タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

甚兵衛

P3210790

ジンベエザメ with タカラガイ@セブ島・オスロブ

ジンベエザメとタカラガイ、ランデブーの図です。一緒に行ったガイドさんに撮ってもらいました。

さて。かみさんが友だちから教えてもらったというダイビングショップさんですが、この世界ではかなり有名な方が経営されてるショップでした。私たちが到着した日は10人ほどのゲストがすでにいて、皆さん常連さん。しかもダイブ本数1000本以上のベテランさんばかり。しかもほぼ全員カメラ派。ダイブボートの上に並ぶカメラだけでフィリピンの豪邸が一軒、楽に買えるほどの機材が並びました。そんなショップさんですから、確かに居心地もガイディングも良かったです。

で、写真の説明。何日目かの夜の食事時にジンベエ・ツアーの話しが出て、アタシが「だって餌付けしてんでしょ?」と言ったら、「餌は確かに撒いてはいるけど、あそこには約200頭ものジンベエが来ることが確認されてるんだよ。しかも中にはグルッとオーストラリ方面まで行ってから戻ってくるのもいる」とこの道の研究者でもあるオーナーさん。つまりは餌付けでジンベエ呼んでるワケではないとの事らしい。
ではモノは試しに行ってみっか、となったワケなんだけど、朝が早いのよね。出発はなんと4時! ニワトリだってまだ目覚めておりませんよ、そんな時間。
まだ夜ぢゃないかという町中をひたすらすっ飛ばして3時間。やっと到着した海は快晴のベタ凪でした。

P3210758
昇る太陽の左側、水平線のあたりにポツポツ見えてるのはシュノーケラーたちのボート。こんな早朝なのにすでに100人ほどの観光客が水面からジンベエを見ようと集まって来てた。でもダイバーはこの時点でまだ私たち2名だけ。

ビーチからエッチラオッチラ、そのシュノーケラーたちが乗るボート下まで泳いでく。そこで餌を撒いてるわけね。ここに来る客の大半がジンベエ目当てだろうけど、水中は撒かれたジンベエの餌を目当てにキツネフエフキダイの群れやでっかいロウニンアジ、ウメイロモドキの群れもたくさん。それだけでも楽しかったけど、現れたジンベエのデカいことデカいこと。沖縄の美ら海水族館で見たジンベエの優に3倍はある体躯。サイズだけならサメというよりもはやクジラ。上の写真のジンベエはまだほんの子供。
P3210816
何度も行きたいとは思わないけど、一度は潜ってみるべきポイントだと思う。マンツーで案内してくれたガイド君に英語で「何度も潜ってたら飽きちゃうでしょ?」と聞いたら、「その度に違うジンベエに会えるし出会い方もいろいろだからいつも興奮する」とのこと。ジンベエが、というより海がとても好きなんだろうなぁ。

ちびっ子

miyaketeguri

ミヤケテグリの赤ちゃん@トランベン

今週末より今年初の潜りに行きます。行き先はセブ島。セブ島はもう何度も行ってるし、前回行ったとき、と言っても7年も前ですが、お隣の半島南側の方々が大挙して来ていて、あまりのうるささとマナーの悪さに辟易し、「もうセブには絶対来んゾ~!」と雄叫び上げていたのに、………再訪です。
なんで再訪するかというとバディ(かみさん)の友だちが「セブにと~っても素敵なダイビングショップがあるのヨ~」と教えてくれたとかで、行くことになったのです。(今日はヤケにセンテンスが長く、うまく文章がまとまらんなぁ)
そのお店、何が素敵なのかアタシは知らんのですが、まぁきっと色んなサカナ見せてくれるんでしょう。楽しみだなぁ~。
戻りましたら早速ご報告させていただきます。

波立つ心

PB150009

この写真は私のホームページのトップに入っているカットの片割れです。2008年11月、サイパンで撮りました。この日のことはなぜだかあまり覚えていません。まぁ、10年も前の事ですから覚えてる方が難しいとは思いますが。
先週よりトラブル続きです。そのトラブルもダチョウ倶楽部じゃないけれど、「そんなこと聞いてないよ~」的な話しを締め切り間際に言われるなど、もう散々。なんか上手く誤魔化されたというか、コチラが知らない事に付け込まれた感が否めません。先週末より平静心が保てないでいます。心がザラザラとしたままです。
こんな事はサッサとケリつけて忘れちゃうのが一番だと、頭では理解してるのですが心が許してくれません。

PB150020
プールよりも波穏やかなべた凪。こんな海に潜りたい気分です。

継続

昨夜は久しぶりにライブ鑑賞。それもダンス。正直言ってダンスに特に興味は無いのだけれど、私の古くからの友人が出演するとあっては観に行かねばならぬ。
ダンスに興味は無いとは書いたけど、あの自分の身体だけを使って行う極限の肉体表現は、やはり見ていて圧倒される。重力や関節が無いのではないかと思われるような肉体表現は、自分には「到底ムリ!」なだけに凄いなぁ、といつも感じる。

さて、その友人。もうすぐ還暦を迎える。さすがに60になる年齢で見せられるもの(技)は、限られてきた感が否めないけど、それでも凄かった。

dance
衰えていく肉体を鍛え、その中で出来る限りの表現をする。それで良いのだと思う。要は何を表現するか、なのだから。
しかし正直言って今回のこの8組が演じたダンスフェスティバル、踊り自体は素晴らしかったけど何を表現したいのか理解できない作品の方が多かった。そうなってしまっては、詰まるところダンサーの自己満足でしかない。「眠くて困っちゃった」ととなりに座ったおばあさんがポツリ。きっとお孫さんでも出演しているのだろう。そうであれば他の出演者の自己満足な作品などは何が何だかサッパリ分からんだろうと思う。

今回、私の友人とは別の作品で彼の息子も出ていた。親子でこのような世界を共有出来るって、そうそう無いだろうと思う。羨ましいことだ。
舞台が終わってエントランスで彼が出てくるのを待った。
「これからも無理しないで続けていこうと思ってる」と彼。
そうさ、継続こそ力なり。

さて私の力は何だ? このブログか? それはちょっと嫌だ。

出っ歯

P5021776

カンムリブダイ@アポリーフ

私の前歯はかなり摩耗してる。歯医者さん曰く、どうやら私が物を噛むときにラクダのように上下の歯を左右に動かすように咀嚼しているかららしい。自分としてはそんなつもりはサラサラ無いのだが。何にしても前歯が、特に上の前歯が磨り減ってることには間違いない。

ブダイはその強靱な前歯で貝類や珊瑚をバリバリと噛み砕いて食する。アタシはそんな堅いものなんか食べてはいないし、そもそも噛み砕くことなんか出来るワケが無い。
堅い物しか食べていないブダイの前歯は、どうして摩耗しないのか? 私もそんな丈夫な前歯が欲しいなぁ。こんな出っ歯にはなりたくないけど。

アニバーサリー

kuroyurihaze
クロユリハゼ@トランベン

そのフォルムを含めたデザインといいシンプルな色合いも、私はこのハゼ好きです。

ところで毎度のことですが、話しは飛びます。
昨日は我が家の結婚記念日でした。で、これまた毎年のことですが毎度毎度かみさんがお店を予約します。まぁ、このクロユリハゼのようにアタシが後ろからかみさんについて行ってお勘定だけは払わせられるワケです。で、昨夜はミシュランの★を頂いたというお店でした。財布、だいぶ軽くなりました。

この店の店主は料理の鉄人で名を知られるようになった坂井宏行氏や陳建一氏とも交友があるらしく、「彼らも5万円ほど払えば★貰えるのにねぇ」なんて冗談言いながら料理を出してくれた。
ミシュランから貰った★は一つらしいけど、私は二つあげちゃう。

ところでオンナってのは、どうして誕生日だの結婚記念日だのが好きなんだろ? アタシなんか、下手すりゃ自分の誕生日すら忘れてることあるんだが、かみさんのそれや結婚記念日なんかを忘れてると大変な事になる。
実は昨夜も最初のグラスが運ばれてきたときに、つい「誕生日オメデト~!」と言ってしまい、それ以降しばらく無言の食事が続いたのだった。無言はいつものことで我が家としては大した問題ではないのだが、店主は大いに気を遣ってくれ、むしろその方が申し訳ない夜だったのだった。

無言でモグモグやってても、お互いにそれがフツーなんでそれなりに楽しい食事なのだが。
IMG_9043

サロンパスかトクホンか

sumire

スミレナガハナダイ@フィリピン・アニラオ

個人的な借金はしてないのだが、一昨日から首が回らない。寝違えたのだ。寝違えたり何かの拍子で筋が痛くなったりしたときには、痛くなる方にギリギリまでヒネって(回して)止め、部位を固定した状態でその逆方向に目一杯力を入れると良い。………。例えば、今回の私の首の場合、右に顔を向けることが出来ないので、出来るところまで右に顔を向け両手で頭をギュッと押さえて動かないようにし、左に顔を思いっきり向けるワケだ。

やった。やってみた。だが少しは楽になったが直らん。
スミレナガハナダイ君、その湿布を譲ってくれんか?

売り切れ

IMG_3098

メタリックシュリンプゴビー@バリ島・トランベン

寒さも少し緩んできて、目覚めの洗顔で卒倒することもなくなってきました。昨日も、この時期にしては暖かな小春日和でした。こうなってくるとボチボチ何処かに潜りに行きたくなります。………って、もう決めてあるんですけどね(^^;)

一昨日の土曜日。マイバディは何処かに出かけてしまって独りだったので、地元の定食屋に昼メシ食べに行きました。そのお店はまだ入ったこと、無かったんですが表に出されていたメニューの〝牡蠣フライ&生姜焼き〟定食が目にとまったので入ることにしました。しかし、ちょうどお昼時と重なって待ち客数名。いつもなら並んでまで食すことなんかしないのだけど、いま地元は梅祭り真っ最中なのでどのお店も似たようなものだろうと諦めて待つことにしました。
待つことおよそ20分。やっと席が空いて座ることができ、お茶が運ばれてきて注文を…となりました。ところがお店のお姉さん、お茶をテーブルに置くなり「牡蠣フライ&生姜焼きは売り切れです」。
このたわけもん! だったら表の看板メニューも消しとけっちゅうの! 他のメニューに切り替えようかと思ったけど、食べたいものが無いので結局他店へ。
やっとお腹を満たすことができたのは2時過ぎでした

nichirindate
ニチリンダテハゼ@ムンジャンガン・マングローブポイント

ACミランのロナウジーニョが得意だったノールックパス。例えば右にいる味方にパスを出す際に敢えて左に顔を向けてボールを蹴るわけですな。すると敵は顔の向いた方向にディフェンスしようとするから、まんまと相手ディフェンスを欺いてパスを出せる。
これを私が週末に行ってるサッカーチームでやる奴がいる。味方といえども受ける方も、顔があっち向いてるからよもや自分にパスは無いだろうと思ってるところにボールが飛んでくるから慌てることこの上ない。味方も欺いてどうすねん。
それでもロナウジーニョクラスになるとそのパスは正確だから、アワ食ってもちゃんと自分の足元にボールが来ちゃうんだろうな。見ていなくとも的を射るようなパスが出せちゃうって凄いと思わん? 目をつぶってもシュート打てるんとちゃう?

ところでなんでニチリンダテハゼの背ビレは、こんな「打つならココ!」みたいに的のような紋様があるんだろ?

♪梅は~咲いたか~、桜はまだかいな~♪

一昨日の日曜日。朝起きて雨戸を開けたら雲一つ無い快晴。こんな日に家でくすぶってるのはもったいない! ということで地元で開催中の梅祭りに行って来た。

IMG_6071

IMG_6074

IMG_6079

IMG_6087

昼前のそれもかなり早い時間に行ったにもかかわらず、もの凄い人出。そりゃそうだよなぁ~。こんな良い天気だものなぁ~。なんて思いながら人混み掻き分けグルリと廻って来た。
今年は暖冬のせいか(太平洋側)、例年より開花が早いような気がした。ここに植樹されている梅は種類が多いので、ひと月ほどは何かしらの梅の花を愛でることが出来るのが嬉しい。桜はあっという間に散ってしまうからなぁ。ワタシ的にはその儚さが好きだけど。

出店もあって焼きそばやコロッケ、甘酒や梅の盆栽なんかも売られてる。出店周辺にも珍しい梅の木があって花開いていたので香りを楽しもうとしたけれど、焼きそばの匂いしかせんかった

しばらくプラプラしていたら、お昼前だというのに銀座の~、恋の~、も~のが~たり~ と、ちょっと音程のズレた歌声が。
おじいちゃんとおばあちゃんが朝っぱらから銀恋デュエットしっとった。司会者曰く、ご夫婦ではなくご近所さん同士だそうな。今どき珍しい光景です。
IMG_9014
ちなみに上の写真はデュエット終了後の演目、詩吟。聴衆は当然っちゃあ当然だけど、ご高齢者ばかり。周辺では小さな子供たちが梅の花などには目もくれずに遊び、走り回ってる。

世田谷、ホント良い町です。



軍艦島

IMG_3619
長崎県の端島、通称・軍艦島です。昨年の2月に行きました。
この軍艦島を舞台に、強制労働させられ毎日地獄ような生活を強いられ、そして最後はアルカトラズからの脱出バリの脱出劇描いた映画が韓国で製作されたようですね。
あの慰安婦像もそうだけど、どうして韓国ってこのような日本人の嫌韓感情を増長させるようなことするんでしょ? 相手の感情高ぶらせても損するだけなのになぁ。
 
まぁ、従軍慰安婦にしても、この軍艦島にしても、かつて韓国は日本の植民地であったのだから強制連行され慰安行為や労働を強要されたであろうことは想像に難くはありません(慰安婦に関しては高給だったゆえに自ら志願してきた女性もいたと聞き及びます)。
しかし、古傷のカサブタを無理矢理剥ぐように過去を蒸し返して何の得があるんでしょう? 日本においてもシベリア抑留だったりアメリカの原爆投下だったり、過去に色々あったけれど、そんな事より未来、明日の事の方が大事と知ってるから蒸し返すようなバカなことはしない。

友だちは一人でも多い方が良いのになぁ。なんで友だちを捨てるようなこと、するのかなぁ?

インフルエンザ

IMG_8961

数日前、地下鉄待っていたら反対側のホームにクレヨンしんちゃん車両が入線してきました。写メ撮ってるの私だけだったから、きっと皆さんご存じなんでしょうね。

それはそうと、今朝テレビ観てたらインフルエンザが流行りだしてるって話題やってまして、しかも2度罹る人もいるんだそうな。インフルエンザって一度罹ると免疫が出来てその年はもう罹らない…って聞いたことあったと思うんだけど。
なんでも一度罹患しても免疫が出来ないことあるそうで、そもそもその年に流行するインフルエンザも1種類だけではないらしいです。ってぇことは………、

予防接種の意味ないじゃん!

まぁ、私はもうかれこれ20年近く予防接種してないんですけどね。なんかあの予防接種には何か裏があるような気がしてならんのですよ。だって作るのに何ヶ月もかかるらしいけど、その年にどんなインフルエンザが流行るのかなんて分かるワケ、ないですもんね。流行しだしてから作ったって間に合わないしね。

うがいに手洗い、そして出来るなら歯間ブラシも使っての歯磨きで予防するのが一番と思うんですよ。

上昇

sebire

セビレハゼ@バリ島・V3

先週末、真冬にしては暖かな陽気のもと、ボール蹴りが出来ました。そしてその翌日の日曜(昨日です)、ますます小春日和みたいな暖かさで、近くの公園まで走りに行ったのですがすぐに汗みずくになっちゃいました。
そして今日。コート要らない暖かさです! 夜は寒くなるというのでハーフコート着て家を出たのですが、電車に乗ったらこれまた汗ダラダラ。コートも上着も要らないほどです。
なんか1月にしては40数年ぶりの気温だそうですが、温暖化の影響じゃないかと思うんですよね。きっと日本を取り巻く海域の水温も高いだろうから、これからきっとあるだろうドカ雪が心配です。老体に雪掻きは堪えます。

前々前回だったか、この娘ではないですが別の彼女の正面顔登場させましたが、彼女たちからやはりチャームポイントの背ビレを見てもらいたいとお小言いただきました。可愛い娘たちのリクエストに応えなくては男が廃る…ってもんなので再登場です。
しかし日本周辺海域の海水温もこの娘のセビレのようにどんどん上昇しちゃって、日本でもこんな可愛いハゼが観られるようになっちゃうのかしら。ウ~ム。ウムムムム。ちょっとそそられるけど、それはやっぱり嬉しくはないなぁ。



シッポよりお顔

segment

セグメントブレニー@バリ島・カクレネナンネンモ

からだの赤い紋様が可愛いハゼの仲間だけど、こんなひょうきん顔されると身体がボケても正面顔でいいじゃん! なんて思いません?(自己満足!という声も聞こえたような気がする)

それはそうと、最近のメディアはやたらアメリカの新大統領トランプさんの事ばかり報道してますな。まぁ、あれだけ面白いこと連発で言ってくれればネタに事欠かないワケですが。
彼がちょこっと何か発言するたびに株価も跳ね上がっちゃって、面白い通り越して不思議です。日本の一部の企業や中国などは、彼の言動にビクビクしてるようですが、アタシ的にはそんなにビクつく必要無いと思うんですよね。
彼が掲げる〝アメリカ・ファースト〟が仮に実現出来たとするなら、それはそれで他国も少なからず恩恵受けるとも思うけど、きっと出来ないでしょうね。だって彼の言ってること、メキシコ国境に造るという壁を除けばすべて数十年前のアメリカの姿ですよ。過去に戻りたいのですかね?

セグメントブレニー君は決してシッポを隠すような事はしないけど、彼はきっとそんなに遠くない時点で隠してるシッポ、見せちゃうような気がするのですよ(馬脚を現す、という意味ね)。

史跡

昨日、久しぶりに仕入れ先に挨拶に行った。駅を降りてその街があまりに変容してるのにビックリ! 久しぶりと書き出したけど思い返すに10年ぶりくらいの再訪だと思う。

そもそも駅の出口からして様変わりしていて、改札からどっちの出口を出れば良いのかも思い出せなかった。
面会を終え時間も余ったので、せっかくだからどんなに変わってしまったのか、ちょっと周囲を彷徨してみた。そしたら、変わった物を発見。

コレ↓

kyobasi

まぁ、知ってる人は分かるんだろうけど、


きやうはー って何やねん!


降りた駅が京橋駅だから、ひょっとして〝きょうはし〟か? すぐに分かったけど、よくよく周囲を見たら、すぐ横に説明書きの看板もあった。
これは日本橋と同じくらいの時期に建設された橋の親柱だそうな。

周囲は昔の面影どこにも無く、洒落た高層ビルが建ち並ぶ街に変貌しちゃったけれど、高速道路の下の片隅にこんなのが残されてた。
なんかちょっと空しかったなぁ~。



チャームポイント

sebirehaze2

セビレハゼ@バリ島・V3

たとえば八重歯だったりえくぼだったり、その人物の特徴というかチャームポイントといえるものがあります。その存在が、当の本人には有り難くないものであっても他人には可愛いワンポイントとなることが多いです。
まぁ中にはその逆で、本人がチャームポイントと思っていても、他人にはちっともそうとは思えないこともあります。
たとえば本人は「〝ぽっちゃり〟で可愛いでしょ?」と思っているようても、私の目にはデブにしか見えない! なんてことも多々あります。またその逆で、本人はデブと思い必死にダイエットしようとしていても、私にはポッチャリが可愛いちょうど良い体型と感じられることもままあります。

さて写真のセビレハゼ(たぶんそうだと思う(^^ゞ)のチャームポイントは、やっぱりピンッ!とソリ立った背ビレです。私は正面顔も可愛いと思うのですが、やはりそのチャームポイントの背ビレを強調して撮ってあげないと彼女には不満のようです。口元がそれを物語っています。
女性をカメラに収めてあげるときは、重々彼女のチャームポイントを観察した上で撮ってあげましょう。

民主主義の行き着くところ

IMG_5923

ミナミダテハゼ&テッポウエビ@バリ島・ムンジャンガン・マングローブポイント

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領にアメリカの新大統領・ドナルド・トランプ氏、そしてイギリスのEU離脱といま世界はこぞってポピュリズムに走っています。

ポピュリズム。大衆迎合主義ですが、ある意味究極の民主主義とも言えるでしょう。しかし、確かに民主主義は大切とは思うけど、民衆絶対多数の意見が正解とは限りません。民衆の扇動によって、過去にどれだけの過ちを犯してきたか忘れてしまったのでしょうか?
ポピュリズムは民度の低い国家では取り入れるべきではないでしょう。いや、もしかしたら国民の民度が高まっても良くないのかもしれません。そんなにニンゲンは強くはなれないと思うのです。

アメリカもイギリスも、これからどうなっていくのでしょう? ミナミダテハゼにはどうでも良いとことですが。 

日本三古湯

週末、仕事で京都に出向くことになったので、せっかくだからと足を延ばして有馬温泉まで行って来ました。
有馬温泉といえば、道後温泉、南紀白浜温泉と並ぶ日本三古湯として知られるそうですな。あたしゃ知らんかったわけですが……(^^ゞ 
しかしこれで日本の最古の温泉はすべて浸かったことになりました。

京都からは阪急電鉄で梅田まで出て神戸線に乗り換えて三宮まで。三宮で明石焼きをつまんで腹を満たして市営地下鉄に乗り谷上まで行き、そこで再び神鉄有馬線に乗り換えて有馬口まで。更に乗り換えてやっと有馬温泉に到着です!

いや~、久々に電車いっぱい乗りました(笑)。しかし、ローカル線の旅もまたいいもんでして、阪急電車ではこんなレトロな車両に乗れました。

IMG_8910

車内も凝っていて、座席は畳で出来ていました。

IMG_8909
こんな車内でお弁当食べるのも一考かとは思いますが、この日のお昼は三宮で明石焼きを食べるのが目的だったのでパス。
明石焼きのお店でビールを頼んだら「チュービンかショービンになります」と言われて一瞬???。こちらでは小瓶のことをショービンと言うのね。アイスコーヒーもレイコーだし、スイカはイコカだし、関西文化は関東人にとってはけっこう楽しい。
IMG_8925
有馬の湯は海水の2倍の塩分濃度と鉄分の含有量が多いそうで真っ茶色の湯でした。それを生かしてゆえか、泊まったお宿は中仕切りがあるものの男女一緒に入浴できました。色が濃いので湯船の中は見えないのです。しかし湯は膝頭くらいまでしか無いので、立てば丸見え。私もほふく前進の要領でそっちの湯船まで行ったらカップルがひと組。楽しげに語らないながら仲良く湯に浸かってました。
肩口だけしか見えていないとはいっても若い女性と一緒に湯に浸かるのはどうにも照れくさい。早々に退散しました。

翌日、大学時代の友人と30年ぶりの再会。30年の歳月は友人をすっかり老人にしていました。ン? ってことは私もか!



相手違い

IMG_5364
ミノカサゴ@バリ島・タンジュンバツ

LINEにかみさんからメッセージが届いた。「いま近くの駅に居るから必要な物買っていく。何が欲しい?」。う~む、相変わらず意味不明な事を書いてくれるじゃないか、と思ったがすぐにことは判明した。家を出ている愚息2号から昨夜、インフルエンザに罹ったと連絡があったから差し入れに向かったのだろう。
「キヤノンの5DMarkⅣとハウジング、それと普段着用のカジュアルシャツを頼む」と返してやった。今ごろこのミノカサゴみたいに口あんぐりさせてることだろう。

冷や水

年寄りのナントやらという言葉があるけれど、先週末のワタシはまさにそれかもしれません。
先週末の3連休、土曜日の夕食後にかみさんが、「もう牛乳が無くなっちゃう」とポツリ。
このポツリと話すのがくせ者でして、それは決して独り言の類いではなく、要は「アタシは買いに行ってる暇が無いんだ!」と言ってるわけです。「買ってきて」と言われればアタシが「そんなヒマは無い」と言うのを見越してるワケですな。で結局、ワタシが外出した際に買ってくることになるのです。

さて前振りが長くなりましたが、我が家ではコーヒーを牛乳で飲むので日曜日の朝までに必要になるわけです。仕方ないので「じゃあ明日の朝ランニングに行くからその帰りに買ってきてやろう」ということに相成りました。
で、その日曜の朝6時。ベッドを抜け出したら半端なく寒い。「こりゃランニングどころじゃないわいな」と、トイレを済ませて再びベッドに潜り込もうとしたら階段最上段に「牛乳!」と大きくゴシックで書かれたメモが。それでも寒いから無視しようと思ったんだけど、「やっぱり3日坊主か」と言われるのが嫌なので、渋々走りに出ました。

寒いから早く身体を温めようと、玄関を出るなりジョギング開始(普段はしばらくストレッチしながら歩いてる)。で、しばらく走ってコンビニへ。この時にはすでに身体から湯気が出てる状態。コンビニで牛乳とヨーグルトを買い求めて帰宅途中で発見したのがコレ↓

IMG_8832
コレ、アケビですよね? 「いやぁ~、珍しいな~」と手にとってみました。しっかり実の入ったアケビでした。

そんなこんなしてる間に温まっていた身体はすっかり冷め、自宅に到着したときには汗を吸ったシャツが冷たく感じられるほどに。「こりゃマズい。早くお風呂に入ろう」と家を出る前に追いだきしておいたお風呂に。しかし、身体温めるのちょっと遅かったようです。
昨日の朝(月曜)、目覚めて頭が痛いので体温計で測ってみたら38℃! 温水(お風呂)には浸かったのですがやってることが○○の冷や水だったようです(T_T)




明けましておめでとうございます

yellow

イエローアイコームトゥース@バリ島・V3

新年明けましておめでとうございます。本年も何のためにもならない当ブログを宜しくお願いいたします。

さて私事ですが年末は母を連れ家族全員で温泉にて年越しをいたしました。昨年は年が明けてから温泉にて集合したのですが、年越し温泉の方が女性陣の楽さを思えば良いのかもしれません。しかし、特別料金で宿泊料が高い割には食事は既に用意されていたものが多く、食事だけをとらえれば年末年始は損ですね。

レコード大賞観ていてフト思ったのですが、愛だの恋だの軟弱な歌詞の歌が減って、最近はメッセージソングが増えたように感じました(愛だの恋だのも立派なメッセージではありますが)。安部君も言っている“1億総活躍社会”じゃないけれど、今や一億総コメンテーター時代です(私のこのブログもしかり)。
何をコメントしようが何に吠えようが自由だと思います。しかし、言ってるだけで何もしてない輩がなんと多いことか。日本を代表する人(安部君です)がそもそも言うだけで何も実行してないのだから国民が右に習えでも致し方ないのかもしれません。
しかし、私は嫌です。有言不実行は嫌いです。出来ない(やらない)のなら言わねば良いのに、と思います。なので私は有言実行することにしました。本当は黙っていて不言実行にしたかったのですが、宣言しちゃった方が自分へのプレッシャーになると思ったのでこの場で発表いたします。

今年から(もっと真剣に)走ることにしました!

3日、新宿まで出向き初売りバーゲン品のランニングシューズを買い込みました。その日から走り始めました。いつまで続けられるか甚だ?マークですが、無理せず頑張っていこうと思っとります!

ヘコかヨロイか

IMG_5682

ヨロイウオ(たぶん(^^ゞ )@バリ島・グラスハウス

このサカナ、果たしてヘコアユなのかヨロイウオなのか? 現地で「ヘコアユでしょ?」と聞いたら、ヨロイウオだろうとのこと。その理由がヘコアユは数匹から多くても十数匹が一緒にいるけど、コイツたちは数十匹どころか数百匹の単位で群れていた。それならばヨロイウオだろう、とのことだった。
ヘコアユとヨロイウオの相違をググってみたら、〝ヘコアユは体の後端にあるトゲに節があり曲がるのに対し、ヨロイウオはそれがない〟とのこと。
ウ~ム、やっぱりワカラン。

さて、本日は仕事納めです。夕刻より納会があって本年度はこれでおしまい。私は明日、明後日と大掃除をして大晦日は温泉浸かって久々に紅白歌合戦でも観ようかと思っとります。
皆さまも良いお年をお迎えください。

今年最後の飲み会は

hatatatesinobihaze

ハタタテシノビハゼ@バリ島・グラスハウス

先週末、地元で中学時代の仲間と忘年会でした。なんで24日のクリスマスイブに開催するのか、その幹事の頭の中を覗いてみたいですが、その幹事自身が独身なので敢えてこの日にしたとも思われます。いい年したオッチャンが独りで土曜のクリスマスイブを過ごすのは辛いのでしょう。アタシはま~ったくクリスマスなどには興味が無いので独りで過ごそうが男ばかりの忘年会だろうが気になりませんけど。

それにしても中学時代の仲間との酒席は楽しいです。1年ぶりに会うというのに(うち一名は今回からの参加でナント!40年ぶりの再会!)ゲラゲラ笑いっぱなしでアッという間に飲み放題コースの3時間が過ぎてしまいました。
また来年のお楽しみです。

シノビハゼはその名前とは裏腹にちっとも忍んでいるようには見えません。このハタタテシノビハゼも背ビレをピンピン立てたり寝かしたりさせてるから、すぐに見つけられました。ジッとしていられるとなかなか見つけられないんですけどね。

年賀状

reidshurinpgoby

レイドシュリンプゴビー@バリ島ムンジャンガン・タンジュンバツ

背ビレが凄くかっこいいハゼなんだけど、上手く撮れんかった(泣)。もっと寄って撮れればもう少し背ビレがくっきりハッキリさせられたと思うんだけど、ここまで寄るのが精一杯でした。

うちの愚息も学生時代にやってたけど、なんでも年末年始の郵便局のアルバイト、今年は大幅に削減されるらしいと耳にしました。それゆえに年末も大晦日間際や年明け早々に出す年賀状は、配達されるまでに1週間近くかかるらしいです。
そんなことをかみさんに話したら、「2日に出したら届くよね?」と。
「??????」。意味がワカラン。
かみさんが意味ワカランこと喋るのは毎度のことなんで、こんな会話でも言いたいことが想像できちゃう自分が怖い。

かみさんの言葉を翻訳すると、
「2日に年賀状出しても松の内に届くよね?」……と言いたいのだと思う。たぶん………。
届くことは届くだろうけど、7日までに配達されるかどうかはアタシにはワカラン。

あさって23日の天皇誕生、1日がかりで年賀状やっつけちゃうつもりです。
皆さまも年賀状を出される方はお早めに。

ヒラリヒラヒラ

PB210412

ツバメウオの赤ちゃん@サリダイブ桟橋

「ここ最近、いっつもそこにツバメウオの赤ちゃんがいるんですよ」と教えてもらって桟橋から下を覗くとアマモの中に一匹ポツネンといる。ここだったらタンク背負って行くまでもない。シュノーケリングで見てやろうとコンデジ片手に行ってみた。
ところが居着いているはずのアマモまで到着すると影も形も見つからない。周辺を一生懸命探しても見つからない。「こりゃ何処かに行っちゃったかな?」と思い始めたときに、上から「コッチに居ますよ~」の声が。顔を上げてみると連日一緒に潜っていたダイバーさんが先の方を指さしてる。その指さす辺りまで行ってキョロキョロしたけど見つからない。
「ホラ、そこそこ!」と言われる辺りを見ても見つからない。

この子はとてもシャイで、私が近寄ると逃げるのだった。とうぜん逃げる際には後ろ向きになるから、この平べったい体躯だと見つけにくいことこの上ない。
私がジャブジャブ泳いで来たのでアマモから逃げ出したとするなら、ここはこの子にとっては外海も同然。「危ないよ」と、いつも居たアマモまで追い戻してあげたのだった。

PB210429


迷路なアナゴ

maseezgurdenyeel

マーシーズガーデンイール@バリ島ムンジャンガン・グラスハウス

地元の人々がこのエリア一帯をムンジャンガンと言っていたのでそのまま記載してるけど、実際はムンジャンガンは島の名前。ダイビングポイントとしてのエリア名はプムトランエリアだったと思う。
透明度3メートルほどのニゴニゴポイントだけれど、ハゼ系は種類がとても多く見られて数も多かった。マクロ派には最高のポイント。そのたくさんのハゼコロニーの隅で、こいつがニョロニョロと頭を揺らがせていた。
テイラーズガーデンイールかと思ったけれど、テイラーズは黄色地に黒のドット。コイツはドットじゃなくてシマシマだ。お世話になったダイビングショップのオーナーさんは、このシマシマを〝迷路模様〟と表していた。う~む、確かに。

それはそうと昨夜のサッカー、クラブワールドカップ戦。クリスティアーノ・ロナウドはやっぱり凄かったね。そのスピードに度肝抜かれたけど、技術も体力も人間離れしていた。
超が付く億万長者なのにいまだにあれだけストイックに鍛え続けられるんだから、その精神力も頭抜けているんだろうなぁ。

風呂上がりのグビー

sebirehaze

セビレハゼ@バリ島ムンジャンガン・グラスハウス

昨夜、銭湯に行った。風呂の工事が始まって自宅の風呂が使えなくなったからなんだけど、いったい何年ぶりだろう? 確か給湯器が故障して風呂が使えなかった時だから、たぶん10年ぶりくらいだと思う。
行ってちょっと新鮮な驚きがあった。
まずは料金。460円! 子供のころ(小学生低学年の頃ね)は子供料金で10円だった。
もう一つは露天風呂があったこと。興味津々で露天風呂も覗いてみたら、ただ単に屋根が無いだけで普通のお風呂。周囲は高い壁で眺望もなし。雨も降っていたので見ただけで浸からなかった。寒い思いをしただけ
そして入浴後にはタオルを腰に巻いたままビールでもグビーッとやろうと楽しみにしていたのに自販機が脱衣所に無かった。昔は風呂上がりにスッポンポンで飲むコーヒー牛乳が最高に美味しかったんだけど……。自販機は風呂屋の外にあった。こんな寒空の下で、いくら風呂上がりだといってもビール飲むアホはおらんだろうと思うんだが……。

さてセビレハゼ。
ちっこくてちょっと見では素通りしてしまいそうなハゼだけど、そのピンッと立った背ビレも体色もサッカーボールのような可憐なお目々も私は好きだ。

救急救護

IMG_8773

もう2週間も前のことではありますが、地元消防署による救急救護講習を受講してきました。
心肺停止状態にある人に、救護隊が来るまでの間にそれなりの処置をするのとしないのとでは、助かる確率が数倍も違ってきます。そんなワケで胸骨圧迫(心臓マッサージ)と気道確保、人工呼吸のやり方を学んできました。
AEDも実際に使用してみましたが、こちらは機械が音声で指示を出してくれるのであえて覚える必要も無いのですが、機種が2種類(=メーカーが2社)あるのでそれによって若干の違いがあることを知りました。

心肺蘇生以外にも誤飲による呼吸困難時の対処法や、その処置を赤ん坊に施す際のやり方(大人のようにはやれない)や注意点も教えてもらいました。止血や骨折保護などのやり方も教えてくれました。
これで怪我しても安心です! って自分自身にやるのは難しいですな。

こんな知識が出番になるような時が来ないことが一番ですが、知っていることで何かの時にはお役に立てるような気がします。

籠もる

hoyakakure

ホヤカクレエビ@バリ島 カピングベイ・V3no.2

昨日は小春日和のようなポカポカ陽気だったのに、昼前から北風ビュービューの寒む寒む天気に急変しました。そんな中、今年最後のゴルフコンペでした(@東京ゴルフ倶楽部)。

その冬将軍は夜半には雨戸をガタガタ揺するほどの北風を送り込み、今朝はけっこう冷え込みました。お布団の中がと~っても恋しい季節になりました。それなのに、最近は夜半と明け方に必ずトイレに行きます。若い頃は一度寝付いたら地震があっても目覚めなかったんですけどねぇ~(T_T)。
トイレに行った後の布団のぬくもりが嬉しいです。ホヤの中のこのエビ君も、ここに潜り込むのは身を守るためではありますが、きっとアタシと同じ心境なんじゃないかと思うのです。

成長

IMG_5916

ホシテンス@ムンジャンガン

成魚というよりは青年魚と言った方がいいかも。まだ若いホシテンスです。

先週末の土曜日、私がときどきお邪魔している地元少年サッカークラブの慰労会がありました。ほとんどお役に立っていない(お手伝いしていない)ので、これまでは出席ご辞退していました。ところが最近、グラウンドに行くと知らない顔の方が多いのです。と言うことはクラブ関係者の皆さまも私のことを知らないわけで。子供たちが集うグラウンドです。所属27年になろうとしてる古株なのですが、人さらいと勘ぐられるやもしれません。新顔でもないのにそれはちょっと恥ずかしいので、そんなワケで今年は私の顔を覚えてもらうために出席してきました。
そしたら驚いたことに私が教えていた子供がコーチとして参入してました! もう立派に家庭も持って子供もいるそうです(35歳なら不思議ないか)。あの頃、そのお父さんもこんなだったのです↓。

IMG_5289
ホシテンス幼魚@グラスハウス

そのお父さんは小学生だった頃の面影が残っていました。
テンスは大きくなると、頭の突起も小さくなっておよそ似ても似つかぬ姿になります。

ギャラリー
  • 台風一過
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 子イカ、威嚇そして怒る
  • 判別できず
  • 煙は何処へ
  • ヤドカリ
  • 護る者、守られる者
  • 護る者、守られる者
  • ブツブツブツ
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • 網走番外編
  • チョビリーゼント
  • ハッチアウト前
  • ハッチアウト前
  • ゴルフと雷雨と雹
  • デリケートなお肌
  • デリケートなお肌
  • 黒か化粧か?
  • 黒か化粧か?
  • 画像はアンボンですが屋久島に行って来ました。
  • 海の日、山の日
  • 肌色
  • 道しるべ
  • バキッ!
  • 闖入者
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • いつも一緒
  • ハイジに会いに
  • ハイジに会いに
  • ハイジに会いに
  • ギックリ
  • コマチテッポウエビ
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ