お客様と大相撲9月場所観戦に行ってきた。
わたし個人としては相撲観戦はこれが2度目。

初めて行ったのは確か7年ほど前。国技館に一歩入った瞬間、タイムスリップしたような雰囲気に驚いた記憶があるのだけれど、今回は感じなかった。慣れなのかそれとも雰囲気そのものが変わったのか……。abb1f24d.jpg

小気味よい太鼓の音が聞こえなかったからかもしれない。

わたしは中学の頃から相撲が好きになり、一時期は結構好きな力士もいたのだけれど、ここ数年はまるで興味が無くなってテレビでも観ることがなくなってしまった。

ひいきの力士でもいればそれなりに観戦にも熱が入るのだけれど、いまでは魁皇くらいしか好きな力士がいないから、おのずと観戦よりも会話の方が優先されてしまった。周りの人達も迷惑だったかもしれないなぁ。

それでも高見盛などの人気力士が出てくれば、場内の歓声もひときわ大きくなって、関取の漫画チックな動作や表情に館内も沸く。

流石に上位三役あたりの取り組みになると、迫力も数段凄くて見栄えしたけれど、横綱・朝青龍が出てればもう少し楽しめただろうなぁ。
6c2b42a6.jpg

それにしても朝青龍は今後、どうするのだろう? 徹底してヒール役を演じてくれれば相撲ももっと面白くなるだろうと思うのだけれど、皆さんいかがか?
彼の不謹慎さはもはや治りようがないだろうから、いっそのこと相撲界きってのヒールで歴代ワーストNo.1の横綱でいれば良いと思うのだが……。

それはそうと、外国人の姿が目立った。中にはスモウ・レスラーばりの体躯の外人もいて、聞いたところによるとオーストラリアやニュージーランドのラガー・マンだったそうな。
彼らは、相撲を観てどう思ったのだろう? 「オレノブチカマシノホウガツヨイゼ!」とでも思って観ていたのだろうか?




なんだか今回は文にメリハリが無くなってしまったf(^_^;)