ミクロネシアの島からお客様が来日されました。

私がその島に行った際に、彼のお兄さんにすっかりお世話になったので、お返しにと日本料理を出す居酒屋で、関係者集合して宴会を開きました。

この方、検事だと聞いていたのですが本人に直接確認したところ警察官だそうです。
私が知る限りおよそ犯罪とは縁の無い島だと思ったので、「仕事はあるの?」なんて失礼な質問をぶつけてみました。
するとアッサリ「全然無いよ」。

いや~、笑って答えられちゃうと聞いたこちらがどのようなリアクションして良いか迷います(笑)。

パトカーも無いような島ですが(失礼^^;)、2台あるそうです。
本人曰く「ほとんど動いた事はないけどね」。

a996b510.jpgそんな平和な島から何で日本に来たかというと、警察の緊急連絡用ネットワークの勉強だそうです。
インターナショナルな警察のネットワークですね。日本から発信される津波警報やその他の連絡ネットワークの勉強だそうです。

彼が日本到着したその日、私の携帯電話に彼が困っているようなので連絡を入れて欲しいと電話がありました。

直ぐに宿泊先に電話したら、

「♂×☆△♀○Snow!」


最初の言葉が聞き取れなくて「雪が見たいの?」と聞いたら、


「No! No! I'm freezing!」



写真をご覧下さい。

半袖のTシャツ姿です!


日本の気候は聞いていたそうですが、南の島ではコートも防寒具も売っているわけがありません。

出迎えのバスに乗せられて宿泊施設まで来てしまったけれど、あまりの寒さに買い物にも出掛けられなかったようです。
ユニクロで廉価なフリースを買って届けましたが、ちょっとお気に召さなかったようでこの日会った際には、もっと良いダウンを着ていました(汗)。

そう言えば昨日、東京では昼過ぎにハラリハラリと雪が舞ってきたのですが、彼は気が付いてくれたでしょうか。

風邪など召さずに日本文化を堪能して帰って戴きたいものです。