zougeiroumiusi

ゾウゲイロウミウシ@セブ島・ハドサン

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室で使用する楽曲に対して著作権料を取るらしい。音楽教室って子供たちが通うピアノ教室みたいなのを指すんかな?
そもそもこのJASRACの存在理由は、作曲家や作詞家の作品に対して著作権を守ることが目的だったはず。であるからして、前職の編集職時代にヒット曲の歌詞を載せるページがあって、その際にJASRACに著作権料払ってた。しかし、その払われたお金がどのように使われているかは私は知らない。

今回のニュース読んでいて昔のことを思い出したんだけど、その編集職時代だったか、もっと古い時代だったのか記憶は曖昧なんだけど、古賀政男の遺族が運営する財団に不正融資があったとか無かったとか、作曲家の小林亜星氏ともめたりと、JASRACに絡んだ怪しい話しは何度か耳にした。

そして今回の音楽教室に著作権料を徴収するってハナシ。どうにもこうにも腑に落ちない。
JASRACが護ってるのは本来の作曲家や作詞家ではなくて、その世界とはまったく関係の無い人々たち(自分たち?)のような気がするのは私だけではないだろう。
ネットで探せばJASRACに関するブラックな話しはボロボロ出てくるし。

ゾウゲイロウミウシの赤ちゃんも、変な利権に巻き込まれずに大きく育って欲しいなぁ。大きくなっちゃったらあまりカメラマンには見向きされなくなるだろうけど。
そういやぁカメラマンの作品にも立派に著作権は存在するんだが(プロであれアマであれ)、それはどこの団体が護ってくれるんだろう?