定額給付金が配布され始めました。

昨夜ニュースを見ていたら、お父さんと二人分の4万円を嬉しそうに貰って「とっても助かります。大切に使わせて戴きます」とマイクに向かって答えるおばあさんの姿がありました。

その一方で、ゴリ押しで今回の定額給付金予算を通した党の方には、
「ン10年使っている冷蔵庫を新しい物に買い換える」とか、「ウチはまだ地デジ対応じゃないのでテレビを買い換える」なんて笑顔浮かべて脳天気に話してる議員さんがいました。

食品や洗剤などの生活必需品を買えると喜ぶ人。
「計算しないで肉が買える」とスーパーで微笑む人。

片や、一時は「(高所得なのに貰うのは)さもしい」とか、「わたしは貰わない。辞退します」なんて言ってた方々が、高級家電の買い換えをするそうです。

景気浮揚が目的だそうですが、なんとも浅はかな智恵しか浮かばないのですね。

朝から晩まで休み無く働いて年間で200万円程度の年収の人々がたくさんいるのに、朝と夕方に旗を振って1日2時間程度働くだけで年収800万円以上も払っている国です、この国は。

もう今さらなんだけど、若い起業精神溢れる若者にアイディア募って、雇用喚起出来そうな優秀なプランにお金使った方が良いように思うのは私だけでしょうか?


ef28de36.jpg

上の写真はミクロネシアのチュークで出会った家族です。

この島では、ひと月$10程度で暮らしている家族がほとんどらしいです。1日ではありませんよ、ひと月です。
それでも彼らは楽しげでした。

日々を楽しく暮らせるか否かは、個人それぞれの生き方や考え方に依存しますが、せめて人が普通に暮らしていくために未来への不安だけは払拭して欲しいものです。しっかりと国の方向性を示して欲しいです。

金をばらまくしか脳のない人々が舵を握るようでは、船は何処に進むか判りません。不安でたまりません。

わたしの耳鳴り、もしかしたら原因はこっちかもしれません。