時々、古い居酒屋や蕎麦屋で“二升五合”の文字を見かけるが、それが「ますます繁盛」の意味であるのは、ずいぶん昔に先輩から教わった。

二升=一升マスが二つで“マスマス”
五合=五合は一升(しょう)の半分だから“はんじょう”

ここまでは知っていたけど、“春夏冬中”というのもあるのだそうな。
ご存じでしたか? 冬虫夏草じゃありませんよ。

春、夏ときて冬に中。
秋が無い。→→→→→→で、あきない=商い=商い中

商いしてます。お店、開いてますよ、ってことだそうな。





ここ数日で突然、寒くなった。

まるで夏が終わり、秋を吹っ飛ばして冬が来たようだ。
秋の出番は無視されたのでしょうか?

eda2268a.jpg


でも、こんな時は紅葉が一気に進むらしい。

私は紅葉も好きだけれど、寒いのが苦手なので、桜の季節の方が好きだ。
桜の季節も実際は、寒くて夜桜見物なんてガタガタ震えているけどね。

4f4fd768.jpg
でも、やっぱり「これから冬だなぁ」と思いながら愛でる紅葉より、新年度がスタートし、街にはピカピカのランドセル背負った新入生やら新社会人が闊歩する桜の季節の方が、気分も高揚して好きだ。

まぁどちらにしても結局は両季節共に、日本人に生まれて本当に良かった、日本って綺麗だなぁ、と思えるひとときなんで好きなんだけど。

左は千葉夷隅ゴルフクラブの西№6ホール。
トヨタ自動車のカレンダーにも使用されたらしいけど、ほんまかいな? って感じだった。
天気がいまひとつだったせいかも。

その話しをしてくれたのはこのコースのキャディさんなんだけど、このコース、週刊パーゴルフでサービス№1の座を8年連続で勝ち取っているそうな。

確か近隣のゴルフ場が、ここにキャディの研修に送り込んでる…って話しを聞いたような気もする。

わたしとしては、他のゴルフ場と大差ないと感じたけど、メンバーさんには嬉しい事だろうと思う。しょせんあたしゃビジターですからね。

キャディさんが不愉快なのは論外だけど(でも実際たまにいるんだ、これが!)、ゴルファーとしてはコース自体の面白さを優先するだろうな。

中にはピチピチの若くて可愛いキャディさんだったら、芝目なんて読めなくても良いし、コースなんてどうでもいい!なんてゴルファーもいるけどネ。私の知ってる人で(笑)。