タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

ダイビング後の楽しみ

surume

スルメイカの赤ちゃんでしょうか?@アンボン・LAHA1

お誘い受けて久しぶりのナイトダイブでした。
前にも書いたけど、サッカーしても山に登ってもそしてダイビングしても、その後のビールが一番の楽しみ。入浴後もだけどね。
あの最初のひと飲み後のプハ~!とやる瞬間が楽しみでサッカーも山もダイビングも入浴もしている…と言っても過言ではないのだ。
それ故にナイトダイブやっちゃうと、アタフタと機材洗ったりシャワー浴びたりして、あのプハ~!が出来るのは間違いなく20時を過ぎちゃう。希望的にはダイビング後には沈み行く太陽眺めながら、橙に色を変えていく海や空を望めるサンセット時にプハ~!するのが望ましいのだ。

しかし、夜の海だからこそ会えるサカナもいるわけで………。
ちなみにこのナイトダイブの時、いつもはスタッフがタンクのバルブを開けるのを目視してるのだけど、夜の船上では暗くてそれもならず、タンクを背負わせてくれる時に「バルブ、開いてくれた?」とスタッフに聞いた。するとクリクリクリと回すじゃないか。なんか嫌な気がしたんだよねぇ。
エントリーして何回か吸ううちにエアーの出が渋くなった。「アッ! アイテタバルブヲ、シメヤガッタナ!」。同行ガイド君にハンドサインでバルブ開けてもらった。
やっぱり機材のセッティングは自分でやらなイカンのだよ。

母代わり

joefish

口内保育中のジョーフィッシュ@アンボン・バツルバン

むかし食事時、口にいっぱい入れてモグモグしてると「口いっぱいに食べ物入れるもんじゃありません!」って良く怒られたもんです。しかし、ジョーフィッシュのおばあちゃんは、「もっとたくさん頬張らないとダメでしょ!」と怒りそうです。
ジョーフィッシュのお口の中のタマゴ、おわかりでしょうか? この画像(トリミングしてます)ではちょっと無理ですが、元の画像を拡大すると口の中のタマゴに赤ちゃんの目玉も確認出来るんですよ。せっかくだからトリミングついでに口元拡大カットもお見せしませう。

mause
魚の世界で口内保育するのは珍しくないですが、このジョーフィッシュもお口でふ化まで保育するのはオスの役目です。

そういえば先月、ビール飲んでるときにクッキー食べたらむせちゃって、ブファ~ッとテーブル向こうまでクッキー飛び散らかしてしまったんですが、ジョー君はそんなことないのかしら? もしもそんなことやらかしてしまったらエライ事ですな。

絡み合ってほどけない

先週末、沖縄の経済特区視察、そして嘉手納や普天間、建設中の辺野古などを見学してきました。

IMG_9494
基地移転問題は、各報道機関が伝えていること以外に多くの問題を含んでいて、きっとこれからもずっとゴタゴタが続くのでしょう。現地の人から色んな表に出せない事情なども聞くと、まさに本音と建て前がぶつかり合い、そして更にそれを利用しようとしている人々がいるということを知りました。人々の意見がぶつかり合い、そして思惑が絡み合い、この問題をときほぐすのはかなり難しいな、と感じました。
IMG_9421
書きたいことはいっぱいありますが、賛否どちらの意見を書いても炎上しそうなので止めます。

けっこう考えさせられる視察旅行でした。しかし、あまり本気で考えると私の頭はパンクしてしまうのでそのまま帰京せずに2日ほど沖縄の海を潜ってきました。オーバーヒートした脳みそを冷却するためでもあります。
IMG_9472
天気はあまり良くなく、東京が30℃越えの日も沖縄は24℃でした。それでも海中は綺麗でした。珊瑚も元気でした。追々アップしていこうとは思いますが、その前にアンボンのアップも全然してないのでいつの日になるか分かりません。


アナゴかウナギか、それともウツボ?

irezumi

イレズミホタテウミヘビ@アンボン と、

tatuumihebi
タツウミヘビかな?@アンボン 
共にポイントはLAHA1 at Night Dive。タツウミヘビの手前でボケちゃってるのはイボアシヤドカリ……と思うけど、ボケてちゃ意味なし。もっと絞り込んで両方とも写すべきでした。後悔(T_T)

ウナギもアナゴも好きだけど、ウナギは蒸してから焼く関東風より関西風のしっかりした歯ごたえの方が好きだ。アナゴも煮て甘ダレつけるのより生を塩焼きした方が好き。

ウツボも蒲焼きにされたの食べたことあるけど、でもウミヘビに食指は沸かんなぁ。沖縄ではちゃんとしたメニューとしてあるらしいけど、食したことなし。明日から沖縄出張なんで見つけたらトライしてみようかしら? ウ~ム、ウムムム。食べられないような気がする。



雨男

orengebandedpipefish

オレンジバンデッドパイプフィッシュ@アンボン・バツルバン

先週末、お友達からご招待受けてゴルフに行くことになっていた。しかし、我が家からではチト距離が遠い。そんならば、ってことで仕事早めに終えて前泊することとなった。
ところが翌日はかなりの雨量の雨という天気予報。「あ~ぁ。雨男がいるからなぁ~」と視線がワタシに集中した。
私は雨男じゃありません!
昨年10ラウンドほどしてるけど、雨に祟られたのは3回ほどです! って確率3割だからやっぱり雨男なのか?

オレンジバンデッドパイプフィッシュ、初めて見ました。パイプウオの例に違わず、このオレンジバンデッドパイプフィッシュもペアでいました。2匹仲良く並んでるところを撮りたかったけど、これがまたチョ~難しい。

さてゴルフ。誰ともなしに「明日は雨だけど中止にする?」。当然ですな。中止となれば朝はのんびり出来る。結局酒宴となってたらふく飲んだ。翌朝はしっかり二日酔い。

返金はアマゾンギフト券

IMG_6909

ミナミハコフグ赤ちゃん@アンボン・ミドルポイント

先月、アマゾンで買い物をした。ところが配達予定日を2週間過ぎても商品は届かない。代金はすでに支払ってあるので「何か手違いがあったか、詐欺に引っかかったか?」と思いつつ、購入元へ問い合わせのメールを送信。すると翌日、「大変申し訳ありませんでした。誠に不本意ではありますが返金対処いたします」との返事。
不本意ってなんよ、もしアタシが問い合わせしなかったらバックレ? それはコッチのセリフだろうと思っていたら、何とアマゾンギフト券を送ってきやがった。こっちは現金払ってるのにギフト券って何よ! アマゾンでしか使えんジャン。

まぁ、腹立ちはこの可愛いハコフグちゃん見て納めよう。

ボロは着てても

IMG_7098

ボロカサゴ@アンボン・リノシティ

アンボンに向かう前のことなんだけど、夕食時にアスパラと椎茸のベーコン炒めが出てきた。だと思った。が、食してみると何となく違う。
「これはベーコン?」と聞いたら、「んん、豚肉」。
豚のバラ肉炒めすぎてベーコンのようにカリッカリ。まぁ、油はほぼ全部溶けちゃってるから健康的にはその方がよろしいのかもしれん。

さて、ボロカサゴです。
ワタシ、ボロカサゴに会ったのはこれが2度目です。英名ではレーシースコーピオンフィッシュといいますが、まさしくヒレがスッケスケのボロボロ。レースのようだといえば確かにその通り。こんなスコスコのヒレで水を掻いて推進力は得られるのでしょうか? 見た目がボロボロでも、きっとヒレの役目はちゃんと果たしてるんでしょうね。

こちらもご尊顔お見せいたしませう。

IMG_7093

あんぼんチャ~ン

5月1日と2日に休みをもらって9レンキュ~! 人呼ぶところの、しっかりゴールデンな休日をいただいちゃいました。で、向かった先はインドネシアのアンボンという島。ここでしか発見されていないというサイケデリックフロッグフィッシュに逢いに行ったのでした。

しかし、しか~し。
アッチのパーティーで「2匹いたよ。しかも色違い」だの、コッチのパーティーで「昨日会ったよ」だのという言葉が聞かれるなか、私は4日たっても逢えず。だんだん敗戦濃厚と思われた最終日前日にやっと逢えたのでした!

ジャ~ン!


IMG_8085

カエルアンコウの仲間ではありますが、なんともけったいなお姿です。こんな模様の奴が赤、青、黄色といるってんだから、これまた奇々怪々なサカナです。しかも卵を胸びれの後ろに抱えて抱卵するってんだから、ますますもって奇っ怪。奇っ怪ついでに正面顔もお見せいたしませう。

IMG_8070

今度は抱卵中のお姿やベイビーにも逢いたいなぁ、と強く思ったタカラガイなのでした。
しかし、こんなけったいなサカナがいるダイビングポイントはというと…………。

P5011244

ゴミがたくさん浮かび油膜が広がり、そして工事による泥が舞い込むニゴニゴの、岸からわずか5㍍ほどしか離れていない水深2㍍の海中なのです。なんでよりによってこんなバッチイ海中にいらっしゃるのか? これまた不思議な奴でした。

ちなみに現地のガイドさんたちは、この地でしか見られたことが無いということでサイケデリックフロッグフィッシュとは呼ばずにアンボンフロッグフィッシュと呼んでいました。


言ってはダメ

tuyatosakagazami

ツヤトサカガザミ@マクタン島・ブルーコーラル。

ユビノウトサカ(ホスト)に居るのがトサカガザミで、ウミアザミをホストにしてるのがツヤトサカガザミなんだそうです。ちょっと見じゃほとんど兄弟か親子みたいに似てるけどね。

今村雅弘復興相の「東北の方で良かった」発言、政治家が、それも復興相が言っちゃあイカンよなぁ。しかしまぁ、実際問題としてあの東日本大震災でも熊本大地震でも、「オラの所でなくて助かった」と思ってる人は多いはず(私にもその心は確かにある)。しかしだからといって、言葉にしてはいかんよなぁ(文字でも一緒だけど)。
でもいつかは自分の所でも起こるんだよ、日本に住んでいれば必ず。学者さんの中にはあと数年以内で首都直下型地震が必ず起こると断言している人もいるくらいなんだから。
その時になって今村さん(そして私も)、慌てないようにしようね。もしも生き残ることが出来たら、みっともないことしないで一生懸命みんなを助けようね。

手紙も送れる板

ooarimoumiusi

オオアリモウミウシ@マクタン島・ブルーコーラル。

タマゴバロニアに乗ったオオアリモウミウシ。まるで地球に現れた大怪獣みたいです。(って日本列島よりデカい怪獣)
よくよく見たら、その地球にフラッシュ二灯、映り込んじゃってますな。

今月末からちょこっと潜りに行くんだけど、現地の通信環境がちょっと不安だったので、朝メシ食べながらのかみさんとの会話。
アタシ  「今度行く○○○○、Wi-Fiは使えるのかな?」
かみさん「使えるでしょ。だってヒロミちゃんがFacebookにアップしてたじゃない。ホラ、あの板で……。何だっけ?」
アタシ  「板ァ~? なんだ、そりゃ?」
かみさん「ほら、あのメール送ったり出来る……、ホラ!あの板だよ!」

iPadのようなタブレット端末のことと分かるまで、思考タイム数秒。
せめてボードと言って欲しかった。

つぶら

IMG_6274

バンデッド トードフィッシュ@マクタン島・ブルー・ウォーター。

こんなツブラな瞳に見つめられると弱いです。電車やエレベーターなどで乳母車からこんな瞳した赤ちゃんにジ~っと見つめられると、もうダメです。なんか腹黒さを見抜かれてしまったような気がしてなりません。アッ! アタシ、腹黒くは無いから前文訂正。何考えてるんか見抜かれていそうで怖いです。

ということは、世の亭主族も自分のかみさんにこんな目でジ~っと見られたら怖いでしょうなぁ。しかしまぁ、私のように「ウチのかみさんの目、もはや〝つぶら〟という形容詞は当てはまらんよ」という御仁も多いような気もしますが。

小粒でピリリと

aomoumiusi

アオモウミウシの仲間@マクタン島・ブルー・ウォーター。

イガグリウミウシとかコンペイトウウミウシとかの仲間かと思っていたら、そうではないらしい。まだ正式学名もないそうな。アオモウミウシの仲間と教えてもらったけど、そもそもウミウシにさほど興味を持たない私は、そのアオモウミウシすら見た記憶がない。
体長5㎜ほどだというのに、その立派な触覚に魅入られ夢中になってシャッター切ってた。その触覚が気に入ったんだったら反対側から、触覚を前面に強調して撮れば良いのに……、なんて声が聞こえてきますが……。そんな余裕無かったのよ(汗)。

さて。
何でも聞くところによると、あのオリンパスの名機TG4が生産中止になるらしい。なんでかね? 新機種を発売するからなんだろうけど、ハウジングPT-056も製造中止になるそうな。これまでTG3とTG4は、ことハウジングに関しては互換性あったのに、今度の新シリーズは筐体からして別物ってことなんだろうね。
Oリング、買い置きしとかにゃならんなぁ。

ボコボコ

IMG_6257
ドト・ウッシ@マクタン島・バスコーラルⅡ。

ブドウの房のようです。思わずプチプチしたくなっちゃいますが、この子の体長1㎝ほどなので、プチプチするのは無理です。仮にもっと大きくて出来るサイズであっても、可哀相なことはしないでください。

数年前ですが、かみさんがパジャマを買ってきてくれました。ブルー地で胸に4体の雪だるまがプリントされています。
「ネ、可愛いでしょ?」。
何を言ってるのでしょうか? 子供が着るならいざ知らず、大の大人が、しかも爺さんが雪だるまのパジャマ着て可愛いワケがありません。
今朝、それ着たまま新聞取りに玄関に出たら、たまたま自転車で通りかかったおじさんに目撃されてしまいました。今後、そのおじさんが我が家の前を通ることはないと想像されます。私だったら絶対に避けます。

命短し恋せよサクラ

先週末は悪友、もとい素敵な友人たちとゴルフでした。ちょうど桜も見頃で、ゴルフ場までの桜並木の街道はドライブしていて最高でした。

IMG_9238
桜を愛でながらのゴルフ、スコアはボロボロでしたが気分は最高でした。
遠くに目をやれば秀峰・富士も姿を見せてくれました。
IMG_9239

さて。
IMG_6254
ケボリガイの仲間です@マクタン島・バスコーラルⅡ。

ケボリガイは毛彫貝と書くらしいです。ヘェ~と思い、名前の由来を調べたんですが分からんかったです。どなたかご存じの方いらしたら教えてくださいマセ。

ところで。
桜満開の静岡県から東京に戻ったら、もう桜吹雪でした。しかも昨日は風も強く、我が家近所の桜はほとんど散ってしまいました。
楽しめる時間の短さが桜の良さでもあるとは思うけど、もうちょっと楽しみたいなぁ。今週末は咲いている桜求めて北上でもしてみようかしら。


サラバ

IMG_6204

バサラカクレエビ@マクタン島・バスコーラルⅡ。

先週末、毎年恒例のマリンダイビングフェア@池袋が開催されていたんだけど、東北への出張が入ってしまって行けんかった(泣)。あの会場に行くことで、むかしお世話になった人やこれからもお世話になるだろう人たちに会えるのが、と~っても楽しみなのに(泣、泣)。
会えなかったのなら逢いに行くしかないですな。
それまでバサラカクレエビ……、じゃなく、サラバ!(お粗末 m(_ _)m )

プニョプニョ

houzukifusieragai

ホウズキフシエラガイ@マクタン島・アグス。

ウミウシにはあまり興味は無いのだけれど、こんな可愛いのに出会うとやっぱりシャッター切っちゃいます。名前の由来はホオズキの実のようだから、とのことらしいですが、私にはハツカネズミか美味しい和菓子のように見えます。

それはそうと、未だにてるみくらぶの話題が出てきます。それだけ影響が大きかったということでしょう。普通、企業が倒産すると、そこと関係していた会社が被害を被るのですが、今回の倒産は多くの一般顧客も巻き込まれたということで影響が大きく広がりました。
私もズ~っと昔に、その安さにつられて何度か利用したことありましたが、その頃から対応がおかしかったもんなぁ。出発1週間前になってもチケットが届かなかったり、ある友人などは出発前日になって帰国日を変更できないかと言われたとか。
安物買いの銭失いではないけれど、失うのは銭だけじゃないんだよね。むしろ貴重な休暇を失う方が痛いんだよなぁ。

秘密の隠れ家

IMG_6464
なんか昨年末にも登場させたような気がするんだけど、まっ、イッカ。
ホヤカクレエビ@マクタン島・アグス。

子供の頃、怒られ折檻として押し入れに閉じ込められる……なんてのがあったけど(今はそんなことする親はいないんだろうなぁ)、アタシは押し入れ大好きだったので自分から入って、その度に怒られてた記憶がある。机の下とかコタツの中とか狭いところは何故か落ち着くのだ。
その中でも押し入れはワクワク感もあって最高の場所だった。懐中電灯を持って忍び込み、押し入れにはたいていあった天井裏への入り口を探し出し、時にはその天井裏にも忍び込んだりしたのだった。(それをやるとホコリを押し入れに持ち帰ることになるのでこっぴどく怒られた)

あのワクワク感、もう一度味わってみたいなぁ。ホヤカクレエビが羨ましい。

3色揃い踏み

先週末は宮城県気仙沼の唐桑半島で桜の苗を100本植樹してきました。当地にすでに植えた桜は、まだ小さな蕾をようやっと芽吹かせてる程度。お花見が出来るのはまだ数週間先のような感じでした。

イソバナガニとコマチコシオリエビ@バス・コーラル。三役揃い踏みならぬ三色揃い踏みです。

IMG_6157

IMG_6161

IMG_6156

真ん中のが白黒じゃなくて青色だったら信号機ですな。

セブから戻ってから毎週末が出張で、まったくログページのアップどころか写真の整理も出来ません(泣)。ちょっとの合間で写真ピックアップしてこのブログ書いてますが、今日アップしようとフォルダ覗いててビックリ! 真ん中のカット、その白黒コマチコシオリエビ、2匹いたのね。撮っているときには気付かんかった(号泣)。ファインダー越しに覗いているからどうしてもピント合わせようとする中心に神経が集中しちゃう。で、周囲を見ることがおろそかになっちゃうんだよなぁ。写真撮るより先に対象物をしっかりと観察することが大切と分かっているんだけど他のダイバーもいるからついつい撮り急いじゃうんだよなぁ。

純白殿様

IMG_6141

イソコンペイトウガニ@セブ・マクタン島・ヒルトゥガン

栃木県で雪崩に巻き込まれて高校生が8人も亡くなりました。ご冥福をお祈りします。若い命が、これからが一番輝ける年代の若者がこの世を去るというのは、とても悲しいことです。

その事故により群馬県の県教育委員会は高校生の冬山登山を禁止にしたようです。そして栃木県の県教委もその方向で検討に入ったらしいです。
バカげた話しです。亡くなった彼らは冬山登山をしていたわけではありません。登る予定だったのを危険だからと雪中訓練に変更したのです。しかも、よく雪崩が起きる場所を敢えて避けてラッセル訓練をしていたと聞き及びます。それでも事故が起きてしまった。
高校生に冬山登山を禁止するのではなく、冬山での訓練も登山も更に慎重に行うよう規制するのがスジというものでしょう。むしろ危険を避ける能力を高めさせるために、冬山登山をする者にもっと知識と訓練を積ませるべきです。

群馬の県教委も栃木の県教委も、端から見てると単に「事故が起きても何もしない」という批判をかわし、今後二度と同じような事が起きないようにしてるだけにしか見えません。自然と接していれば夏山でも、いや町中ですら事故は起きるものです。事故が起きることを恐れるなら、いっそのこと高校生の登山自体を禁止にする!と言う方が論理的には通るように思うのですが。…………と頭にチョンマゲ載せたイソコンペイトウガニ君が申しております。

ところで、このこの真っ白なカニ君をイソコンペイトウガニとしましたが間違っていないでしょうか? ワタシ、初めてこんな純白のイソコンペイトウガニ見ました。赤いのには何度も会っているのですが。

あか抜けない黒抜き

togeteppou
トゲトサカテッポウエビ@セブ・マクタン島・ヒルトゥガン

トゲトサカテッポウエビが主役ではありますが、なんかウミトサカの方が綺麗でそっちに目が行っちゃうなぁ。撮り方が下手なんですね。こんな時はやっぱり主人公をフレームの中心にデンッ!と入れてあげないとね。それにせっかくこんなに綺麗な場所に居たんだから、もう少し絞り込んで背景を黒抜きにしてあげたらもっと綺麗な写真になっただろうなぁ。
次回、再挑戦。って、こんなチャンスに再び遭遇出来るのかしら? それまでにもっと技術向上しとかないとね。あか抜けたセンスも必要です。黒抜きできなかっただけに残念~!
お後が宜しいようで、チャンチャン♪

「感動した!」byタカラガイ

P3190594

ミカヅキツバメウオ@セブ・マクタン島・ヒルトゥガン

昨夜の大相撲千秋楽、絶対に照ノ富士の優勝と思ってたから観なかったんだけど、後で結果を知ってビックリドンキー! 出場すらどうかなと思っていたのにまさか決定戦にまで持ち込んでの逆転優勝なんて、稀勢の里スゴイ!
夜のスポーツニュースで対戦は観たけど、ちゃんとライブで観ていたら夕食もっと美味しく食べられただろうなぁ。
でもでも、感動をいっぱい分けていただきました。これでますます稀勢の里ファン、増えるだろうなぁ。

さてさて写真のご説明。マクタン島ではカメラはマクロレンズしか持って行ってなかったんだけど、セカンドのコンデジに念のためワイド付けてかみさんに渡してあった。
さぁ、ぼちぼちイクジットだよ~、とボートに近づいて行ったらこの群れに遭遇。マクロレンズぢゃ撮れまへん。って事で慌ててかみさんからコンデジぶんどってパシャ!パシャ!と撮ったカット。
船に上がったらガイドさんから「かみさんのカメラ奪い取っちゃダメじゃない!」って怒られてしまった。
しかし、かみさんがカメラ持ってるのはポーズだけ。ときどきシャッタ-切ってるけど、写真を撮る…というよりはただシャッター押してるだけっぽい。その結果はコレ↓

P3190586
ミカヅキツバメウオがどこにいるのか分からんやん。むしろオヤビッチャの方がメインのよう。まぁ、バンカーボートの船底も敢えて写し込んでの意図的構図だったとしたら、それはそれで認めてあげてもいいんだろうけど。

甚兵衛

P3210790

ジンベエザメ with タカラガイ@セブ島・オスロブ

ジンベエザメとタカラガイ、ランデブーの図です。一緒に行ったガイドさんに撮ってもらいました。

さて。かみさんが友だちから教えてもらったというダイビングショップさんですが、この世界ではかなり有名な方が経営されてるショップでした。私たちが到着した日は10人ほどのゲストがすでにいて、皆さん常連さん。しかもダイブ本数1000本以上のベテランさんばかり。しかもほぼ全員カメラ派。ダイブボートの上に並ぶカメラだけでフィリピンの豪邸が一軒、楽に買えるほどの機材が並びました。そんなショップさんですから、確かに居心地もガイディングも良かったです。

で、写真の説明。何日目かの夜の食事時にジンベエ・ツアーの話しが出て、アタシが「だって餌付けしてんでしょ?」と言ったら、「餌は確かに撒いてはいるけど、あそこには約200頭ものジンベエが来ることが確認されてるんだよ。しかも中にはグルッとオーストラリ方面まで行ってから戻ってくるのもいる」とこの道の研究者でもあるオーナーさん。つまりは餌付けでジンベエ呼んでるワケではないとの事らしい。
ではモノは試しに行ってみっか、となったワケなんだけど、朝が早いのよね。出発はなんと4時! ニワトリだってまだ目覚めておりませんよ、そんな時間。
まだ夜ぢゃないかという町中をひたすらすっ飛ばして3時間。やっと到着した海は快晴のベタ凪でした。

P3210758
昇る太陽の左側、水平線のあたりにポツポツ見えてるのはシュノーケラーたちのボート。こんな早朝なのにすでに100人ほどの観光客が水面からジンベエを見ようと集まって来てた。でもダイバーはこの時点でまだ私たち2名だけ。

ビーチからエッチラオッチラ、そのシュノーケラーたちが乗るボート下まで泳いでく。そこで餌を撒いてるわけね。ここに来る客の大半がジンベエ目当てだろうけど、水中は撒かれたジンベエの餌を目当てにキツネフエフキダイの群れやでっかいロウニンアジ、ウメイロモドキの群れもたくさん。それだけでも楽しかったけど、現れたジンベエのデカいことデカいこと。沖縄の美ら海水族館で見たジンベエの優に3倍はある体躯。サイズだけならサメというよりもはやクジラ。上の写真のジンベエはまだほんの子供。
P3210816
何度も行きたいとは思わないけど、一度は潜ってみるべきポイントだと思う。マンツーで案内してくれたガイド君に英語で「何度も潜ってたら飽きちゃうでしょ?」と聞いたら、「その度に違うジンベエに会えるし出会い方もいろいろだからいつも興奮する」とのこと。ジンベエが、というより海がとても好きなんだろうなぁ。

ちびっ子

miyaketeguri

ミヤケテグリの赤ちゃん@トランベン

今週末より今年初の潜りに行きます。行き先はセブ島。セブ島はもう何度も行ってるし、前回行ったとき、と言っても7年も前ですが、お隣の半島南側の方々が大挙して来ていて、あまりのうるささとマナーの悪さに辟易し、「もうセブには絶対来んゾ~!」と雄叫び上げていたのに、………再訪です。
なんで再訪するかというとバディ(かみさん)の友だちが「セブにと~っても素敵なダイビングショップがあるのヨ~」と教えてくれたとかで、行くことになったのです。(今日はヤケにセンテンスが長く、うまく文章がまとまらんなぁ)
そのお店、何が素敵なのかアタシは知らんのですが、まぁきっと色んなサカナ見せてくれるんでしょう。楽しみだなぁ~。
戻りましたら早速ご報告させていただきます。

波立つ心

PB150009

この写真は私のホームページのトップに入っているカットの片割れです。2008年11月、サイパンで撮りました。この日のことはなぜだかあまり覚えていません。まぁ、10年も前の事ですから覚えてる方が難しいとは思いますが。
先週よりトラブル続きです。そのトラブルもダチョウ倶楽部じゃないけれど、「そんなこと聞いてないよ~」的な話しを締め切り間際に言われるなど、もう散々。なんか上手く誤魔化されたというか、コチラが知らない事に付け込まれた感が否めません。先週末より平静心が保てないでいます。心がザラザラとしたままです。
こんな事はサッサとケリつけて忘れちゃうのが一番だと、頭では理解してるのですが心が許してくれません。

PB150020
プールよりも波穏やかなべた凪。こんな海に潜りたい気分です。

継続

昨夜は久しぶりにライブ鑑賞。それもダンス。正直言ってダンスに特に興味は無いのだけれど、私の古くからの友人が出演するとあっては観に行かねばならぬ。
ダンスに興味は無いとは書いたけど、あの自分の身体だけを使って行う極限の肉体表現は、やはり見ていて圧倒される。重力や関節が無いのではないかと思われるような肉体表現は、自分には「到底ムリ!」なだけに凄いなぁ、といつも感じる。

さて、その友人。もうすぐ還暦を迎える。さすがに60になる年齢で見せられるもの(技)は、限られてきた感が否めないけど、それでも凄かった。

dance
衰えていく肉体を鍛え、その中で出来る限りの表現をする。それで良いのだと思う。要は何を表現するか、なのだから。
しかし正直言って今回のこの8組が演じたダンスフェスティバル、踊り自体は素晴らしかったけど何を表現したいのか理解できない作品の方が多かった。そうなってしまっては、詰まるところダンサーの自己満足でしかない。「眠くて困っちゃった」ととなりに座ったおばあさんがポツリ。きっとお孫さんでも出演しているのだろう。そうであれば他の出演者の自己満足な作品などは何が何だかサッパリ分からんだろうと思う。

今回、私の友人とは別の作品で彼の息子も出ていた。親子でこのような世界を共有出来るって、そうそう無いだろうと思う。羨ましいことだ。
舞台が終わってエントランスで彼が出てくるのを待った。
「これからも無理しないで続けていこうと思ってる」と彼。
そうさ、継続こそ力なり。

さて私の力は何だ? このブログか? それはちょっと嫌だ。

出っ歯

P5021776

カンムリブダイ@アポリーフ

私の前歯はかなり摩耗してる。歯医者さん曰く、どうやら私が物を噛むときにラクダのように上下の歯を左右に動かすように咀嚼しているかららしい。自分としてはそんなつもりはサラサラ無いのだが。何にしても前歯が、特に上の前歯が磨り減ってることには間違いない。

ブダイはその強靱な前歯で貝類や珊瑚をバリバリと噛み砕いて食する。アタシはそんな堅いものなんか食べてはいないし、そもそも噛み砕くことなんか出来るワケが無い。
堅い物しか食べていないブダイの前歯は、どうして摩耗しないのか? 私もそんな丈夫な前歯が欲しいなぁ。こんな出っ歯にはなりたくないけど。

アニバーサリー

kuroyurihaze
クロユリハゼ@トランベン

そのフォルムを含めたデザインといいシンプルな色合いも、私はこのハゼ好きです。

ところで毎度のことですが、話しは飛びます。
昨日は我が家の結婚記念日でした。で、これまた毎年のことですが毎度毎度かみさんがお店を予約します。まぁ、このクロユリハゼのようにアタシが後ろからかみさんについて行ってお勘定だけは払わせられるワケです。で、昨夜はミシュランの★を頂いたというお店でした。財布、だいぶ軽くなりました。

この店の店主は料理の鉄人で名を知られるようになった坂井宏行氏や陳建一氏とも交友があるらしく、「彼らも5万円ほど払えば★貰えるのにねぇ」なんて冗談言いながら料理を出してくれた。
ミシュランから貰った★は一つらしいけど、私は二つあげちゃう。

ところでオンナってのは、どうして誕生日だの結婚記念日だのが好きなんだろ? アタシなんか、下手すりゃ自分の誕生日すら忘れてることあるんだが、かみさんのそれや結婚記念日なんかを忘れてると大変な事になる。
実は昨夜も最初のグラスが運ばれてきたときに、つい「誕生日オメデト~!」と言ってしまい、それ以降しばらく無言の食事が続いたのだった。無言はいつものことで我が家としては大した問題ではないのだが、店主は大いに気を遣ってくれ、むしろその方が申し訳ない夜だったのだった。

無言でモグモグやってても、お互いにそれがフツーなんでそれなりに楽しい食事なのだが。
IMG_9043

サロンパスかトクホンか

sumire

スミレナガハナダイ@フィリピン・アニラオ

個人的な借金はしてないのだが、一昨日から首が回らない。寝違えたのだ。寝違えたり何かの拍子で筋が痛くなったりしたときには、痛くなる方にギリギリまでヒネって(回して)止め、部位を固定した状態でその逆方向に目一杯力を入れると良い。………。例えば、今回の私の首の場合、右に顔を向けることが出来ないので、出来るところまで右に顔を向け両手で頭をギュッと押さえて動かないようにし、左に顔を思いっきり向けるワケだ。

やった。やってみた。だが少しは楽になったが直らん。
スミレナガハナダイ君、その湿布を譲ってくれんか?

売り切れ

IMG_3098

メタリックシュリンプゴビー@バリ島・トランベン

寒さも少し緩んできて、目覚めの洗顔で卒倒することもなくなってきました。昨日も、この時期にしては暖かな小春日和でした。こうなってくるとボチボチ何処かに潜りに行きたくなります。………って、もう決めてあるんですけどね(^^;)

一昨日の土曜日。マイバディは何処かに出かけてしまって独りだったので、地元の定食屋に昼メシ食べに行きました。そのお店はまだ入ったこと、無かったんですが表に出されていたメニューの〝牡蠣フライ&生姜焼き〟定食が目にとまったので入ることにしました。しかし、ちょうどお昼時と重なって待ち客数名。いつもなら並んでまで食すことなんかしないのだけど、いま地元は梅祭り真っ最中なのでどのお店も似たようなものだろうと諦めて待つことにしました。
待つことおよそ20分。やっと席が空いて座ることができ、お茶が運ばれてきて注文を…となりました。ところがお店のお姉さん、お茶をテーブルに置くなり「牡蠣フライ&生姜焼きは売り切れです」。
このたわけもん! だったら表の看板メニューも消しとけっちゅうの! 他のメニューに切り替えようかと思ったけど、食べたいものが無いので結局他店へ。
やっとお腹を満たすことができたのは2時過ぎでした

nichirindate
ニチリンダテハゼ@ムンジャンガン・マングローブポイント

ACミランのロナウジーニョが得意だったノールックパス。例えば右にいる味方にパスを出す際に敢えて左に顔を向けてボールを蹴るわけですな。すると敵は顔の向いた方向にディフェンスしようとするから、まんまと相手ディフェンスを欺いてパスを出せる。
これを私が週末に行ってるサッカーチームでやる奴がいる。味方といえども受ける方も、顔があっち向いてるからよもや自分にパスは無いだろうと思ってるところにボールが飛んでくるから慌てることこの上ない。味方も欺いてどうすねん。
それでもロナウジーニョクラスになるとそのパスは正確だから、アワ食ってもちゃんと自分の足元にボールが来ちゃうんだろうな。見ていなくとも的を射るようなパスが出せちゃうって凄いと思わん? 目をつぶってもシュート打てるんとちゃう?

ところでなんでニチリンダテハゼの背ビレは、こんな「打つならココ!」みたいに的のような紋様があるんだろ?

ギャラリー
  • ダイビング後の楽しみ
  • 母代わり
  • 母代わり
  • 絡み合ってほどけない
  • 絡み合ってほどけない
  • 絡み合ってほどけない
  • アナゴかウナギか、それともウツボ?
  • アナゴかウナギか、それともウツボ?
  • 雨男
  • 返金はアマゾンギフト券
  • ボロは着てても
  • ボロは着てても
  • あんぼんチャ~ン
  • あんぼんチャ~ン
  • あんぼんチャ~ン
  • 言ってはダメ
  • 手紙も送れる板
  • つぶら
  • 小粒でピリリと
  • ボコボコ
  • 命短し恋せよサクラ
  • 命短し恋せよサクラ
  • 命短し恋せよサクラ
  • サラバ
  • プニョプニョ
  • 秘密の隠れ家
  • 3色揃い踏み
  • 3色揃い踏み
  • 3色揃い踏み
  • 純白殿様
  • あか抜けない黒抜き
  • 「感動した!」byタカラガイ
  • 「感動した!」byタカラガイ
  • 甚兵衛
  • 甚兵衛
  • 甚兵衛
  • ちびっ子
  • 波立つ心
  • 波立つ心
  • 継続
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ