夏場、私の足元は下駄になります。
学生時代からの習慣で、今の下駄は2つ目。すでに歯も半分ほどに磨り減ってます。その下駄を見た母が「履き替えたら?」と、どこからか真新しい下駄を出してきてくれましたが、歯が半分ほどになった頃が一番履きやすいのですよ。
カランコロンの音も歯が減ると軽やかになります。新しいのは堅く感じます。

そんな下駄派の私ですが、一度は雪駄を履いてみたいと思っておりました。
何かの本で「良い雪駄はシャリン、シャリンと鈴のようないい音がする」なんてのを読んだ記憶がありまして、なんで藁かイグサで出来てるものが“シャリン、シャリン”という音を出すのか不思議に思ってました。

再来週、訳あってどうしてもその雪駄を履かねばならず(ホントは下駄でも良いのだけど…)、その雪駄を買いに行きました。
いや~、たまげましたね。雪駄って高いんですね! たかがジャパニーズ・サンダルと思っていたのに2万円、3万円は当たり前。中には10万円近いモノもありました。

そんな高価なものを買うわけにはいかないのでネットで懸命に捜しました。
すると中には1000円程度のものもありましたが、あまりにもショボイ。
ようやっと見つけて購入したのがこれです。 ↓  3900円ナリ。

setta


しかし、届いた雪駄を履いてみるとやけに大きい。裏を見ると注文したサイズより大きい物でした。
直ぐに取り替えてもらおうと電話すると、私が注文間違えしたようなトーンでのやり取り。「コリャ泣き寝入りかな」とちょっと諦めの気持ちも沸き上がってきたところで、「では、送り直します。返品配送伝票も一緒に入れておきます」。
何という親切! しかも差額代も返してくれました。
ネット見るに、ご夫妻で経営されているようです。とっても嬉しかったのでPRしちゃいます。下駄や草履類を購入される方は是非とも創業天保五年の福島履物店でお求めください。ネット購入できますが、お店は八王子駅から徒歩6分ほどです。

ちなみに、なんでシャリン、シャリンと音がするのかも理解できました。裏に鉄製の鋲が打ち付けられてるのですね。私のは安物だからシャリン、シャリンではなくチャリン、チャリンと鳴りそうですが。
早く試してみたいのですが、家の中では試せません。床が傷だらけになります。

settaura