keiyoGC

先週末、今年の初打ちに出かけた。およそ4ヶ月ぶりにクラブを振ったにしては、マァマァまともに当たってくれて、優勝という嬉しい結果で終われた。
ちなみにコースは千葉市の京葉カントリー倶楽部。上の写真の中ほど、青空に3つほどゴマ粒のようなものが写っているが、自衛隊の輸送へりだ。ひっきりなしに編隊が頭上をかすめていった。

プレー終了後のコンペ会場で面白いものがあった。
コレ。
cup

ゴルフ漢字集。ノーズロはゴルフ偏に“無下穿”だろ! と突っ込み入れたいけどそれじゃぁあまりに下品すぎるか。

魚偏や木偏の漢字はいっぱいあるが、そのどれもがそれぞれ意味を持っていて、漢字ってのは素晴らしい文化だと思う。しかもそれらは大陸から伝わってきて私たち日本人が独自に創り上げたものが多い。まさかこのゴルフ漢字が定着するとは思わんけど。

外国語に精通しているわけではないけど、世界各国の言葉をみるに日本語ほど素晴らしい言語は無いと思うのだ。
言葉の裏に、言外のニュアンスを含ませられるのは日本語しか無いのではないか? しかも漢字はその一文字に色んな意味を含むものがあるから、そんな時に平仮名や片仮名を併用できるのは、まさに天才的な発明だと思うのだ。まぁ、それゆえに外国人、特に英語圏の人々には理解しづらいのだろうけど。
同じ漢字文化の中国、核心的利益などとこれまた上手い使い方するもんだと思った。ならば日本は絶対的我国海域と返してやれば良かったのに。

ちなみに中国で球童と書いて何を指すか? 
アタシは野球やテニスのボールボーイかと思ったらゴルフのキャディーさんの事だそうな。中国ではキャディーは少年がやっとるのか? 
では、これは何と読むか?

                 曼切斯特联足球俱乐部

香川真司が活躍するマンチェスターユナイテッドだ。中国人ならみんな読めるんか? 
日本人のアタシは、どうやっても「まんきりしっとくりゃーそっきゅうくらぶ」としか読めん。