zest仕事の関係もあって、恵比寿に行くことはけっこうあったのだけれど、その仕事先との関係が途切れてからという10年近く、恵比寿に出向くことは激減していた。
ところが先週、お客様に呼ばれて久々に恵比寿駅で下車。仕事で行っていたのとは反対側に出てみると、そこには私の知らない恵比寿があった。
なんか、とってもお洒落になっちゃったんですね、恵比寿界隈。アッチもこっちも目新しいお店ばかりで、まるでお登りさんのようにキョロキョロしてしまった。

錆びたブリキ板壁のオンボロさで目を引いたのが右写真のゼスト。他にもなんかフランスにでも来たかのようなオープンカフェがあったりと、時間があったら恵比寿探索ツアーなんかもしてみたくなった。

そして連れて行かれたお店にこれまたビックリ! 入り口は完全に民家そのもの。看板も無し。そして入ってみればこれまた見事な年代物の建物で、階段はギシギシいうし引き戸は思い切り力入れないと開けなかった なんでも昔は学生専用の下宿屋だったそうな。どうりで食事処だというのにタイル張りの共同洗面所が残っていた。
学生用下宿だから部屋はどれも四畳半か六畳で、これまた商談には都合良いわけだ。畳部屋なのがちょっと辛かったけど。

一見さんお断りのお店なんだそうで、お店の名前は伏せときます。ご興味ありましたらおごってください。私がご案内いたしますので(笑)。 

odemukae