ダイビングのライセンス取得の際の海洋実習は、伊豆の富戸でした。
その時にテトラポットの上に乗っかっていた釣りの仕掛けを見つけたました。実習中になんて余裕でしょう!  

なんてウソです。実習終了後のファンダイブの際に、です。

サカナはそのずっと下、テトラポットの先の砂地にいっぱいいました。
自分も釣りは好きなものだから、思わず仕掛けをサカナがいる場所まで運んであげようかと思ったのですが、万が一自分が釣られても困るので止めました。


昨年は海中で、刺し網を仕掛ける漁師さんの仕事場に潜り、その仕事っぷりをゆっくり拝見させてもらいました。

でも今まで、サカナ自体が捕獲された瞬間に遭遇したことはありませんでした。

しかし遂に先週行ったテニアンでのダイビングの際に、獲物が針に掛かかり、もがきながら海面へと引っ張られていくシーンに遭遇しました。


コレです↓



4f480d84.jpg
最初は「オッ! ナンだ? アカエイか?」なんて目を凝らしていたのですが、何だか泳ぎかたがおかしい。
あのエイ特有のヒラリヒラリとした優雅な泳ぎではなくて、陸上でヒレをバタバタとのたうっているような動きなのです。

よくよく見るとエイの前に何かくっついてる。
直ぐに釣り針に付いたエサだと気付きました。

私たちがダイビングしている間に晩ご飯のおかずを調達していたダイビング・クルーの仕業でした。

ダイビングを終えて「釣り上げたエイはどうした?」と聞いたら、
「刺身にするには大き過ぎたので逃がした」との返事。

エイが刺身で食べられるとは知らんかったです。
彼曰く美味しいそうです。





※28日(日曜)から、ココ(ドリコム)システム・ダウンで投稿が出来ず。やっと投稿出来ました。実に5日ぶりです。
引越、検討した方が良いのでしょうか?