出来る限りの表現をする。それで良いのだと思う。要は何を表現するか、なのだから。
しかし正直言って今回のこの8組が演じたダンスフェスティバル、踊り自体は素晴らしかったけど何を表現したいのか理解できない作品の方が多かった。そうなってしまっては、詰まるところダンサーの自己満足でしかない。「眠くて困っちゃった」ととなりに座ったおばあさんがポツリ。きっとお孫さんでも出演しているのだろう。そうであれば他の出演者の自己満足な作品などは何が何だかサッパリ分からんだろうと思う。

今回、私の友人とは別の作品で彼の息子も出ていた。親子でこのような世界を共有出来るって、そうそう無いだろうと思う。羨ましいことだ。
舞台が終わってエントランスで彼が出てくるのを待った。
「これからも無理しないで続けていこうと思ってる」と彼。
そうさ、継続こそ力なり。

さて私の力は何だ? このブログか? それはちょっと嫌だ。

誓い・奇跡のシンガー

singer前職時代、上司から「全ての文章は3行にまとめられる」と叩き込まれた。200文字×3行ではない。15文字×3行だ。どんなに長い文章も45文字あればじゅうぶん要約出来るのだと。その上司の下で一年間、写真キャプション書きをびっちりやらされた。

昨夜観た舞台『奇跡のシンガー』は、途中休憩を含む2時間半の舞台だったけど、1時間ちょっとで十分な内容だった。
唐突に出てきた演者は、きっと伏線となって最後には「なるほど〜!」となるかと期待していたが、結局何もなかった。意味のない無駄な場面作り。
主人公である薄幸の歌手・優子を好きになる音楽プロデューサーに施設介護士の由美が横恋慕するのだが、そこにいたる演出は無くあまりに唐突で、意味不明。
無駄な場面があるかと思えば、大事な演出は欠落してるという、なんともトホホな脚本&演出だった。

無駄が多い文章を駄文という(このブログもだけど)。まさに駄演な脚本・演出だった。その脚本・演出、そして音楽をやったのは甲斐智陽。昨年、土屋アンナと問題になった人なのでご存じの方もいるだろう(知らない人はググッてね)。どっちが悪いの良いのなどは書く気はないし興味も無いけど、原作者が脚本を認めなかったようなことも聞き及んだ。今回上演した内容はその原作とは別個のものなんだろうな、きっと。

それにしてもこの脚本&演出では演者が可哀想だ。役者は脚本に忠実に演じるしかないのだ。その上で演技が上手いか下手かと評価される。この脚本ではどんなに名演しても報われない。
公演はこの秋にもあるらしい。それまでに少しでも良くなることを期待して、辛辣批評書かせてもらう。

母帰る

hahakaeru昨夜、そぼ降る雨の中を観劇に出向いた。発電ジョカの『母帰る』だ。
発電ジョカのメンバーの一人と知り合ったのは、もうかれこれ20年近く昔のこと。単に酒飲み友だちのような存在であったのだけど、ある日「実は舞台やってまして…」ということを知り、「じゃぁ観に行ってあげる」と初めて彼女たちの舞台を観たのが15年ほどまえだったか…。

それまでにも舞台は何度か観に行ったことはあったけれど、特に舞台が好きな訳ではなく、単に知人から「観に来てネ~!(^_-)-☆」と言われ、その女性のウィンクに惑わされて行ったようなものだった。

ところが初めてこの発電ジョカの舞台を観た時、たいへん面白くて「次も必ず行くから連絡ちょうだいね!」と言ったのを覚えている。hahakaeru1

あの頃(15年ほど昔)の発電ジョカは、ある意味共演者の力に負っていた部分が大きかったように思う。私にとっては共演者のパフォーマンスが驚きだった。
しかし数年前から作品の傾向に色が付いてきたようだ。ある意味いい意味で発電ジョカカラーが明確になってきたように感じる。作品的には「小津の踊り子」あたりからだろうか。

個人的には「はてしのない物語」や「消えたヒト」などの作品が好きだが、「小津…」から続く「はりきりマンボ」、「理想の女」シリーズ、「オトギナ食堂」などなど、今回の「母帰る」含めていかにも「発電ジョカでござい!」な作品は安心して笑って観ていられた。

毎回、舞台小物は自らの手作りと聞いてるけど、その後はどうしてるんだろう? 残しておいて次回の再演の際に利用できれば最高だろうけど、そうそう管理するのも大変だろうしなぁ。
ヤフオクにでも出品してるんだろうか?




hahakaeru2

ノスタルジー

久々に舞台を観に行った。観劇なんて何年ぶりだろう。
愚息の友人に役者志望がいて、たまたま数ヶ月前にバッタリ会った際、「タカラガイコーチ、今度また舞台やります。よかったら観に来てください」と言われたのだった。
だがそれ以来何の連絡も無い。10nenkibo先日、そのことをフト思い出し、「いつやるのかな?」とネットで調べたら、ナント昨日からだったのだ。手帳を覗くと空いている日は昨日のみ。仕事をLINEのコニーばりにこなして劇場に出向いた。

大学を卒業した仲良しグループが同窓会を開く。楽しいひとときを共にして、毎年続けようと約束する。10年の歳月が流れる内には色んな事があり、仲間がひとり、また一人と集まらなくなっていく…というストーリー。

ストーリー的にはよくある話しで目新しさは無いのだけれど、どうやらこれが4回目の再演らしい。それだけ再演されるって事は、それなりに良い作品なんだって事なんだろうけど、アタシ的には………。
舞台で演じられてたのと似たような経験を、とっくの昔に経験しちゃってる年齢の私には、ストーリーとしての感動はまったくない。お話しには感動しなかったけれど、役者さんの力量で救われてた。いやホントに上手かった。知人が出てるって事でヨイショしてるわけじゃないよ。
公演初日だったからか、舞台始まって最初のころは互いのセリフの間も、動きもぎこちなくて、「アリャリャ、こんな調子で進んじゃうの?」と心配もしたけど、途中から呼吸も合ってきたようで小気味よい台詞回しが観られた。

この作品は役者の技量が試される作品なんだろうな。だから4回も再演されてるんだろう。
希望を述べれば演出的にラストの場面、もうちょっと他の演(み)せ方にしてくれた方が泣けたかも。しかし、若かりしあの頃、を思い出させてくれました。ありがとう!

ひめゆり

nichirinまさにこの作品が後の『シェエラザード』に続いたんだろうと思われるような浅田二郎の『日輪の遺産』を、先月読んで大いに震えた。

このテの作品を書かせると、この人の筆力は本当に恐ろしい。
この作品も映画化されたようで、しかもかなりの興業収益をあげた…と何かの記事で読んだ記憶が残る。
確かにこれだけのストーリーを書き上げられたら、よほどの演出下手くそがメガホン取らない限り、よほどのダイコンが演じない限り、見応えのある映画が出来るだろうと思う。(映画の評判が良かったのは、原作の良さに加えて監督や役者さんが素晴らしかったからで、決してヘボ監督&ダイコンの映画とは思っていません)

昨夜、ちょっと知った方が出演してるので、ミュージカル『ひめゆり』を観に行ってきた。あの沖縄戦で320人中224人が悲惨な死を遂げたというひめゆり学徒隊の話しだ。
ミュージカルの方は歌を多用しすぎていて、もう少し台詞を入れればもっともっと感動的な作品になったと思う。でもこの作品、これまでに何度か行われていたらしいから、もともとが極端に台詞の少ないミュージカルなのかもしれない。

さて。
舞台上で少女役を演じる彼女たちの姿を観ていたら、私は再び『日輪の遺産』を思い出していた。
あの作品を読んだのは先月も月初の頃で、あの時の鳥肌が立つような感動の余韻もすっかり消えて無くなっていたのだけれど、戦時下の、しかも共に女学生が主人公ということもあって、脳裏をオーバーラップしてきたのだった。

himeyuriもうすぐ8月6日がやってくる。今年もまた、8月9日がやってくる。
毎年この日が来るたびに、戦争とはまるで縁もなく平和にそして豊かに生きてこられた私にも、重苦しい暑い夏の日となるのだ。
私が生まれるちょっと前に、こんな悲惨な時代があったことを、そしてその激動の時代を父母が生き延びて来れた幸運を、忘れては行けないと思うのだ。いつまでも。



ohineri2

カラミティ・ジェーン

Calamity1お世話になってる方のお嬢さんが出演されているので、『カラミティ・ジェーン』観てきました。

私は友人にダンサーや役者がいるので、年に数回は舞台に接する機会があります。時には舞台終了後に、その役者たちと酒席を囲むこともあります。そんな役者たちは一様に、「観客の反応が良いと自分たちの演技もグッと良くなる」と言います。役者たちは客の反応見ながら演技し、時にはアドリブも交えるそうです。舞台はまさに演者と客とのコラボなのでしょう。

さてカラミティ・ジェーンに戻ります。
このミュージカルは2部構成になっているのですが、第1部を見終わった時点では、ちょっとガッカリでした。なんか、ピリッとこないのです。演出が悪いのかな?と思ってました。
しかし、第2部に入ってガラリと変わりました。なんか別の舞台を観ているような……。
それはパパイヤ鈴木の力だと感じました。彼は第2部からの登場なのですが、彼が登場した途端、舞台と客席の距離が一気に縮まったのです。
ポスターでは湖月わたる、金児憲史、パパイヤ鈴木の3人がメインのように扱われていますが、登場時間で言えばパパイヤ鈴木はほんの少ししか出演していません。そのほんの少しの時間で彼は見事に観客を舞台の上に引きずり上げました。
湖月わたる、金児憲史の二人にはその力がなかったのですね。こんなこと書くと、二人のファンに怒られそうですが。

パパイヤ鈴木が登場してからの第2部は、その湖月わたるの演技も、他の出演者の演技もガラッと良くなったように感じました。観客が彼らに近寄ったからだと思います。
どんな客が来たかによって、舞台の質は変わるのでしょう。舞台はその演者と客とのバトルなのだと思います。だからこそ舞台、ライブは面白いのだと思うのです。

本日は、ちょっと堅いお話しでご容赦。m(_ _)m  たまにはこんな事も書かないとね。

Calamity2






ギャラリー
  • タンホイザー
  • お口でね
  • 歩きスマホ
  • 訳あり
  • 訳あり
  • ブナ樹林
  • 窒素切れ
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 酒池無し肉林
  • 飛ぶか泳ぐか、それとも這うか
  • ホストが主役か?
  • 籠もる
  • 約束の海
  • 受動喫煙、児童喫煙
  • 粋な演出
  • プヨンプヨン
  • 冷静に見つめて
  • ジャンケンポン!
  • 命名
  • 台風一過
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 判別できず
  • 煙は何処へ
  • ヤドカリ
  • 護る者、守られる者
  • 護る者、守られる者
  • ブツブツブツ
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ