ズ~っと昔のことなんだけど、小用でトイレに行きチャックを開けてコトをいたそうとしたら、肝心の息子が出てこない。取り出せない(誤解を招きかねん表現なので変更)。
いくら探しても取り出し口が見つからないのだ。コトは急を要する事なので、空いていた個室に飛び込み女性スタイルでいたすことにした。
危機を回避出来た安堵と放出する開放感に浸りながらパンツを見たら、前後逆に履いてた。窓が無くては息子も出て来れん。

誰かに見られたわけでもないのに、なんかと~っても恥ずかしかった。

coconutsoctpus

ココナッツコクトパス@レンベ・アエルプランNo.2

割れたココナッツなどで身体を隠すのでこの名前が付いたようだけど、和名はメジロダコ。レンベに行くと、ほぼ確実に毎回会う。(なのでこれで登場は2度目かな)
都合良く半分に割れたココナッツが無ければこのように貝殻や空き瓶、板切れなど何でも上手に利用する。パンツ前後間違えて履いたわけでもないだろうに、何が恥ずかしいのかいっつも何かに隠れてる。手ぬぐい渡したらきっと器用に頭に巻いてカモフラージュするんじゃないかと思う。今度レンベに行くときにはタオル持参で潜ることにしよう。パンツの方が面白いかな? パンツ、前後間違えずにちゃんと履くかしら? 窓から足の一本でも出そうものならヒンシュクものだゾ。