タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

2016年11月

ニゴニゴ真っ黒リゾート

goetu

シマカスリハゼとカスリハゼ@バリ島テムトラン・グラスハウス

30年も暮らしていれば家もガタが出てきます。我が家のサッシは開閉にかなり力を必要とするようになったし、風呂場はタイルにひび割れが出てきました。私の体重に負けてベッドも中央部にタワミが出ています。
先週末、ベッドの買い換えとお風呂のリフォームを決めました。年内にはゆったりとバスタイムを楽しみ、心地よい眠りで毎朝を迎えられそうです。

ドイツ人だかオランダ人だかが立てたというガラス張りの家が並ぶリゾート地のポイントです。小洒落たホテルもありました。バリ島では少ない砂浜のあるリゾート地ですが、砂は黒。ちっともリゾートっぽさ、ありません。潜ったら透明度は3㍍ほどのニゴニゴ。何度もバディ見失いました。ファインダーばかり覗いているからです。バディの方は私を見失うこと、無かったそうですが。

ちなみにこのポイントはハゼが種類も数も多いのですが、どうも居候するテッポウエビが不足してるようでした。2匹一緒の巣穴が多かったです。我が家のリフォームも職人さん次第でもっと早く完成するはずなんですが。

寒暖差30度!

IMG_8700

二日間お休みもらってバリ島北西部のムンジャンガンで今年の潜り納めをしてきました。
上の写真が宿泊し利用したダイビングショップからの景色です。iPhoneのパノラマ撮影したものを使用してみましたが、どんな風にアップされるのか、この後がちょっと興味津々です。

IMG_8715
滞在中は最終日を除いて連日晴天の風も穏やかな好条件で潜ることが出来ました。昨日、と言っても今日なのですが深夜12:50デンパサール発のガルーダ機で成田に戻りました。しかし帰京したら雪なのでビックリポン(゚ロ゚)。気温も2℃だというので更にビックリ。まぁ、雪が舞ってるんですから気温が低いのは当然なんですけど、何せ7時間前までは気温30℃オーバーの国にいたので流石に寒さが堪えました。だって出国時に着ていたのはシャツにフリースだけですから。スカイライナーの車窓から雪景色を眺めながらそのまま会社に震えながらの直行です(泣)。

バリ島滞在最終日。ダイブショップでくつろいでいたら、目の前を重装備の兵隊さんが何人も通っていきました。まだあどけない顔立ちの、見た目10代と思わしき少年の姿もありました。
IMG_8734
〝その日〟の為の訓練なんでしょう。
年内最後の休暇をくつろぐ私と気温30℃を超す暑さの中、フル装備で行軍する若者たち。〝その日〟が来ないことが一番でしょう。しかし〝その日〟が絶対に来ないとは、どこの国だって断言出来ないことです。日本がこうならないことを願いますが、今のままで果たしてこの日本を守ることが出来るのか心配でもあります。

多くの日本人が果たしてどこまで真剣に防衛の事を考えているのか。少なくともアメリカは日本国民を守るために戦うことはしないでしょう。アメリカの国益を損なうと考えた時に日本を守ってくれるのでしょう。日本人とアメリカ人の意識差は、今日わたしが体験した気温差ほどもあるような気がしてなりません。


ロケット

所属する会の視察旅行で、名古屋三菱重工のロケット製造部門と種子島にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)を視察してきました。
三菱重工の方は、かなり機密事項に関わる施設を見せて頂いたのですが、それゆえに写真はありません。しかし、しっかりと目に焼き付けてきましたので、もしロケットエンジン製造したい方がいらっしゃいましたら私を雇ってください。ただし、早くしないと忘れちゃいますよ。

IMG_8636
上の写真、左にある白いビルのような建物がロケットの格納庫で、右端に立っている4本の赤白鉄塔がそれぞれ第一、第二射点(発射台)です。格納庫には来月発射予定のロケットがすでに格納されているので見学できませんでした。

種子島JAXAは世界で一番美しいロケット発射場と言われるとおり、とても美しい岬にあります。
IMG_8656
数字だけではピンと来ないとは思いますが、敷地面積は970万平方㎞という広大なものです。その一角にはロケットのレプリカもありますが(上の写真)、別棟の倉庫には本物のロケットも展示されていました。

IMG_8643
よほどロケットに興味でも無い限り、種子島まで行く人は少ないだろうと思っていたのですが、本物のロケットの巨大さと、その発射の際の映像と音を見聞きさせられたら来月12月9日に予定されている〝こうのとり〟の発射を見に行きたくなりました。

ちなみに種子島では新幹線や航空チケットと一緒にロケット乗車券も販売していました! これを購入すれば貴方も宇宙飛行士の仲間入りです!
IMG_8633

嘘です。ここで売っているロケットとは船(高速水中翼船)の名前です。

ツンツン

IMG_5060

ヤリカタギyg@奄美大島・ハナゴイ

決して悪いことをしたわけではないのですが、北陸の地方新聞に私の名前が載ったようです。それを見たその地方の住人から、かみさん宛に「頑張ったねェ~」とLINEメッセージが届いたようです。
嬉しいような恥ずかしいようなビミョ~な気分です。

ヤリカタギのベイビィです。背ビレのツンツンさがこの子の正確を表してるように、すばしっこいったらありません。

東北へ

先週末から昨日まで、2泊3日で東北を巡ってきました。
目的は植樹した桜の生育状況と、次回の桜植樹計画の確認でした。一ノ関からレンタカーで気仙沼、唐桑周辺を周り、翌日は陸前高田、釜石、山田町を訪問しました。


PB060254

釜石の橋野高炉跡周辺の山々は見事な紅葉でした。

最終日に訪れた宮古市重茂(おもえ)の重茂川ではサケの遡上も見られました。

shake

水中から撮りたかったのですが、長靴履いて川に入ったらみんな逃げていってしまいました。当たり前ですね。写真撮られに寄ってくるサケいたら見世物にして良い観光資源に出来ちゃいます。

この川流域も紅葉真っ盛りでした。

PB070291

さて本日、アメリカの第45代大統領が決まるようです。クリントンさん、トランプ氏、どちらが選ばれてもアメリカ国民には悲劇のように思われるのですが、ワタシ的にはトランプ氏が選ばれた方が日本にとっては良いように感じます。アメリカの傘下から出る(追い出される?)良い機会ではないかと思うのです。



友だち

irobudai

イロブダイyg@奄美大島・バベル

つい数ヶ月前、ほんと最近ですがイロブダイの幼魚、登場させています。「エ~ッ、またかよ!」と言われそうなので躊躇していたのですが、画像素材が枯渇してきたので出しちゃいます(汗)。しかし!このように幼魚が2匹一緒にいるっての、珍しいと思うんですよ(アタシは初めて見た)。しかもサイズが異なるから別々に生まれたんじゃないかと思うんですよね。捕食活動に差があったのかもしれんけど。
まぁ、どちらにしても珍しいシーンだと思うのでご容赦のほどをm(_ _)m

昨日(文化の日)、近所の商店街まで出たらお祭りやってました。狭い商店街の路地に出店がいっぱい出店してるもんだから歩きづらいったらなかったです。ホタテの浜焼きにビールなんかも売ってて、とても食べたかったのですが道が狭いためかテーブルどころか椅子もない。たったままホタテの浜焼きつまみにビール飲むのはかなり難しいので泣く泣く通り過ぎました。せめて小さくともテーブルくらい用意してくれれば、もう少し売り上げも伸びただろうに、と思うんですよ。

秋の高原

PA290145

伊豆へ訪れることが多い人には周知のことなんだろうけど、西伊豆の稲取にこんな素敵な高原があるとは知らなんだ。稲取細野高原。ススキの原としてはかなり有名らしい。アタシャ知らんかったわけだけど。
先々週末に会津へ秋の便りを貰いに行ったけど、ちょっと早すぎたようだったので先週末に再度秋を探しに行って来ました。
数年ぶりに箱根ターンパイク(今はTOYO TIRES ターンパイクと名前が変わった)のワインディングロードを楽しみながら箱根から芦ノ湖の紅葉をちょこっと愛で、そこから伊豆スカイラインを抜けて天城高原、熱川を経由して稲取へ。

相変わらず東名高速の海老名周辺で渋滞に巻き込まれたけど、それ以外はスイスイで楽しいドライブ満喫しました。
若い頃はFR車で後輪流しながらコーナーリングしたりしてたけど、もう年だからそんな事やりません。フルタイム四駆車でノ~ンビリ・ドライブ。そんな運転してなきゃ景色も楽しめませんから。

ギャラリー
  • 飛ぶか泳ぐか、それとも這うか
  • ホストが主役か?
  • 籠もる
  • 約束の海
  • 受動喫煙、児童喫煙
  • 粋な演出
  • プヨンプヨン
  • 冷静に見つめて
  • ジャンケンポン!
  • 命名
  • 台風一過
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 判別できず
  • 煙は何処へ
  • ヤドカリ
  • 護る者、守られる者
  • 護る者、守られる者
  • ブツブツブツ
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • チョビリーゼント
  • ハッチアウト前
  • ハッチアウト前
  • ゴルフと雷雨と雹
  • デリケートなお肌
  • デリケートなお肌
  • 黒か化粧か?
  • 黒か化粧か?
  • 画像はアンボンですが屋久島に行って来ました。
  • 海の日、山の日
  • 肌色
  • 道しるべ
  • バキッ!
  • 闖入者
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ