タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

2014年10月

言い訳

futasujiryukyu


フタスジリュウキュウスズメダイ@テニアン・ケケ。

SMバーの飲み代が経費計上されてるのが発覚し「私は行ってない」などと、どうでもいい言い訳にもならん言い訳言ったり、はたまた不明な経費計上突っ込まれて、帳簿上の数字を記載していた人間が他界したので調べようが無いだのと言い訳したりと、どうして政治家ってこうも頭が悪いんだろう? ニュースの記者会見聞いてて、思わず私の目もフタスジリュウキュウスズメダイ。

この写真を撮ったテニアンのケケというポイントは、タンク背負って潜らなくてもシュノーケリングでも充分に楽しめるポイントだった。ログには最大水深が3.3㍍、平均水深は1.0㍍と書き残されてた。それ故に、潜行開始時間17時過ぎというほとんどサンセット・ダイブのような時刻だったにもかかわらず、こんなに明かりが届いてた。

さて明日より潜りに行ってきます。場所は………。戻ってきてからご報告します。Facebookの方には現地から報告すると思いますが。

ハロウィーン

BlogPaint


先週末より我が町ではハロウィーンが始まった。私の友人がこの主催者側の幹部でもあるので、あんまりな事は書けないのだけど、正直なんでハロウィーンなのか、ようワカラン。おそらく日本全国での祭りの数を数えたら相当な数になると思うけど、そんなお祭りだらけのニッポンで、何でまた外国の祭りをやらにゃならんのか。
このハロウィーンも、もとは日本の収穫祭のようなものらしいけど、いまじゃ収穫とはまるで関係ない。むしろ収穫に感謝する目的ではなく、商店街に人を呼び込み収穫してやろうという魂胆は見え見えだ。

でも、私は嫌いではないよ。だって子供たちが魔女やコウモリ、黒猫なんかの仮装してるのって可愛いじゃん。写真のような大人が仮装しても滑稽ではあってもちっとも可愛くないけどね。しかし、なんで子泣き爺なんだ? もうここまで来ると、ハロウィーンもまるで日本古来の祭りのようだ。

宝石サンゴ

hirefurisankakuhaze
沖縄海域でサンゴを密漁していた中国船団が、沖縄海洋警察の取り締まりが厳しくて、最近では小笠原諸島沖に出没してるらしい。彼らが密漁するのは宝石サンゴと呼ばれる赤いサンゴで、物によっては数百万円もの値が付くんだそうな。

子供の頃の記憶なので定かではないのだけれど、母の実家にキラキラ光る水晶玉をまたいだ東京タワーの置物の横に、その赤いサンゴの置物もあったと記憶するのだが、もしもあれが本物だったら数十万円はしたと思う(と言うことはフェイクだな、きっと)。

一昨年、柏島に行ったとき。漁の網干し場に見慣れない網が沢山かかっていたので何の網かと聞いたら、その宝石サンゴを引っかけて採る網だと教えてくれた。サバなどの近海物漁をするより、運が良ければ網をひと流ししただけで数百万円の稼ぎになるからと、獲物を魚からサンゴに代える漁師さんが増えているんだと教えてくれた。
そのような、一発勝負的な金儲けって仕事と呼べるんだろうか。たまたま引き網漁をしていたら宝石サンゴが引っかかり、まさに漁夫の利とするのなら理解できるけど。しかし、大間のマグロ漁も一発勝負的ではあるしなぁ。

マグロの乱獲も問題だけど、いくら深海のサンゴといっても、そのサンゴを住み家にしてる魚たちだってきっと居るだろうしなぁ。小さな魚が大きな魚から身を隠す場所がなくなれば、その小さな魚もそれを狙う大きな魚にとっても困ることになるよなぁ。

写真はヒレフリサンカクハゼ@レンベ・アエルプランNo.1。
こんな小さな可愛い魚の住み家を大切にして欲しいと思うのだ。少なくとも中国の不法密猟者は海上自衛隊に追っ払って欲しいのだ。

ドッキング

dokking

先月、さくら植樹の打ち合わせで宮城県へ。早朝の東京駅ホームに出たら、別に珍しくもないけれど東北新幹線がドッキングしてたのでiPhoneでパシャリ。このドッキングした こまち はやぶさ  は仙台あたりでお別れするのかと思ってたら、盛岡だった。

この写真撮った後に、「どっかの海で同じような写真、撮ったよなぁ」と思い出してた。たまたま昨日、ちょっとヒマを持て余した時間があったのでライブラリーを探し回って、みっけた!



コレ↓

tenuu


ウミウシにはほとんどレンズを向けることがない。なんちゅうか気持ちが撮りたいモードにならんのよね。その一番の理由は撮っても名前調べるのが大変だからなのだ。ウミウシは、なんでも分かっているだけで3000種類以上もあって、まだまだ未発見、もしくは発見されていても名前が付いていないのも多いらしい。
確かに海の宝石と言われるだけあって、と~っても綺麗なのに出逢うこともあるのだけれど。で、そんなのに会った後は手持ちの図鑑では調べきれず、ネットのウミウシ図鑑を活用させて頂いてる。
写真のウミウシも私の持ってる図鑑には出てなかった。調べた結果、テヌウニシキウミウシだと思ってるのだが違っていたらどなたか教えてくだされ。

Too visible(スッケスケ)

nadesikokakure


スッケスケでタマゴも見えてるナデシコカクレエビ@ムンジャンガン・POSⅠ

もうかれこれ6年ほど昔のことだけどフィリピンのエルニドで、潜行するガイド君のフィンすら見えなくなるようなニゴニゴ海況の中で潜ったことがあった。とうぜん何度かガイド君を見失い、その頃の私はまだダイビングにゆとりなど無い頃だったから、けっこう焦ってドキドキもんのダイビングだった。
その時、ボートに戻ってガイド君が開口一番に言った言葉が「Bad visibility!」だった。「ビジビリティってナンだべ?」と、その時は理解出来なかった。私なんかついつい「Not Clear!」とか言っちゃうんだけど、それだと「明確でない」とか「明るくない」とかのニュアンスになちゃうわけで。

先日新聞読んでたら、小学生に「もしも透明人間になったら」という題で作文を書かせたんだそうな。すると「人を殺す」とか「強盗する」なんて作文書いてきた子供らがいたらしい。それでなくとも少子高齢化が進み、貴重な子供たちであるのに、なんともはや、これでは日本の将来はおぼつかぬ。

せめて私みたいに「女湯に忍び込みたい」なんて書いてくれれば………、小学生がそんなことに興味持たんか……。そういえばケビン・ベーコンの『インビジブル』でもケビン演じる透明人間は女の部屋に忍び込んで悪さしようとしてた。大人になれば考えるのは女か金かだろうけど、少なくとも「人を殺す」なんてのはよほど恨みを持ってる人間でなきゃ考えつかないだろう。
そういやぁ恨みもなく人を殺す事件が最近増えてる。なんか恐ろしい世の中になってきなぁ。

うごめく岩

海底に近づくとガイド君が何やら岩を指している。岩を見せてくれても面白くは無いから、きっと何かいるんだろうと思いながら海底近くまで潜行しても、私には何がいるのか分からない。しかしよ~く観察してたら岩が膨らんだ。

岩が膨張するってのは変だね。

岩ではなかった。

オニダルマオコゼだった@屋久島・お宮前。。

コレ↓


onidaruma

わっかるかなぁ~。わかねんだろうなぁ~。by:松鶴家千とせ。

と、千とせさんも言ってることなので、図解も入れちゃう。

onidaruma2

ちょうど脇腹にあたる部位が呼吸のたびにゆっくりと膨らんだり戻ったりしてるので分かったのだった。

ちなみにコイツ、チョ~猛毒ね。そんな浅いところには居ること無いとは思うけど、裸足で踏んづけたりしたら大騒ぎどころじゃ済みません。ヘタすりゃ死にます。
このオニダルマオコゼ、お腹プックリできっとご懐妊中なんだと思う。

ところで昨夜。テレビでマタハラの特集やってた。マタハラ、ご存じ? マタニティー・ハラスメントの略だそうな。その番組観てたら途中でアホらしくなってきてチャンネル替えてしまった。ハラスメントだと涙ながらに訴える人が何人か出てきてたけど、正直言ってアタシにはその訴えてる内容がちっともハラスメントとは思えなかったのも多かったから。
マタハラ以外にもセクハラだのパワハラだのあるけれど、それらの根本は“受け手にとって嫌なこと、精神的苦痛を与える言動”にある。確かにそれは良くないことではあるけれど、何でもかんでも“気分害すること”を十把一絡げでハラスメントだ!と騒いでるような気がしてならない。社会に出れば嫌なことなんかワンサカある。

社会的に弱く排除されやすい女性が、ハラスメントという言葉でそれを利用してるように感じる。強者、権力者は当然にして弱者を守るべきだし、まして男であるならば女を守るのが勤めであるはず。ナンチャラハラスメントがはびこるのは、その男が男の勤めを果たせなくなってるのもあるのかもしれんなぁ。

マーブル

marusodekarappa

まるでマーブルチョコまぶしたようなマルソデカラッパ@屋久島・ゼロ戦。

マーブルチョコレートのマーブルってのは、てっきり丸いことだと思ってた。しかし、チョコだけにチョコッと調べてみたら、元は大理石の意味らしい。しかしながら、おはじきやビー玉って意味もあるらしい。
子供の頃に、そのマーブルチョコレートでおはじき遊びしていて、お袋に「食べ物で遊ぶんじゃない!」と叱られたことがあった。あんな遊びたくなるような形状にしなけりゃいいんだよな。アーモンドチョコレートでおはじき遊びは出来んもんなぁ。

マーブルチョコレートは、あの筒状の箱をポンッ!と開けると色とりどりのチョコが転がり出てくるけど、このマルソデカラッパのように一色だけだったら、アーモンドチョコレートの方がいい。コロコロ出てきたのが茶色一色では夢が無い。
このマルソデカラッパのドットが何色もの色使いだったら最高だろうなぁ。

このカラッパ見るたびに、いっつも鬼ダルマを思い出してしまうんだけど、こんな可愛い子もいた。 コレ↓ 

karappa2

手ブレ写真で申し訳ないッス。

光る目

umiusi_kakureebi

私はどちらかというと霊感の強い方らしく、ときどき何かが動くような気配を感じたり、何でも無いのに背中にゾワワワッと怖気を感じたりすることがある。

先日、夜半の帰宅途中に殺気というほどでは無いのだけれど、なんか感じるところがあって横を見た。するとちょうど街灯の明かりが届かない、暗い塀の上で目が光った。ドキッとした。当然だけど。
一瞬驚いたけれど、その光る目のヌシは子猫だった。(最近、我が家の周辺には野良猫の子供たちが多い)

ウミウシカクレエビ@レンベ・TKⅢ。
闇夜に光る目は怖いけれど、もしもコイツが30㎝ほどの体躯だったりしたら、コイツの目も相当に不気味だと思う。

混同さん

Pchan


二世議員の小渕優子経済産業相が、政治資金の収支報告に疑義がもたれてるらしい。兵庫県の号泣議員といい、どうしてこうも公私混同甚だしい輩が多いのか? 仮にも国民によって選出された公僕である。その国民の税金を自分の私利私欲のために使うというその神経はどうなってるんだろ?

写真のダイバーは混同さんではない。私の友人・Pちゃんの、これが2度目らしい体験ダイビングの様子。残念ながらこの日、うねりが入っちゃてテニアン一番人気のポイントには行けなかったけれど、ここも充分に光が差し込んで綺麗だった@チャンネルリーフ。
「また潜りたいな」という声は聞かれなかったので、トライアスラーの彼がダイバーになることはおそらく無いだろうと思う。ワタシとして、まったくもって残念ではある。気の合うダイバー仲間が一人でも増えてくれれば、と願っているのだが。

スッコ~ン

nani

今日の東京はまさに台風一過の雲ひとつ無い快晴です。ビルの谷間からスッコ~ン!と抜けた青空が見渡せます。まだ時折強い風が吹きますが、昨夜はもの凄かったなぁ~。東京に来た時点での台風は、あれで弱まっていたというんだから、九州や四国地方は大変だったろうと思います。

この3連休でダイビングに行かれた方もいるでしょうが、きっと潜れなかったでしょうね。実は私もこの3連休で石垣島行きを画策していたのですが、何となく虫の知らせというか嫌な予感がしたので来月に延ばしたのでした。
先月の屋久島行きもそうでしたが、9月や10月に渡航するのはまさに運試し…って感じです。台風の心配さえ無ければ潜るには最高の季節なんですがねぇ。2011年、サイパンで台風の直撃を受けて帰国できなくなったこともありました。
潜れないってのも悔しいですが、仕事に穴を開けちゃってはイカンです。

写真は………。インドカエルウオ かな?@ムンジャンガン・バツバサル2

嫌よ、イヤ、イヤ

yanoukihosihaze

ヤノウキホシハゼ@ムンジャンガン・アンダーウォーターケイブ

先日、「ダメよ、ダメ!ダメ!」と連発するコントが面白いと、二人から耳にした。私はほとんどお笑い番組は見ないので、その存在を知るよしも無い。
しかし、同じ日に別々の場所で二人から聞かされたそのコントが、どんなに面白いのか調べてみようと思い、翌日にパソコンで検索してみた。

しかし記憶力が極端に悪くなってる私の脳みそは、パソコン・キーボードに「嫌よ、イヤ、イヤ」と打ち込んでた。
それでも当の日本エレキテル連合というコンビがヒットしてきたのには驚いた。同じような入力ミスする奴が多いってことか、はたまたGoogleの検索能力が素晴らしいってことか。

ヤノウキホシハゼのペアはちっちゃくて地味で、日本エレキテルのように笑いは取れません。

くたびれもうけ

akahosikanidamasi


アカホシカニダマシ@屋久島・タンク下。
カニの足は10本ですが、この子は8本(退化した足がもう一対あるらしいが)。

昨日、台風の影響で朝から雨だったので捨て置いていた古いパソコンのデータ消去作業に取りかかった。アッ! WindowsのXPね。
ディスクで起動させてからハードディスクを空っぽにしようとしたのに、どうやってもディスクから起動が出来ないの(泣)。ディスクで起動するとデータの修復画面になっちゃう。
結局半日以上パソコンと格闘し、データの消去は出来んかった(再泣)。どうせ外出する気にもなれない日だったから良いけど、自分の知識のなさに(再々)泣きたい気分。

やりきれん

ニャンコ目~! ヒレグロスズメダイ@屋久島・タンク下。

hiregurosuzumedai

日本では年間に16万匹もの犬や猫が殺処分されてるそうな。その多くが飼い犬、飼い猫で、飼い主不明で殺されてしまうんだとか。
東日本大震災のように、仮設住宅に住まざるを得なくて飼えなくなったり、その飼い主自身が亡くなってしまったり、福島原発でそのまま危険区域に放置され放浪してる犬猫もいた。

しかし中には「もうじゅうぶん楽しませてもらったから」と今まで飼っていた犬を殺処分場に連れてきた飼い主もいたそうな。
飼ってたペットを棄てることすら信じられんのに、それを「殺してくれ」と連れてくるだと? 絶句!

やりきれんなぁ。

人を殺すことを何とも思わん連中が連日のように報道されてる日本だ。自分が飼ってたペットを殺すことくらい何とも思わんのがいても不思議ないか。

やりきれんなぁ。

人を殺しておいてラーメン注文するその神経は、どうやって作られるのか?

やりきれんなぁ。

無抵抗の子供を殺して雑木林に棄てただと?

その子の親御さんを思うと、辛い。

どうしたんだこの日本。いったいどうしてこんなん、なっちゃったのか? 

本当にやりきれん。



メンテ

hanagonbe

ハナゴンベ@屋久島・お宮前

屋久島ダイビングの初日3本目。撮影してると突然背後からボゴボゴボゴボゴ、と大きな音が聞こえた。首をねじって後ろを見ると、ナント猛烈な泡が! オクトパスからフリーフローしてる! 砂噛みでもしたかとバンバンと手の平で叩くけど直らない。ガイド君から指示受けてオクトを咥えたけど、自分が吸うより漏れる方が断然多い。残圧計の針は見る見る減っていく。浮上開始して安全停止してるうちにシブくなってきたけど、なんとか3分を耐えて無事に浮上。
無事に浮上は出来たけど、一緒に潜ってた人たちまで連れて上がることになってしまった。本当に申し訳なかったです。オーバーホールにはちゃんと出してたけど、なんかの理由でバルブシートに傷が付いたらしい。現在ドッグ入り(修理)中。

今年2度目のエア切れだったけど、前回みたいにギリギリまで潜ってのエア切れで無いだけに悔しいし、返す返すも同行者に申し訳なかった。
ホースが破裂したらアッという間にエアー無くなっちゃうそうだけど、機材の故障は怖いなぁ。
ギャラリー
  • 歩きスマホ
  • 訳あり
  • 訳あり
  • ブナ樹林
  • 窒素切れ
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 秋の青森
  • 酒池無し肉林
  • 飛ぶか泳ぐか、それとも這うか
  • ホストが主役か?
  • 籠もる
  • 約束の海
  • 受動喫煙、児童喫煙
  • 粋な演出
  • プヨンプヨン
  • 冷静に見つめて
  • ジャンケンポン!
  • 命名
  • 台風一過
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 判別できず
  • 煙は何処へ
  • ヤドカリ
  • 護る者、守られる者
  • 護る者、守られる者
  • ブツブツブツ
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • チョビリーゼント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ