タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

戯れ言&独白

大きくなったら何になる?

hosizorawaraebi

ホシゾラワラエビ@屋久島・観音崎

ホームページのログのページには「ムギワラエビの仲間」と記しちゃったけど、どうもホシゾラワラエビだねコレは。
エビというくらいだから足は10本あるはずなんだけど、コイツはどう数えても8本。だったらヤドカリの仲間やんけと思うけど、しかしエビでも足が退化して8本のもいるらしいし、カニと呼ばれてもタラバガニの足は8本(タラバガニは分類上ではヤドカリの仲間)だし。
コイツ、これで大きくなったらタカアシガニだなぁ。

今年はまだ山らしい山に行ってないので、今週末に南アルプス方面にでも行ってみようかと計画。台風19号はそれまでに抜けてしまうようだからと先週、ベースになるお宿を予約したのだけれど、ナント!今週末に台風20号がドンピシャで接近するらしい。
予約、キャンセルかなぁ(泣)。

おチビ

irokaeru

イロカエルアンコウyg@宮古島・砂丘伝説

大きさ1㎝ほどでしょうか。可愛いイロカエルアンコウの赤ちゃんです。真っ白な砂地のこれまた白系の海藻にしがみついてましたが、その赤色じゃぁ目立ちます。大丈夫なのかしら?

宮古島の後半戦は高野漁港から船を出していただいて、宮古島の北部を潜りました。
宮古島といえば地形ポイントが有名で、そのどれもが魅力&迫力のあるワイド向きポイントが多いですが、北側のポイントはどちらかといえば海底を這いずり回って小物を探すマクロダイブ。
こんなちっこい可愛い子にたくさん会えます。

夏場は南風が吹くことが多いので、島の北側に位置するポイントは穏やかです。そんな海域で船を係留し水面休息取っていたら鳥山が。カツオに追われていたのか、アジのような小魚がたくさん跳ねてました。その飛び跳ねる小魚を狙って鳥たちが群れて襲います。その狂乱の宴が終わると、群れの中の一羽が私たちの船のそばの係留浮きまで飛んできて休息。
アジサシかしら?

ajisasi

お盆

IMG_3818

ハナゴンベ@屋久島・御宮前

世はお盆という時期で多くの会社がお休みのようです。通勤電車も空いていて助かるのですが、困るのはお昼。ビジネス街の飲食業もお休みが多く、お腹満たすためにこの猛暑の炎天下を遠くまで行かなくてはなりません。昨日はタマタマ東京駅まで出る用事があったので、八重洲地下の食堂街で昼食とりましたが、どの店も行列。並ぶの好きでないので空いてるお店に入ったけど、ヤッパ美味しくなかったです。

さてハナゴンベの赤ちゃんです。可愛いですなぁ。こんなん観てると、しばし暑さもお昼が不味かったのも忘れさせてくれます。

お休みのところが多いおかげで、電話も鳴らず来客もメッチャ少ないです。
ワタシ、今週はカレンダー通りの出勤なですが、仕事、週頭からけっこうヒマです

特権ダイバー

nagasakisuzume

ナガサキスズメダイ@宮古島・エンジェルケーブ

エンジェルケーブの入り口で出会ったスズメダイです。ナガサキスズメダイとしましたが、ちょっと青味が薄いので間違ってるかもしれません。
エンジェルケーブには「潜ってみたい!潜りたい!」と言い続けて何度も宮古島に行ってたのですが(ちょっとオーバー。3回ほどです)、今回ようやっと実現しました。しかし、前週に降った大雨でニゴリが入って、期待のエンジェルケーブはイマイチでした。その代わりにもっと綺麗なポイントに連れて行ってもらいましたが。

その新しいポイント(光の宮殿)がコレ。



どうです? なかなかに素晴らしいと思いません?

で、このポイントに連れて行ってくれた方がこの人↓

sunagawasan

よ~くご覧ください。BC装着してません。タンク、ハーネスで背負ってるだけです。これで30メートルまで潜るそうです。
「もっと深いところに行くときはどうするの?」と聞いたらウェットで調節するらしいです。少し厚いウェットを着るのでしょう。
で、この方、宮古島で2番目に古いダイビング・ガイドさんなんだそうですが、漁師でもあるんですね。なのでこの時は持ってませんが、ガイドするときに水中銃とネット携行してます。私たちがサザエや黒蝶貝などを見つけるとそのネットに入れて持って帰ります。ダイバーが持って帰ると違反ですが漁師なのでOKなんだそうです。

夜はバーベキューしながらオトーリ回すのですが、その時に獲物は出てきます。なんとも豪快なダイブショップさんでした。

誰の子?

IMG_4415s

カワハギの赤ちゃん@宮古島・ドロドロパークⅡ

カワハギの幼魚だとは思うのだけれど、何て名のカワハギか判らない。知ってる方いらしたら教えてくださいマセm(_ _)m

テレビゲームなのかスマホゲームなのかよく知らないんだけど、そんなゲームがオリンピック種目になるかもしれんらしい。それで車中のみならず、町中でも駅構内でも歩きスマホしてる奴が増えたのか? みんなオリンピック目指して頑張ってるんだろうか?
なんか呆れかえってメッチャ、シラケた。だったらむしろ、ビー玉やけん玉、メンコにベーゴマの大会やってくれた方が良いと思うのだけど。そんなんアタシだけ?

ペア&ペア

IMG_3956

アカハチハゼ@屋久島・お宮前

IMG_3517
ハタタテハゼ@屋久島・ナガイヤ

共に特に珍しいハゼではないけれど、ペアぶりが良かったのでご登場願っちゃいました。

そういえばこの前いった宮古島で、若いカップルと一緒になりました。彼女の方から「まだ10数本しか潜ってないビギナーですので宜しくお願いします」と挨拶されたけど、どうしてどうしてとっても安定したダイビングでした。
で、その彼氏。なかなかにスパルタ系らしく、彼女に事あるごとに細かく指示(教示?)してました。その言い方がかなりキツい。それでも素直に聞いて従っていた彼女、アタシにはとっても好感度高かったです。

ヤンキー

IMG_3539

コガラシエビ@屋久島・オツセ

昨夜、東京に台風が迫るなか、〝市〟であるのに電話の局番が03の狛江市在住の方と飲んだ。ほかにはわたし含めて東京住人3人。
「電話局番03だから、狛江もしっかり東京ですね」という話題の中、「でも狛江にはまだ暴走族がいるんですよ」と、その御仁。
う~む……。博物館入りしても不思議ない暴走族がまだいるのか。局番03はやはり違和感残るなぁ。

コガラシエビくん、立派なリーゼントしてますがヤンキーではありません。

ふんッ!

tengudai

テングダイ@屋久島・ナガイヤ

今回、屋久島には100㎜のマクロレンズ持参したので、カゴカキダイやヨスジフエダイの群れに遭遇してもシャッター切らず。でも、久々に会ったテングダイは、そのお口が可愛いのでパシャリ!

ウチのかみさん、機嫌悪いとこんな顔になります。口ひげは生えませんが。

入れない!

kakureebi

カクレエビの仲間(と思う)@アンボン

昨日の夕食時に新聞の集金が。かみさん、ブツブツ言いながら食事を一時中断して支払いに。しばらくしたらピンポン、ピンポンと呼び鈴が鳴った。おっかしいなぁ~、玄関にはかみさんいるはずなんだが…、と思いつつ、
「はい、どちら様ですか?」とインターフォンで聞くと、
「アタシじゃ! ドアノブが取れて中に入れん!」とかみさん。
ワタシも食事中断して玄関を開けると、右手にドアノブ持ったかみさんが。

確かにドアノブ無ければ鍵かかってなくても入れんわな。
ドア爪をビニールテープで引っ込めた状態に固定し、内側のドアノブからヒンジ状にテープを外に出して応急措置。鍵を解錠すればそのヒンジを引っ張ってドアを開けられるはずなんだが、果たして今夜、ワタシは家に入れるだろうか?

カクレエビくんはきっと、家に入れるかの心配よりドアを早く修理するべきだと思っとることだろう。

天井に張り付く

okinawabenihaze

オキナワベニハゼ@屋久島・お宮前

逆さに撮ったわけではありません。彼が天井に張り付いてるのです。明るいところが好きではないようで、ライト向けるとピャッ!と逃げてしまうので、見つけたらサッサと撮らないといけません。

さて話しは変わるのですが、わたしも昔は競馬にパチンコ、そして麻雀とギャンブルにのめり込んでいたこともありました。しかし、ある日を境に興味が無くなり、とんとご無沙汰です。まぁ、勝てないからって理由もあるんだろうけど、麻雀は勝ち越ししてたし、競馬もトントンだったんよ。でも飽きちゃった。

カジノ法案が可決されましたね。カジノ出来たら1度くらいは行くかもしれんけど、あまり興味ないです。ラスベガス行ったことありますが、ラスベガスみたいにボン!キュッ!ボン!のお姉さんがウサギちゃんスタイルで飲み物サービスでもしてくれてるなら入り浸っちゃうかもしれんけどね (^^;)
まぁ政府の財源が少しでも増えれば良いけれど、その前に破綻しないこと祈ります。カジノ経営はかなり難しいらしいからなぁ。あのラスベガスだってカジノ経営だけではやってけないから、あんなに苦心してショーアップしてるんだし。
日本にあの真似が出来るんだろうか? 無理だと思うんよ。

プチトマトとサクランボ

IMG_2471

サラサハタ@パプアニューギニア・ミルンベイ・クラノイドシティ

胸ビレを左右別々にヒラヒラ泳ぐサラサハタです。子供の頃は尾っぽフリフリ、その身体も白地に黒いドットでとても可愛いです。

先日、山形の友人からサクランボ貰いました。で、しばらく夏の味覚を堪能していたのですが、ある日の朝食にそのサクランボが添えられていました。ワタシ、サクランボを一粒ずつ食べるタイプではなく、数個をまとめて食べるんですね。で、その日のサクランボ、なんか変だったのです。味も変だし、そもそもタネが無い。
「種なしサクランボなんてあるのか?」とかみさんに聞いたら、
「そんなもんあるわけ無い」の返事。
「なんか味の変な種なしサクランボが混じとった」とアタシ。
「それはトマトじゃ」とかみさん。

プチトマトとサクランボを一緒に盛り付けて出すという、その発想がアタシにゃ理解出来ん。

尾っぽの役目

kurohakofugu

ハコフグ幼魚@アンボン

クロハコフグの幼魚かとも思ったけど、ドットの色が黄色っぽいから違うような気がする。
しかしこのハコフグにしても黄色で可愛いミナミハコフグの幼魚にしても、どうしてハコフグの幼魚たちってみな尾っぽ丸めてるんだろ? 泳ぎで使うのは胸ビレばかりで尾ビレ使って泳ぐ姿を見たことが無い。

さて、今夜というか明日の早朝というか、午前3時にキックオフです(W杯サッカーの対ベルギー戦ね)。せっかくハラハラ、ドキドキしながら時間稼ぎして掴んだこの試合。今度こそは選手も観てる方も悔いの残らない試合をして欲しいものです。
もしも負けちゃっても、このハコフグ赤ちゃんみたいにシッポ丸めずに堂々と帰国して欲しいですね。もちろん皆が望むのは勝ってベスト8入り、いえベスト4入りしての帰国ですが。優勝までは望みませんから。

チョッパー

Notodoris_serenae

ノトドーリス・セレナエ@ミルンベイ・ワフーポイント

アメリカの象徴的な存在でもあるオートバイ製造会社、ハーレーダビッドソンが欧州での製造を検討してるみたい。トランプさんが外国からの(日本も!)アルミや鉄鋼関連の輸入に大きな関税を掛けるので、自国内での製造ではコストが高くなるからだそうな。当然ですな。
トヨタなんかは自動車への関税が高いのでアメリカでの生産をずっと昔から始めてるけど、その原料である鉄鋼関連素材の単価が上がればアメリカから逃げ出すかもしれん。
トランプ氏、何考えとんかね? 経済人かと思ってたけど、それも怪しいな。

ノトドーリスセレナエ、背側突起がハーレーダビッドソンのチョッパーみたい。

星はいくつ?

purplebeauty

パープルビューティー@ミルンベイ・タニアスリーフ

先日、友人に誘われてミシュラン☆2つの日本料理店に行って来ました。
いや、流石に美味しかった! 食材自体にも気配りが感じられましたが、何が凄いってその創作性。「エッ!? なんでこの食材と合うの?」ってくらいに意外な食材の掛け合わせに驚きました。もちろんそのお味にも、そしてお値段にも驚きましたが。
まぁ、あれだけのものを食べさせて頂ければ納得の値段ではあるんですがね。

さてパープルビューティー。この紫色はホントに綺麗。☆、3つあげちゃう!

ボチボチ次のダイビング計画練らねばなりません。山にも行きたいなぁ。しかしカレンダー睨みつけてるんですが、日程がどうにもうまく調整できないの(泣)。

狙う者たち

どのメディアも一番の大ニュースとして扱っていた昨日の米朝会談。メディアが大きく取り上げるにしては、想像通りの中身の無い、単なる政治ショーで終わっちゃいましたね。
まぁ、これから少しずつ進展して行く(そう願う)んでしょうが、調印式済ませないと何事も先には進めないってのは、どこの国でも一緒なんだなぁ。

aji
パプアニューギニア、ミルンベイのタワリリゾート桟橋下にいたアジの群れです。このほかにもシマアジの子の群れもあったりと、まぁとにかく賑やかな桟橋下でした。その賑やかさを狂乱させていたのがコチラの方々。
kasumi
かなり体格の良いカスミアジやロウニンアジが大挙して押しかけてきてました。
彼らは闇雲に群れの中に突撃して行くのですが、なかなか捕食できません。そりゃそうですよね。襲われる方も必死で逃げますわな。
この時はあまりの迫力にシャッター切ることしか頭に無かったのですが、あとになってから動画撮っておけばよかったと悔やみました。
rounin
仲の良いロウニンアジとカスミアジのペアもいました。なんか昨日、ニュースで似たような情景見たような気もするなぁ………。

目玉はダメよ

IMG_2260

クモウツボとアカシマシラヒゲエビ@アンボン・カンプンバル

むかし昔のその昔の話しなんだけど、オートバイで日本を走り回っていたときのこと。フルフェイスのヘルメットを被っていたのだけど、そのヘルメットの中に蜂が飛び込んできたことがあった。
目の前を蜂がブンブン飛び回る。コッチはもう目玉刺されるんじゃないかと超パニック状態。慌ててバイクを路肩に止めヘルメットを脱ぎ捨てた。幸い目玉も鼻もどこも刺されずに済んだけど、きっと飛び込んできた蜂もパニック状態だったのだろう。
クモウツボはこんな目玉のそばにアカシマシラヒゲエビがいても平気なんだな。目玉を掃除されることは無いんだろうか?

バディ

furaichochouo

フウライチョウチョウオ@パプアニューギニア・ミルンベイ・タニアスリーフ

かみさんがダイビングのライセンスを取得し私のバディとなって、はや10年になる。最初の頃はこのフウライチョウチョウオのようにピタッと私のそばから離れず、時には私が撮ろうとしている被写体をフィンで吹き飛ばしたり、海底の泥をフィンで巻き上げて隠してくれたり、エアー排気音が大きくなったので振り向いたらバランス崩してゴロンゴロンと転がっていたりしたこともあった。

そんなマイバディも最近じゃあ、自分のカメラを持ち好きなように撮りたいものを撮ってる。私の視界から消えることはないけど、かなり離れていったりしてる。モルジブあたりじゃ5㍍も離れると怒るガイドもいたけど、バディであっても適度な距離間は必要だと思うのだ。

アイゴ

sangoaigo

サンゴアイゴ@パプアニューギニア・ミルンベイ・クラノイドシティ

この魚の名前、アイゴの由来はなんだろな? とググってみたらアイヌ語の棘のある草(=アイ)と魚という接尾語(=ゴ)から来てるらしい。かつてアイヌ民族が遠く南方にもいたという証でもあるなぁ。先日、ちょうど司馬遼太郎の『街道をゆく38・オホーツク街道』を読み終えたばかりだったので、この名前の由来はちょっと嬉しい発見でもあったのだった。
なんかプチ発見した気分なんで、せっかくだからまた別のアイゴも登場願っちゃう。

majiriaigo
マジリアイゴ@パプアニューギニア・タニアスリーフ

ちなみに知ってる人は知ってても、知らない人は知らんだろうから、敢えて記しておくけどアイヌの人々がなぜこの魚に棘のあるという名を冠したかというと(魚はほとんど背ビレ=棘がある)、背ビレに毒があるからでしょう。この種の魚を釣ったときにはご注意のほどを。

ゴキの季節

crawn

ペルクラクラウンアネモネフィッシュ@ミルンベイ・ディコンズリーフ

遠目に「アッ、カクレクマノミだ!」と思って近寄ったら、なんかちょっと色合いが違う。調べたら上記のお名前でした。胸の辺りが黒いのと背中あたりが黒いのと、似てるけど若干の違いがあるのが同居してた。きっと同じ種だけど成長に伴って模様が変わるんだと思う。

そろそろゴキブリが活動する時期だと思うんだけど、今年はまだその姿を見ていない。数ヶ月前からかみさんが家中あちこちに設置したアース製薬のブラックキャップの効果かしら? しかし家の中、部屋の隅っこにコロコロいくつも置かれてて、邪魔にはならんけどなんか気になっちゃうんだよね。

四つ目が通る

mizukurage

ミズクラゲ@ミルンベイ・コーラルガーデン

ミズクラゲ、またの名をヨツメクラゲ。確かに目が4つあるように見えますが……。
今回パプアニューギニアで手の甲と足首をクラゲにやられちゃいました。ウェットスーツとソックスの間の、ほんの3㎝ほど露出してる足首と両方の手の甲です。
刺した奴は頭(傘?)の大きさ1㎝ほどで30㎝ほどの触手、それも1本だけ(のように見えた)の奇っ怪なクラゲでした。昨年セブ島で教えてもらった台湾製塗り薬持参したので、それで痛みはかなり取れたんだけど帰国しても治らなかった。
今後、ソックスは足首スッポリ隠れる長いのにしようと思います。手の方はグローブするの好きじゃないので、クラゲよけの薬購入して試してみようと思っとります。

とぐろ

Doriprismatica

ドリプリスマティカ・ステッラータ@ミルンベイ・ラワディービーチ


英文表記すると〝Doriprismatica stellata〟となるようです。和名は無さそうですね。横にある黄色いクルクルはきっと卵でしょう。
ウミウシの卵の多くはこのようにとぐろ巻いてることが多いのですが、どうやってとぐろにしてるのでしょう? う○こしたとき、たまにとぐろ巻いてることありますが、まさかウミウシにそんな芸当出来るとは思えません。卵産みながらクルクル回ってるんでしょうか? それとも出てきた卵が自然にまるまっちゃうのかしら? いつか産卵してるところを見てみたいものです。

最近あちこちの筋肉が固くなってきているのでストレッチをしています。寝起きと夜の入浴後に。その効果が現れてきたようで、最近は朝までぐっすり眠れるようになりました。きっと血圧も下がってるのだと思います。そのおかげで今朝はすっかり朝寝坊してしまいました(汗)。会社、遅刻です

水中老眼鏡

tigarshurinp

タイガーシュリンプ@ミルンベイ・ラワディービーチ

大きさは1㎝ほどのタイガーシュリンプです。まだ子供ですな。
実はこの子を教えてくれてシャッター切ってましたが、タイガーシュリンプだと気付かずに撮ってました。オレンジ色の何かが居るのは認識できたので撮りましたが、ウミウシかな?なんて思ってました。タイガーシュリンプと気付いていたら、もっとたくさんシャッター切ってたと思います。なにせ数年ぶりの再会だったのですから(泣)。
写真撮ってから後で見直して何物だったか判る……って事は、視力が最近落ちてきたアタシには往々にしてあることなんですが。
今回、ここで会ったガイドさんはマスクに改良施して脱着できる老眼鏡装備してました。老眼鏡なら100均にもあるので、アタシも今度の休みで創作してみようと思っとります。ちなみにそのガイドさん曰く、「水中だと強めが良いから陸地で+1が丁度良いなら+3か+4位の買ってきて両方試した方がいいよ」とのアドバイス戴いとります。

殺気

貴方は人の視線とか殺気とか感じる方でしょうか? アタシはビンビンに感じちゃう方です。この前も帰宅途中の電車内で、もの凄い殺気、じゃない視線ビームを感じて顔を向けたら、たまたま買い物帰りのかみさんと一緒の電車でかみさんが先にアタシに気付いてコッチを見てた…とか。

今回も、


海中で、


もの凄い、


視線、


感じました。


それがコレ!

kumanomi

クマノミ@ミルンベイ・ラワディービーチ

ハラスメント

oomon

大あくび中のオオモンカエルアンコウ@アンボン・バブルポイント

マスコミはいまだにセクハラの話題を取り上げ続けてますが、そこまで執拗に追っかけるほどの話題なんでしょうかね? 
そもそも日本はパワハラだのマタハラだのハラスメントがとってもお好きなようです。ハラスメントってのは人の嫌がる行為をすることを指すわけだけど、そんな事は生きていく上でいっぱいある。確かに人の嫌がることをしちゃあいかんけど、相手が嫌がると確信してやるのと気付かずにやってるのではまるで意味が異なると思うんよ。「それは嫌です」と言っても更に同じ行為を続ければそれは間違いなくハラスメントだろうけど、何でもかんでも嫌なことを〝ハラスメント〟として一緒くたにしてるように思えてならん。
聞くところによると〝ハラスメント〟と名の付く行為は35もあるんだとか。驚き通り越して開いた口が塞がらん。ほら、このオオモンカエルアンコウも!

目線で勝負!

isokakureebi

イソカクレエビの仲間@アンボン・カカレンクン

バブルコーラルシュリンプかと思ったけど腕・足に青い線が無いので違いますね。同じ仲間ではあると思ったので調べたけど、またまた判明せず。

だいぶ前のことだけど、テレビ見てたら変なアイドルが出てきた。本物では無いとは思うけど唐揚げのカチューシャ頭に載せて袖にも唐揚げが付いてた。
そしてもう一人が鮭アイドル。何故だかビキニ姿で大きな鮭のぬいぐるみ抱いていた。更にもう一人。コッチは頭にメロン被ったメロンアイドルですと。どのアイドルのお母さんか忘れたけど、番組にも出てきていて認めてはいたけれど悲しそうだったなぁ。親として当然とは思うけど。ウチの子供たちがこんなんならんでホント良かった!ってウチのは男二人だけど。
なんでこんなアイドルになりたいのか目的はなんとなく想像は出来るけど、なんだかなぁ~、と見ているこっちの方が寂しくなっちゃった。。

そうそう!
マスク購入しました。今週末から潜りに行くんだけどボチボチ現在使用中のマスクが経年劣化してるので万が一に備えて。今度は定番のマンティスにした。

IMG_1214

護られて

juttenniroumiusi

ジュッテンイロウミウシ@セブ島・ハドサン

大きいのと小さいの。親子でしょうか? お父さんが子供を護ってるみたいです。
チッコイ方、もうちょっと全身写るように撮りたかったんだけど、動きが早いの! 絞り調整してる間にあれよあれよカメラアングル考える時間もくれずにスタコラサッサ。ちょいと摘まんでお戻り願おうかとも思ったけれど、自然のものにむやみにタッチしてはいけませんね。

小学生の頃、それも低学年時代。近所の3歳上のお兄ちゃんに可愛がられていつも一緒に遊んでました。そのお兄ちゃん、近所では有名な悪ガキなんですが、何故かアタシのこと気に入ってくれたみたいで何処に行くにも遊ぶときも仲間に入れてくれたのでした。お袋はあまり良い顔しなかったけれど。
そして高校時代。番長だったこれまた俗に〝不良〟とも言われる先輩にも、どういうワケか可愛がられて昼メシおごってもらった事も何度か。おかげで他の不良どもから一度もいじめられることもなく無事に卒業できたのでした。

昨夜お酒飲みながら、こんな自分の過去を思い返してたらハタと気付いちゃいました。なんか今の日本と一緒だなぁ~、と。

iboisobanagani

イボイソバナガニ@アンボン・アマウスⅡ

大相撲の巡業場所先で挨拶で土俵に上がった市長が倒れ、それを救護しようと土俵上に駆け上がった女性に対し「女性は土俵から降りて下さい!」とアナウンスが流れたそうな。確かに土俵上は女人禁制ではあるが、その時の状況は誰が見ても杓子定規な事を言ってる場合では無いと分かる。
それに対して巡業部長の春日野親方は、「トイレに行っていて何も見てなかった」と言っていたのが、実はちゃんと見ていたことがバレたらしい。

どうしてそんな子供のような嘘をついたのか? 想像するに保身で頭がいっぱいで、もっとマシな嘘を言えなかったんではなかろうか? まぁ、そもそも嘘をつくこと自体がおかしいのだが。

私は相撲が好きだ。しかし、スポーツと思って観戦してはいない。貴乃花親方が言うような神事であるとも思ってはいない(昔は確かに神事であったようだが)。しかしながら相撲道であることは間違いないと思ってる。
茶道や弓道、剣道に柔道と、〝道〟と付くものは、結果を求めるのが目的ではなく、その結果を導き出す全過程すべてを指す。つまり立ち居振る舞いはもとより、戦う場に入る前からの所作に厳正さを求められる。
そこには〝人として〟の探求も求められているはずだが、果たして今の相撲協会=相撲道を指導する立場の人間に、それがあるのか?  どう見ても〝人として〟大切なモノが欠落してる人間が多いように感じるのは私だけだろうか? 

イボイソバナガニが進むのは一本のムチカラマツ一筋。

春近し

isigaki

イシガキカエルウオ@屋久島・オツセ

今日の東京は気温20度を超えるようです。まさに春! このまま暖かくなってくれるといいんだけど、そうなるとちょっと困るのが花見。東日本大震災被災地での花見会を計画してるんだけど、その花見会の前に満開になって散っちゃいそう。
昨年やった花見会は早すぎて開花せず、しかも雨。その前一昨年の花見会はやはり散った後だった。
半年も前から計画する花見会自体に無理があるとは思うけど、皆さんと一緒に行動するとなると「じゃあ明後日にでもやろうか!」ってなワケにはいかない。事前に計画しなくちゃならん。難しいもんです(T-T)

イシガキカエルウオの正面顔。このおとぼけ顔がなんとも可愛らしい。

三寒四温

muchikaramatu

ムチカラマツエビ@セブ島・アナポグ

昨日の東京は最高気温6度とまさに真冬でしたが、今日は14度まで上がるらしい。寒暖差が激しくて体調管理、洋服選びが難しい今日この頃です。
しかし、こうやって春はやって来るわけですな。三寒四温とは言うけれど、その温度差がハンパない。

先日、マイバディ(=かみさん)がついにカメラを買いました。いっつもカメラ無しで潜っていたのですが、さすがにカメラマンダイバーが集まるダイビングエリアに行くと、手ぶらダイビングは気になるらしい。私のセカンドカメラ貸してあげてたのですがときどき私が奪い取るので、それを見たガイドさんに私が怒られるのもワタシ的には気に入らない。
んでマイカメラ購入と相成ったワケです。私のセカンドカメラの後継機種TG5。持って潜ってもシャッター何回押すかしら?

誰を護る?

zougeiroumiusi

ゾウゲイロウミウシ@セブ島・ハドサン

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室で使用する楽曲に対して著作権料を取るらしい。音楽教室って子供たちが通うピアノ教室みたいなのを指すんかな?
そもそもこのJASRACの存在理由は、作曲家や作詞家の作品に対して著作権を守ることが目的だったはず。であるからして、前職の編集職時代にヒット曲の歌詞を載せるページがあって、その際にJASRACに著作権料払ってた。しかし、その払われたお金がどのように使われているかは私は知らない。

今回のニュース読んでいて昔のことを思い出したんだけど、その編集職時代だったか、もっと古い時代だったのか記憶は曖昧なんだけど、古賀政男の遺族が運営する財団に不正融資があったとか無かったとか、作曲家の小林亜星氏ともめたりと、JASRACに絡んだ怪しい話しは何度か耳にした。

そして今回の音楽教室に著作権料を徴収するってハナシ。どうにもこうにも腑に落ちない。
JASRACが護ってるのは本来の作曲家や作詞家ではなくて、その世界とはまったく関係の無い人々たち(自分たち?)のような気がするのは私だけではないだろう。
ネットで探せばJASRACに関するブラックな話しはボロボロ出てくるし。

ゾウゲイロウミウシの赤ちゃんも、変な利権に巻き込まれずに大きく育って欲しいなぁ。大きくなっちゃったらあまりカメラマンには見向きされなくなるだろうけど。
そういやぁカメラマンの作品にも立派に著作権は存在するんだが(プロであれアマであれ)、それはどこの団体が護ってくれるんだろう?

防衛

IMG_1030

ゼブラホンヤドカリの仲間(と思う)@セブ島・ハドサン

昨日はと~っても暖かくてまるで初夏のようでした。で、風が強かったんだけど近所の公園まで梅の花撮影がてら散歩しに行った。そしたら公園はもの凄い人の数で、ブルーシート敷いて花見に興じる人たちもたくさん。強い風が吹くたびに公園には砂埃が舞い上がっていたけど、よくあんな場所で飲食できるなぁ~と関心しきり(アタシは無理)。
帰宅後、風呂から上がって耳掃除したら綿棒真っ茶色になった (゚o゚;

自分を守るために抜け殻の貝を利用するヤドカリ。自己防衛ですな。自己防衛のために銃の保持を認めてるアメリカ。ヤドカリのように装甲車のようなプロテクターを身につけて自分を守る…ってんなら理解できるけど、自分を守ることを目的(建前)に相手を殺傷させるってのは間違ってるよな、やっぱ。
しかし自分を含む仲間のテリトリー(=国)を護るとなるとプロテクターでは意味をなさない。そのためには自衛手段としての武器・兵力がどうしても必要になる。
日本の自衛隊、いまのままで大丈夫だろうか? 

また積もりそうです

東京は本日、雪です。
昨夜、酒席からの帰りにはすでにミゾレでした。夜半に、いえ夜半と言っても柱時計見たら午前4時過ぎでしたが、トイレで目覚め用足しの際にトイレの小窓を開けたら積もってました。

tatejimahebi
タテジマヘビギンポ@屋久島・ヨスジ漁礁。

昨夜の時点では、「明日は少し早起きして出勤前に雪掻きせにゃならんなぁ~」なんて思ってたんだけど、予定通りの時間に目覚ましで起きた時点でやる気が萎えてしまった。あまりの寒さに。明日はお休みなんであしたやります(汗)。

さてさてヘビギンポくん。どこででも見られて被写体としては地味~なサカナだけど、アタシャ結構好きです。
もっと寄って撮ることが多いけど、この時は周りにスカシテンジクダイがブワ~ッといたんで敢えて引き気味で撮ってみた。

働き方改革

安部さんがやけに頑張ってる働き方改革。まったくもってバカな内容。長時間労働を無くすのは結構だけど、そんな事は政府がとやかく言う問題ではないだろう。
長時間労働しないと食っていけない人だっているし、仮に長時間労働が嫌なら別の仕事に鞍替えすれば良いだけのことだ。周りがとやかく言う問題ではない。
仮に少し歩み寄って長時間労働を無くす方向性で検討するならワークシェアリングだと思う。それにしたって個々の能力の問題があって、実施するのはなかなか難しいだろう。簡単にシェアできるような業務は人工知能やロボットに取って代わっていくはずだ。

労働時間の問題より、農業や漁業従事者の減少の方がはるかに深刻な問題だと思う。
かつて1400万人以上もいた農業従事者は今や200万人ほど。しかも高齢者ばかりだ。漁業もしかり。かつては360万人もいた漁師さんは今や20万人に満たないらしい。

人が生きていく上で食の問題をないがしろにしていて良いのだろうか? 
労働時間が長いの短いの言ってるうちに、自国では食料が確保できないことになってしまいそうだ。

sirahimeumiusi
シラヒメウミウシ@アンボン・カンパンバル。

ツノ出せ

IMG_0869

スプリラ・マヨル@セブ島・ブルーコーラル

新年明けましておめでとうございます。
皆さま、お正月はいかがお過ごしだったでしょうか? 私は家族と温泉地にて新年を迎えました。
正月は、まぁ東京に限って言えばですが、例年お天気で、その反動なのか何故だか成人の日に雨や雪になることが多いように感じます。予報では明後日の成人の日も雨のようです。せっかくの晴れ着姿を見せられる少ない機会が天気悪いと、なんか可哀想です。
まっ、私はといえば成人式は行かずに映画観てましたが。しかもマッドマックス
ということで本年も宜しくお願いいたします。

スプリラ・マヨル。アニメだったか何だったか思い出せないのですが、こんな姿のキャラクターいたと思うんですが何だったでしょう? どうしても思い出せません。一昨日テレビ放映されてましたが新海誠監督の『君の名は。』みたいです。

冷や水浴び

IMG_1067

フリソデエビ@セブ島・ハドサン

今回セブ島でいつも使用してるマクロレンズに接写用コンバージョンレンズ付けてみました。こいつを初トライしたのは8月に行った屋久島が最初だったんだけど、イヤ~、難しいのね、これが。ピント合わせるのにかなり苦労します。(セカンド用として携行してるTG4の顕微鏡モードの方が楽に撮れます)
そんなワケでセブ島行く前に、自宅でちょっと練習した。その甲斐あってかなんとかピン合わせられるようになった。
そんでもドンピシャで撮れるのは数カットなんだけど(泣)。

IMG_1072
風呂上がりにいっつも冷水シャワー浴びてるんだけど、先日、風呂掃除してから浴びたのね。当然だけど、冷水シャワー浴びるころには身体も冷えちゃうわけよ。そんな冷えた身体に冷水浴びればどうなるか?
ハイ、風邪ひきました(T-T)。おバカです。これこそまさに年寄りの冷や水でございます。

時代の終わり

IMG_0776

アミメハギ幼魚@セブ島・ブルーコーラル

せっかく見つけても、ちょっと目を離すと何処にいるのか分からなくなっちゃう。グリーンの目が素敵です。
釣りでは餌取りの名人として名高いハギですが、このおちょぼ口では確かに餌を咥えられても釣り竿で感知するのは難しいでしょう。

昨夜、忘年会で銀座の白いバラに行きました。来年の1月10日で店仕舞いだそうです。
創業は1931年。87年の歴史に幕が閉じられます。
かつてはあちこちにあったキャバレーというものが姿を消す中で、ここだけはキャバレー本来の華やかさを残しつつ頑張っていたのに、とても残念です(って、そんなに頻繁には行きませんでしたが)。
経営難で閉じるわけでは無く、老朽化でビル解体に伴う閉店だそうです。「再開は?」とオーナーさんに聞いたら、考えていないとのことでした。
また銀座の名物がひとつ消えます。
素敵なダンサーさんの写真も撮っちゃったのですが、一応撮影禁止なので自分の思い出だけにして公開は自粛させていただきます。ご覧になりたいかはGoogleで検索してみて下さい。

ガヤのせいではありません

IMG_0693

ヤツトゲテンジクダイ@セブ島・ウミタロウ

自分の持ってる海中図鑑では見つけられなかったので、ショップの方に名前を教えてもらった。テンジクダイの仲間だったのね。エイトスパインカージナルフィッシュというそうな。しかしこの名前でググるとまるっきり違った魚たちが出てくる。

痛みの原因に思い当たるフシは無いのだが、先週末当たりから左手手首に痛みが走って困っている。尻のポケットに入った財布を取り出すことすらままならないのだ。
で、整形外科に行って来た。レントゲンを撮って診察室へ。
お医者さん「骨や関節に異常は無いけど親指付け根の腱に炎症が出てるみたいだね」。
とレントゲン見ながらまずは説明。
そして私の手首を手に取り、動かす。
ワタシ「痛い!イタイ!」
お医者さん「ゴメン、ごめん。ン? このアザ見たいのは?」と先日のダイビングでガヤにやられた跡を見る。
ワタシ「ガヤに刺されたんです」。
お医者さん「ガヤって何?」
ワタシ「鳥の羽のような水中植物みたいな動物です」。
お医者さん、カルテに「ガヤに刺される」と記載。
ワタシ「アッ! 手首の痛みはガヤのせいじゃ無いと思うけど……」。
お医者さん「でも刺されたんでしょ。感染症も心配だから抗生物質も出しときます」。

う~む。抗生物質飲む必要は無いと思うぞ。素人でも。
それにしても明日、ゴルフコンペなんだがプレー出来るんだろうか?

帽子

yukinko

オガサワラカイカムリ@セブ島・ハドサン

ユキンコボウシガニの雪ん子ちゃんことオガサワラカイカムリです。チャツボホヤをすっぽりと被ってコッチを睨んでます。

こんな感じにときどき女の子が毛糸で編んだ帽子を目深に被ってたりしますが、そんな女の子見かけると思わずホッコリしちゃっていいですよね。
実は私も帽子が好きなんですが、残念なことにまったく似合わないんですよ。頭の鉢が大きいとか、そもそも頭の形が悪いとか、似合わない理由はいくらでも挙げられるんですが、帽子メーカーの方はどんな人にも似合うような帽子を作ってくれませんかね。

ちなみに雪ん子チャン、ほとんど4本足で歩行してます。残りの足はこの帽子を抱える(被る?)ために使用中。それ故に他のカニに比べてバランス取るのが下手です。ときどきコケます。

歩きスマホ

IMG_8183
コブシガニの仲間@アンボン・リノシティ。
ずんぐりむっくり。コロンとした体型が可愛らしいです。

街中でスマートフォン覗き込みながら歩いてる輩をたびたび見かけますが、先日は私の横でその歩きスマホしてる兄ちゃんのスマホ画面を見たらナント!ゲーム!!! 思わず顔、見ちゃいました。
マップでも見てるなら分からんでもないですが、歩きながらゲームするっていう感性がアタシには理解できません。
昔の人は、たきぎ背負って本読みながら歩いていた二宮尊徳の姿に、アタシと同じような感覚を覚えたのでしょうか?

籠もる

tako

私は休日でも普段と変わらない時刻に起きるのだけど、昨日の日曜日は寝坊した。7時ころに一度目が覚めたのだけど布団のぬくもりを楽しんでるうちに再び寝込んでしまった。いや~、これが気持ち良いのだな、ヤッパ。
今朝も東京はかなり気温が下がり、布団のぬくもりから出るのが辛かった。これからますます布団の恋しい季節になっていく。
割れたビンの中に籠もるタコも、気分は似たような感じなんではなかろうか? ウツボやダイバーさえ寄ってこなければ。私も昨日は朝からの雨に、結局一歩も外に出ず部屋の中で1日を過ごした。このタコみたいに。

撮影場所@アンボン


ギャラリー
  • 大きくなったら何になる?
  • おチビ
  • おチビ
  • お盆
  • 特権ダイバー
  • 特権ダイバー
  • 特権ダイバー
  • ミノ着たウミウシ
  • 誰の子?
  • ペア&ペア
  • ペア&ペア
  • ヤンキー
  • たまには陸から
  • たまには陸から
  • たまには陸から
  • たまには陸から
  • たまには陸から
  • ふんッ!
  • 美魚
  • 温泉に浸かるカニ
  • 入れない!
  • ヒナギンポの婚姻色
  • 天井に張り付く
  • 磯遊び
  • 磯遊び
  • ベストタイミング!
  • 優勝の行方
  • プチトマトとサクランボ
  • コレハコボレバケボリガイカナ?
  • 尾っぽの役目
  • 負けても勝ち?
  • チョッパー
  • 大豪邸
  • ちょっとしたこと
  • ちょっとしたこと
  • ちょっとしたこと
  • ちょっとしたこと
  • 星はいくつ?
  • 狙う者たち
  • 狙う者たち
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ