卓球、昆虫採集、切手収集、Uーコン、トランペット、サッカー、スキー、釣り、ギター、オートバイ・ツーリング、モトクロス、登山、ゴルフ、ダイビング……。私が夢中になった趣味の数々だ。古い順に列記してある。

小学生の頃、近所に卓球場があって週末はそこに入り浸っていた。小学校高学年になるとU?コン(ラジコンのワイヤー版)とトランペットに夢中になった。が、今では音すら出せない(^_^;;;

中学になり音楽にはまりギターを弾き出した。ビートルズの曲やブルースをコピーして部屋で歌っていた。いま考えると少々恥ずかしいが、最後の頃はかなりの腕前になっていた。そのギターと同時期にサッカー部でしごかれていた。
釣りはフナ釣りに始まってルアー(当時としてはかなり先駆的だった)、渓流、磯釣り……と殆どやったが、鮎釣りだけはやらなかった。何となく年寄りっぽくて(^_^;;;

オートバイは中学時代から無免で乗り始めていたが、放浪癖が出始めたのは大学に入ってから。ヤマハの650ccで日本をおよそ3周した。行く先々で金が無くなるとバイトを探しながら2?3ヶ月をかけて日本を走り回っていた。(まるでフーテンの虎さん、プー太郎だ)
モトクロスはその当時のバイク仲間と遊び半分で出場していたのだが、その相棒が大けがをしたのを期にプッツリと止めた。

社会人になってから登山にのめりこんだ。深田久弥の「日本百名山」を踏破するんだ! なんて意気込んでいた(結局、20山ほどしか登れなかった)。
ゴルフは現在の会社に移った際に、上司から命じられて始めた。初めは嫌々だったが、なかなか100を切れない下手くそな自分の腕前に発憤し、練習場に通い出した。ベスト・スコア82、ハーフでは35を出して満足し、練習はすっかりしなくなった。今では100前後をたたいている。

そして今はダイビングに凝っている。色々とやって来ているけど、未だに続いているのはサッカーとゴルフ、そしてダイビング。
きっと、残るのはゴルフとダイビングではないかと思っている。心情的にはゴルフよりサッカーの方が好きなのだが、流石に体力に自信が無くなってきている。サッカーとダイビングは仕事を忘れられるのがいい。釣りも登山もゴルフも、何かの拍子に仕事を思い出してしまうのが残念だ。
私には自然を満喫できるものが合っているようだ。ここ数年、登山も釣りもしばらくしていないけれど、もう少し時間(余暇)にゆとりが出来たら、きっと復活するだろうと思っている。