nejirinbo


ネジリンボウです。
マブール島沖のシーベンチャーで会いました。私は初めてのご対面です。この時、カメラ抱えたダイバーは私一人だったので、彼の手前5㍍ほどからジリジリとほふく前進しながら1㍍手前くらいまで接近できました。
初めて会えて、そんな距離まで接近させて戴いて、しかも独占できて………。その割りには下手な写真です(泣)。

話しは変わるのですが、昨夜のことです。
ちょっと遅めの帰宅となり、小腹が空いていたのでかみさんに頂き物の柳鰈(ヤナギカレイ)の一夜干しを焼いてもらいました。
チビチビお酒を飲みながら食べていて、ハタッと気付いたのです。

みなさん、焼き魚ってどのように皿に盛りますか? 私としては頭が左、尾は右なんですが。
ちょっとネジリンボウ君に登場してもらいます。
nirji1



 こんなイメージですね。





ところが、柳鰈は頭が右(尾が左)で出てきました。

これは私としては非常に違和感あるわけでして。
なのでかみさんに「魚の頭は左って言ったっしょ!」と文句を言いました。
するとかみさんは、「そうしたら裏が表になっちゃうでしょう!」と言うのです。










!? …………。   確かに!





nirji2
だからそれを無理矢理表を出して頭を左にして皿に盛りつけるとこうなっちゃうのです。



普通の魚は右・左はあっても、裏・表なんて考えもしませんが、カレイやヒラメは右・左より裏・表です。
だから左に目が付いてるヒラメなら頭を左で皿に盛っても表が出ますが、右に目が付いてるカレイは裏になっちゃう。つまり、皿に盛っても顔が見えないし、真っ白けな裏側から食べることになっちゃう。どうしても頭を左で表を出せば上下逆さで盛りつけなければならないワケで……。




今まで気付かなかった。



そんなことに驚きながら、大好きな縁側を小骨ごとバリボリ食べてたら、小骨が奥歯の歯と歯茎の間に刺さってしまった! とっても痛かったです。