タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

2008年11月

四谷・荒木町

今週あたりから飲み会が入り始めました。
毎年恒例、師走にかけての避けては通れないセレモニーの始まりです。

030ba1bb.jpg
この前に痛風の事を書いたばかりの私としては、何とか発病することなくこの時期を乗り越えたいところであります。

昨夜は四谷の荒木町に出向きました。

むかしこの近所に私が担当するお客さんがあって、この界隈はよく飲み歩きました。
ちょっと横道の路地に入ると、昔ながらの定食屋さんや居酒屋があって、往年の風情が未だに残っています。

右の写真は、そんな昔から続く割烹料亭の一室です。
調度品の数々が歴史を物語っています。

陸軍の駐屯地が近所にあったころ、軍部の人がここで作戦会議を開くことが度々あったそうです。
真珠湾攻撃の青写真もここで作成されたのかもしれません。

右の窓からは、昔は池が見下ろせた(この部屋2階です)そうですが、隣りにマンションが建てられた際に埋められてしまったそうです。

粋な女将の気っぷの良い話しと美味しい秋田料理に酒を堪能し、日本の料亭の良さを再認識した夜でした。


今のところ、痛風が出そうな気配はありません。年内、何とか乗り切りたいと思っています。






痛風

私のこのブログを初期の頃から読んで頂いている方は、初期に比べてテーマのみならず文体も変わった事に気付かれていることと思います。b350c02e.jpg


このブログを始めた頃は、訪問者は私の少ない友人だけだろうと、その友人に向けたメッセージ的な事を書き連ねていたのです。

ところが最近では検索結果から読まれたり、私が存じ上げない方の訪問もかなり増えてきました。
ご訪問者数(閲覧回数)も日に40、多いときには100を超えることがあり我ながら驚いている次第です。

そんな訳で私的なクローズな話題や批判的な事は書かないことにしたのです。

(右の写真は本文と関係ありません。先週の出張先・木更津で撮った夕景です)


ということで、話しはガラリと変わるのですが、ときどき痛風の発作に悩まされます。
こよなく酒を愛し、美食でもあるので当然の報いと思ってます。

初めて発作が出たときはあまりの痛さに飛び上がり、もっと痛くなって涙目になりました。
後日、血液がサラサラだと発作も軽く済むことを知り、梅丹を常用しています。(こんなリンク張るくらいならアフィリエイトした方が得でしょうか?)

これを飲んでいると、仮に痛風が出ても飛び上がるほどの痛みにはなりません。

ところが先々週、しばらく飲用を中断していた後にサイパンへ旅立ってしまいました。
そして運が悪いことにカミさんが体調を崩してしまったのです。
中華料理店でエビ料理が美味しいと奨められ注文したのですが、カミさんは食欲が無く殆ど私が食べるハメになってしまったのです。

痛風には何が悪いかご存じですか?
酒ならビール、日本酒。食物では一番がアワビ、そして意外ですがカツオ、大正エビと続きます。俗に言われるモツやイクラやウニはその下のランクに入ります。

話しを戻します。
その中華料理店のエビ料理が大正エビだったのです。
ほとんどひと皿分、20尾ほどを私一人で食べてしまいました。

帰国後、久々に飛び上がるような激痛を伴う発作が出てしまいました。
足はパンパンに腫れ上がって靴を履くことすら出来ません。

スリッポン・タイプの旅行用の靴を履いて、電車の中で足を踏まれないかとビクビクしながら会社に向かいました。

カメと競争したら負けそうでした。「オーバーに言ってる」と思うでしょ?
決してそんな事は無いのですよ。

ご覧にいれましょう。







7f2230d2.jpg



まるでクリームパンです (T_T)











ヘルフリッチ

ヘルフリッチ。和名はシコンハタタテハゼです。シコンは紫紺ですね。cb09eb4c.jpg


このサカナに初めてお会いしたのは5年前。ミクロネシア・ポンペイのケーパラというポイントでした。水深39?ほどのくぼみの中の砂地にいました。
当時使用していたオリンパスのC40は、一度フラッシュを焚くとチャージするのに30秒ほどかかりました。
水深39?ですから、この水深に留まれる時間だとシャッター・チャンスは2?3回ということになります。

結局、ポンペイでは2回シャッターを切りましたがまともに写っていませんでした。
今回、サイパンでも彼女(♂かな?)を撮るチャンスがありました。ナフタンのドロップオフ、水深もほぼ同じ35?ほどでした。
今回はフラッシュではなく、ライトを点灯して撮影しました。

3カット目のシャッターを押したときに“ドンピシャ!”と感じました。
ピントは勿論、背ビレをピンッと伸ばした瞬間を捉えたと思ったのです。ところが結果はご覧のごとく………(T_T)

デコタイムも2分を切っていたので、ゆっくりと水深を上げながら再生したら、背ビレが寝ているばかりか手ぶれしてました(ガ?ン!)
もう一度戻って再撮したかったなぁ。でも再びサイパンへ行くための理由にして次回のチャンスに賭けようと思っています。

それはそうと今回のサイパンで、いつもだったら直ぐにそっぽを向かれてしまう(砂の中にもぐってしまう)奴が、結構そばまで寄らせてくれました。

コイツです↓

333bcd98.jpg


最後はあっちを向いちゃいましたが、1?近くまで寄らせてくれました。

ヘルフリッチは“彼女”と表したのに、なんでは“奴”で“コイツ”と言ったかお判りの方は、いま笑ってますよね(^_-)-☆




そうです、コイツの名前は チンアナゴ と言います。







お粗末…… m(_ _)m


















潜り納め

今年の潜り納めにとサイパンへ行って来ました。

6473cfb0.jpg


ダイビングを始めたばかりの頃、サイパンにはコンチネンタル航空の直行便が飛んでいて、それで何度か潜りに行ったことがあります。

金曜日、仕事を急いで終えて21時頃成田を飛び立つ最終便に乗り、深夜のサイパンに到着します。
サイパンと日本の時差は+1時間なので就寝は3時近くになります。数時間の睡眠をとり土曜、そして日曜日と潜って月曜の朝4時ころ出発する便で帰国してそのまま会社に直行していました。

夜討ち朝駆けの弾丸ダイビング・ツアーです。

コンチネンタルがサイパンへの直行便を廃便にしてから、とんとサイパンへは行っていませんでしたが、最近ノースウェスト航空が同じような時刻で発着する便を就航させたのです。

実に5年ぶりのサイパン・ダイビングでした。

流石に体力的にきつくなってきているので、早朝便での帰国はパスして夕刻の便で帰ってきましたが、やっぱりサイパンは安・近・短の代名詞であるだけにお手軽です。
入・出国の面倒さを無視すれば、こんなお手軽な海外は無いでしょう。今回、現地で聞いたところでは2泊3日で19,800円のツアーも出ていたそうです!

しかしながら、現地の物価が高くなってるのには少々驚きました。
ABCマートで探した缶コーヒーは$2.5です! 食事も美味しかったけど結構なお値段でした。
(高ければ美味くて当然ですね)


a0b90d96.jpg



さて。

サイパン滞在中は天候もすこぶる良くて、最高のダイビングを楽しむことが出来ました。
気が向いたらウェッブの方に詳細報告ページ、作成するかもしれません。





時計

昨日、よみうりゴルフ倶楽部でラウンドしてきました。加盟する協会の親睦コンペでした。

一昨日までのどんより寒々天気がウソのような雲ひとつ無い快晴で、半袖でプレー出来ました。
これもひとえに、私の日頃の行いの賜物と感謝しておりますm(_ _)m


a16ebc9c.jpg



それはさておき………。

「あなたにとって時計とは何ですか?」という心理テストをご存じですか?

時計、特に腕時計好きの私は即座に「メカ、もしくは機能美だな」と思い浮かべたのですが、それは時計自身のことであるので、やっぱり「日常、必要なもの、かな?」と考えたりしました。

さて。
この心理テストがどのようなものかご存じでしたか?

時計は肌身離さず身につける物なので、その答えは日頃そばにいる異性、恋人や連れ合いへの思いを表しているのだそうです。

と言うことは、私にとってかみさんは“日常、必要なもの(人)”なワケです。

当然です。面白くもない。

で、かみさんに同じ質問をしてみました。

すると、「時間を知るもの」。

バカ者! 当たり前ではないか!!!

時計で変身も出来るのはテレビ朝日の子供向け番組だけです。


時計の用途を聞いてるんじゃない、と言うと、






「そんじゃ、道具」







わたしはかみさんにとって金を運んでくる道具のようです悲しい












披露パーティー

知人の結婚披露パーティーに招かれました。

268609d0.jpg
まだあどけなさが残る新郎と初々しい新婦の姿に、ほのぼのとしました。そして、昔は自分も人からそんな風に感じられ見られていたのだなぁ、と。

私が結婚したのは彼らの年齢よりも若かった。
だからきっと、おままごとしてるように親族には映っていたのでは無いかと思うのです。わたしが彼らに感じるのと同じように。

しかしながら二人の名誉のために書き加えておきますが、少なくともあの時の私たちより彼らはしっかりしてます。特に新婦は。
きっとカカア天下の家庭が出来上がることでしょう。

ところで、ピンぼけ写真(暗かったんです!)の彼らの前、フロアーに水らしきものが見えるのが判りますか?



そうなんです。
ここはビルの6階のレストランなのですが、ナント! 室内に滝が流れていてプールもあるのです! 天井も開閉できて星空見ながら飲食できます!




b11b0bc7.jpg






若い二人の披露パーティーですから、当然ほとんどの招待客が若者なのですが、酔っぱらってプールに飛び込む輩が一人もいなかったのが不思議です。

もしも私の披露パーティーだったら、間違いなく全裸で飛び込む奴が一人や二人、必ずいたはずです。
だろ? 村川。









キングフィールズ

私がゴルフを始めたばかりの頃なので16?17年ほど昔になるけれど、NHK教育テレビでゴルフレッスン番組をやっていて(今もやってるのかな?)、その番組のエンディングが大好きでした。

千葉のキングフィールズ・ゴルフクラブで倉本昌弘が講師を勤めていたその番組のエンディングが素晴らしかったのです。

ca4beff3.jpg


朝もやの残る芝生の上をキャディバッグを担いで一人でラウンドする女性(多分、森口祐子プロ)。そしてBGMに坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』のイントロが流れるそれは本当に見事でした。

当時、河川敷コースしかラウンドしたことの無かった私は「いつかこんな綺麗なコースをまわってみたいなぁ」と、この番組を観るたびに思っていたのでした。0b5408a3.jpg


そして昨日。遂にその機会に恵まれたのです。
某スポーツ新聞社主催のコンペでした。

お天気も最高! 欲を言えばもう少し紅葉を堪能できれば更に良かったけど、やっぱり綺麗で戦略性も高い素晴らしいゴルフ場でした。

まるで何十年ぶりに初恋の人に会ったような気分でラウンドしたスコアも、久かたぶりの80台。

フカフカの緑の絨毯の上を歩きながら、私の頭の中では坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』が流れていました。

お届けしましょう。













ここで終えとけば良いのでしょうが、今回も落ちがあります。


帰路、ナビの調子がおかしくなったのです。ナビはまるで見当違いの方向を指示するので、感を頼りに走ってると高速道路が見えました。高速道路沿いにいくら走ってもインターチェンジは現れません。結局最後は山の中に迷い込み、気が付けば高速道路の施設入り口(従業員用道路)困った
高速道路は建物の向こう側です。

建物のドアをノックして開けると、そこはサービスエリアの調理場。
「東京に帰るには、私はどうすれば良いでしょう?」という私の言葉に、調理場は大爆笑となったのでした。








親といえども…

場所や時間などの詳細を書くことはためらわれる内容なので、その点は省かせて頂きますが、昨日、救急車を呼ぶ騒ぎがありました。
子供が後頭部を強打し、しかも顔色が悪くなってきたので救急車を呼んだということでした。
幸い子供に大きな怪我や異常はなく、病院からその日のうちに自宅へ戻れたと聞きホッとしました。

わたしはてっきり子供自身が柵か木から落ちたのかと思っていたら、どうやら抱っこしていたお母さんがけつまずき、子供を落としてしまったというのです。

それにしても自分の子供を落としてしまったお母さんは、さぞや心配だったろうし自責の念にさいなまれていたに違いありません。

「俺だったらきっと、けつまずいた瞬間に身体を反転して自分がコンクリートに強打されても自分の子供は守ろうとするだろうなぁ」なんてかみさんに話していたら、彼女はその時になると出来ないものだよ、と言います。

確かに寄る年波で反射神経も鈍ってきてるし、身体を反転させるだけの筋力もだいぶ衰えて来ています。
「確かにそうかもしれないね」と言うと、うちのかみさんはその昔、子供を連れて散歩してた際に大きな犬が寄ってきたので子供を、しかも次男坊を犬の方に押しやったんだそうです!
犬が大嫌いなかみさん、母性吹っ飛んでしまってます!


するとその大きな犬が近づいてきて………、




ペロリ!



と愚息の尻を舐めたのだそうです。

顔ではありません。 おしり です!


夕飯食べながら大口開けて笑っていましたが、ペロリではなくて ガブリ! だったら離婚騒動に発展していたかもしれません。


いえいえ、親といえどもとっさの時には意外と対応できないものだ、というお話しです。








ギャラリー
  • 飛ぶか泳ぐか、それとも這うか
  • ホストが主役か?
  • 籠もる
  • 約束の海
  • 受動喫煙、児童喫煙
  • 粋な演出
  • プヨンプヨン
  • 冷静に見つめて
  • ジャンケンポン!
  • 命名
  • 台風一過
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 判別できず
  • 煙は何処へ
  • ヤドカリ
  • 護る者、守られる者
  • 護る者、守られる者
  • ブツブツブツ
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • チョビリーゼント
  • ハッチアウト前
  • ハッチアウト前
  • ゴルフと雷雨と雹
  • デリケートなお肌
  • デリケートなお肌
  • 黒か化粧か?
  • 黒か化粧か?
  • 画像はアンボンですが屋久島に行って来ました。
  • 海の日、山の日
  • 肌色
  • 道しるべ
  • バキッ!
  • 闖入者
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ