タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

2018年11月

お友達

umiusikakure

ムチイボナマコに乗るウミウシカクレエビ@奄美大島・赤崎

海底でナマコを見つけるとちょっと失礼して裏側などを覗かせてもらう。裏側に隠れてるお友達のエビを探すために。
手にとってクルリと裏返すと、ほとんどのナマコは身を反らす。そりゃそうだ。アタシだって同じ事やられたら気分はよろしくない。きっと噛みつきもするだろうと思うが、残念なことにナマコは噛みつけない。
裏側拝見したあとは、ちゃんと元のように戻す。しばらく観察してると、たいていのナマコがけっこうなスピードで何処かに移動していく。きっと「ココハアンゼンデナイぞ」と感じたのだろう。

逆さは辛いよ

benkei

ベンケイハゼ@奄美大島・嘉鉄

ホームページのログ掲載では画像サイズも小さいので分かりづらいかな?と、同じカットを上下逆さまにして掲っけたけど本当はこちらが正解。海中岩礁の裏側に張り付いてた。
私のカメラに装着してるビューファンダーは角度の付いていないストレートタイプ。それゆえに低い場所、特に海底に近い岩礁の裏などは海底にへばりついても撮影は難しい。
この時も岩棚と海底の間に50㎝ほどしか隙間が無いので、結局逆立ち状態で撮影した。いやはや難しいたらありゃしない。
頭を砂地に付けてなんとか身体を静止できるようにしたけど、数カット撮ったらアンダーベストの首部分が頸動脈を圧迫し続けていたのか頭がクラクラしてきた。ベンケイ君撮影後にイクジットしたけど、久々に船上で船酔い状体になっちゃった。

ホタテてシュラシュシュシュー

hotatetuno

ホタテツノハゼ@奄美大島・黒崎東

このホタテツノハゼ、お目にかかったのはこれが2度目です。初めてお会いしたのは6年前。柏島ででした。その時はほかに数名のダイバーと一緒だったので、巣穴に潜られないようかなり緊張して皆で足並み合わせるようにしてほふく前進してましたが、今回は私ひとり(かみさんもいたけど)。大胆に近寄れる状況だったのです。しかし……。とってもシャイなお方でかなりの手前で巣穴に潜り込んでしまいました。よってこのカット、トリミングしてます。

ところで………。
♪ 金毘羅船船おいてに帆立ててしゅらシュシュシュー ♪ って歌がありますが、私はつい数年前まで〝おいて〟ではなく〝お池〟だとばっかり思ってました。確かにお池帆立てて、ってのはチトおかしい。お池帆立て、ってんならわからんでもないけどね。
〝おいて〟は〝追風〟と書くそうで、これなら追い風に乗って池をシュラシュシュシュー、と進んで行くのも納得です。

ウルトラのホヤ

urutora

ウルトラマンホヤ@奄美大島・長瀬(のろで)

誰が名付けたのかウルトラマンホヤ。確かにウルトラマンに見えなくもない。
英名はWhite spotted ascidian(直訳すれば白点袋?)というらしいけど、ちゃんとした和名は付いていないみたい。俗称がそのまま和名のようになっちゃってる。
ウルトラマンが登場したのは1966年。半世紀も昔だったんだなぁ。それでもウルトラマンを知らない人はいないほどその名が知れ渡ってるってのは、その後のシリーズが長年続いたからだろう。

加計呂麻島からの帰り、古仁屋港から奄美空港に向かう途中でお昼になる。で、運転しながら何を食べようかと考え、結果、鶏飯を食べることにした。

keihan1
適量のご飯をよそって具材を乗せ鶏ガラ出汁のスープをかけていただきます。

keihan2
たいへん美味しゅうございました。

ガッタガタ

yaseamadai

ヤセアマダ@加計呂麻島・呑ノ浦

行ってきました、加計呂麻島! いや~、ホント自然以外に何も無いところでした。そして何もかもがユルイ。緩いって漢字で書いた方が分かりやすいかな。なんもかんもノ~ンビリ、でした。ニンゲン本来の生活リズムがコレなんだろなぁ~って思いました。今週末にでも写真の整理してウェッブに旅行記アップしようかと思っとります。

アマダイの仲間ってけっこう深いところに居ると認識してたんですが、こいつは水深25㍍ほどで会いました。このポイントはハゼも多く、左端にミナミダテハゼらしきのも写り込んでますが、この水深でヤシャハゼやホタテツノハゼにも会えました。
しかし……、寒かったぁ~。水温は24℃ほど。渡航直前まで5㎜にするかロクハンにするか迷い、結局ウェイト重いの嫌なので5㎜にしたんだけどインナーベスト着ないとガタガタ震えました。イクジットして太陽が出ていればなんとか大丈夫なんだけど、2日目は生憎の小雨模様。もうボートの上でガッタガタでした。昔はこの程度の水温だったら5㎜で楽勝だったのに、加齢と共に身体の発熱量が少なくなってるの、痛感しました。

ハギにハギ

sudarekawahagi

スダレカワハギ@マクタン島・タリマ

ラジアルファイルフィッシュが英名だそうです。ちょっと目を離すとアワサンゴに紛れてどこにいるのか分からなくなっちゃいます。ニンジャのようなおさかな。

してこちらも登場させちゃいましょう。

IMG_4602
アミメハギ幼魚@マクタン島・タリマ

目がお尻にもあるみたい。

この前のセブ島、レンズは100ミリマクロを使ったんだけどこんな写真撮るなら60ミリの方が使い勝っては良いですな。今週末、今年の潜り納めに行こうと思っとるんだけど60ミリ持ってくことにします。

ヨコシマ君の憂鬱

IMG_4856

ヨコシマエビon コブヒトデ@マクタン島・ヤス

よほどヒマで時間持て余してるときでない限りゴルフ中継は観ないんだけど、昨日のVISA太平洋マスターズは松山英樹も出場するし、なんといっても今週お客さんと一緒にラウンドするんでテレビ観戦した。最終ホールのどんでん返し、凄かったねぇ~。さすが何度もドラマを見せてくれるコースだけありました。
あのコース(太平洋クラブ御殿場コース)はこれまでに数回ラウンドしたことあるんだけど、それでなくても難しいコースなのに更にコースレイアウトを一部変更してもっと難しくなってた。しかし、それはプロにとってであって、アタシのようなヘタッピにはどっちにしても結果は一緒……、だと思う。さて、その結果はどうなることやら?

このヨコシマエビ君、何処かから拉致されてこのコブヒトデの上に連れられてきた。しかし、ここに居るのが嫌なのか、凄い早さで逃げよる。逃げては戻され、逃げては戻されを何度もやられて数カット撮った。
ヨコシマエビくん、ゴメンよぅ。ストレス、ハンパなかっただろうね。
ちなみにこのヤスというポイント名は、別のショップさんではアナポグと呼んでる。それぞれ命名の意味を知りたいなぁ。

異次元の人々

hadakahaokoze

ハダカハオコゼ@マクタン島・ヤス

向こう側からスポットライト当ててもらってのワンカット。ハダカハオコゼの透け透け感がバッチリ出ました。

先週末、軽井沢のリゾート会員権をお持ちの方に誘われ、軽井沢まで行ってきました。自分は別荘であるなら山小屋の方が良いかも。でも行くたんびに掃除が大変だろうから、仮に「あげるよ」と言われてもご辞退するだろうなぁ。
その軽井沢からの帰り。ちょっと早めに帰路に着いたら碓氷峠は軽井沢に向かうと思わしき人々の車で大渋滞。しかもその車が高級車ばかり。そしてもっと驚いたのが、ポルシェが2台連なってるからしげしげと見たら、そのドライバーは二人とも有閑マダム風のご婦人。また良いエキゾーストサウンド響かせてる車が来たからよくよく観たら、車はGTR、ドライバーは白髪の御老人。

やはり軽井沢という街に集うのは次元の違う人々のようです。

asama
上の写真は軽井沢プリンスゴルフコース・北コースのNo.7ホール。雲一つ無い空に浅間山がくっきり。ン?右端に見える白いモノは? タバコの煙か? 雲ではない…と思いたい。

ギャラリー
  • ラジャアンパット その8
  • ラジャアンパット その8
  • ラジャアンパット その8
  • ラジャアンパット その7
  • ラジャアンパット その7
  • ラジャアンパット その6
  • ラジャアンパット その6
  • ラジャアンパット その6
  • ラジャアンパット その6
  • ラジャアンパット その5
  • ラジャアンパット その5
  • ラジャアンパット その4
  • ラジャアンパット その4
  • ラジャアンパット その3
  • ラジャアンパット その3
  • ラジャアンパット その2
  • ラジャアンパット その2
  • ラジャアンパット その1
  • ラジャアンパット その1
  • 情報漏洩
  • 砂蒸し
  • 近寄り難し
  • すたこらさっさ
  • 北緯40度
  • 北緯40度
  • 北緯40度
  • ペアの目的
  • ペアの目的
  • 罪作り
  • エイプリルフール
  • レアもの?
  • レアもの?
  • ゴミのようなエビ
  • 斜め45度のコツ
  • アニラオ
  • アニラオ
  • アニラオ
  • 詰まったらドースル?
  • 路上のゴミ
  • 間に合うのか!
プロフィール

タカラガイ

メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ