P7280103

奥大日岳中腹から眺めた地獄谷と剱岳。

先週末の金曜日。気の置けない仲間からスクランブル発進要請があり、急きょ西新宿から渋谷へと飛んだ(電車で急いだ)。時刻は21時に近い。「これは間違いなく午前様コースだ」と、その後の巡航コースも頭に叩き込んだ。結果、その通りになった。
して、その翌日の土曜日。朝からドッピ~カンの真夏日。ジッとしてても汗がしたたり落ちてくる。壁時計に目をやればもうお昼に近い。モグラのようにベッドから降り立ち(ズリ落ちた、に近い)、シャワーを浴びる。
冷たいシャワーで少し目は覚めたが、食欲は無い。あるわけがない。それでも何か胃袋に入れた方が良いだろうと、冷や麦二束を湯がき胃袋に流し込んだ。その後、再び気絶した(午眠とも言う)。

目が覚めると16時近い。グランドに行かねば……の使命感だけが私を突き動かす(←ウソ)。まだ気温は30℃はありそうだ。自転車に颯爽と飛び乗りグランドへ向かう。スピードに乗ったママチャリが切り裂く空気がサウナ風呂のようだ。
グランドに到着。ボールが蹴れない。ボールが足に付かないのだ。こんな事は滅多に無いのだが(←再びのウソ)。それでも何とか2時間半をやり通した。

自宅に帰り、再びシャワーを浴び体重計に乗ってみたら2.4㎏体重が減っていた。昨夜の10時から食べたものはといえば冷や麦二束のみ。よくぞ無事に帰還できたものだ。
これを年寄りの冷や水というらしい。

今日も朝から東京は30℃を超えている。無性に山に行きたくなってきた。