もうひと月ほどにもなってしまってるけど、ココに書こうと思っていて、それが何だったか思い出せないでいた。

老化現象、始まってるゾ!

私のパソコンはスクリーン・セーバーを「マイピクチャー・スライドショー」にしてるのだけれど、ちょっと席を外して戻ってきたらデスクトップに写真が出てきて思い出した(^_^;;;

96d6a2aa.jpg
9月にレダン島へ行った際、ベルジャヤ・エアを利用した時のことだった。
この飛行機、レダン島やティオマン島などマレーシアの離島へ飛ぶローカル線ではあるのだけれど、左の写真のごとくとても綺麗だった。

この時、外は生憎の雨模様で、トコトコと前方の指定の席に進んで窓から晴れ間は無いかと空を眺めていたら何かが動いた。

何だろうと目を凝らすと、













cf592849.jpg


お判りか?

蜘蛛です!

窓の外側に居るのだろうと思ったら、背中がこっち側を向いてる!

って事は、機内にいるってことか? と思ってつまみ出そうとしたら捕まえられない。

「つまみ出す」って、窓も開かないのに捕まえてどうやって外に出すつもりだったのだろう?

faa32cf2.jpg


そうなんです。

こいつは二重窓の間に入っていたのです。

どうしてこんな所に入ってきたのか? いったいどうやってこんな所に入れたのか? とっても興味があってしばし観察したのですが、よくワカラン。

飛行機のプロペラが回り出したら、蜘蛛も動きだして姿をくらましてしまった。

ローカル便とはいえ、少なくとも高度5~6千㍍には上がるだろうし、一気に気温も下がって-50℃くらいになっちゃうだろうし(気温差90℃だ!)、蜘蛛にとっては過酷な旅になるのだろうなぁ、なんて考えていたらレダンに到着していたのでした。