タカラガイの独り言

ダイビングや旅のこと、子どもたちとのサッカーの事など徒然に。

いつも一緒

colemanshurinp

コールマンシュリンプ@アンボン・カンパンバル

コールマンシュリンプです。イイジマフクロウウニを見つけたときは、たいてい指示棒でさぐって捜してみます。昔、「そ~っとなら大丈夫かな?」と指でこのイイジマフクロウウニをひっくり返そうとしたら棘が刺さって痛い経験して以来、指示棒使ってます。

このコールマンシュリンプ、必ずと言って良いほどペアで居ます。仲がいいのは良いことです。その伝でいけば、我が家もほとんど一緒なので良いことなのかもしれません。まぁ、船越&松井コンビのようにはならんよう、これからも頑張りたいと思います。

ハイジに会いに

私の会社は7月10日から夏休み取れるんですが、11日から早々に休みもらってスイスに行ってきました。

IMG_9679

訪れたのはスイス中南部のグリンデルワルトと南端にあるツェルマット。
海に潜ってばかりのワタシですが、昔は山男だったのです。それも小学生からの。
小学2年生のときに、叔父から世界のスキー場を紹介した本をもらいました。その本の中のツェルマットのページに魅了されました。マッターホルンは紹介されてはいなかったのですが、その町並みやスキー場の雄大さに魅了されたのでした。以来、いつかは訪れてみたい場所だったのです。その頃はスキーが目的でしたが。

その後、おとなになってマッターホルンがツェルマットにあると知りました。この山も私を魅了しました。何であんな魔女が被る帽子のような山容になったのか。あのテッペンの反り返った姿を下からでも見上げてみたいとズッと思っていたのです。
それがやっと実現しました。

グリンデルワルトではアイガー(3970㍍)やメンヒ(4017㍍)、ユングフラウ(4158㍍)を眺めながら、そして念願のツェルマットでマッターホルン(4478㍍)を眺めながら連日トレッキングしてきました。見る角度によって表情も変わる山々を眺めながらのトレッキングは、天気にも恵まれて最高でした。

IMG_8871

上の写真、左からアイガー、メンヒ、ユングフラウ。

下は朝焼けのマッターホルンです。この光景を見るために、シャッターポイントとなる場所には暗いうちから人がたくさん集まっていました(その中に私も居たのですが)。東京は連日30℃を超えていたようでですが、日の出前のツェルマットは10℃以下の寒さでした。

IMG_9547

ちなみにハイジには会えませんでした。でも、60年ほど昔はハイジだったかもしれない女性にはたくさん会いました。

ギックリ

bandedtodfish

バンデッドトードフィッシュ@セブ島・アグス

先週末の土曜日のこと。ベランダのプランターに腰を屈めて水やりしていたら、腰にズ~ンと重みがかかったような嫌な鈍痛が。コリャまずい、と腰を伸ばそうとしたら元に戻らない。どうやら軽いギックリ腰になってしまった。椅子にも普通に座れて痛みもないのだけど、椅子から立とうとすると腰が真っ直ぐに伸ばせない。無理に伸ばそうとすると痛みも走る。けれどゆっくり伸ばしていけば腰は元に戻る。痛みも消える。
で、夕方からのサッカーに行ってボールも蹴ったし走りもした。しかし帰宅して椅子に座ってビール飲むと、やっぱり直ぐには立てない。
こんな状態が続くと腰の曲がったままのお爺さんになっちゃうんかしら? まだ、そうはなりたくないのだが。

コマチテッポウエビ

IMG_6198

コマチテッポウエビ かな?@セブ島・バス・コーラルⅡ

コマチテッポウエビなのか、はたまたトサカテッポウエビなのか? 正直、アタシには判別できず。でもまぁどちらにしても、せっかくの真っ白エビさんなのだから、その白が引き立つようにと黒抜き~!

一昨日はとうとうエアコンつけて寝た。その前日、窓を開けて寝たにもかかわらず暑くて何度も目覚めてしまったのだった。なので昨日はしっかり寝不足で、頭ん中が一日中ボワ~ンとしとった。ところが帰宅して風呂に入り、飲み出したら頭スッキリで眠気も皆無状態。酒がアタシのパワーの源なのかもしれん。


シンクロ

IMG_6455

オイランヨウジ@セブ島・アグス

たまたま狙った通りに2匹一緒のところ撮れたからタイトルは〝シンクロ〟としたけど、実際のところシンクロしたのはたまたまで、付かず離れずで一緒にはいたけどこんな仲良いシーンは数回だった。我が家はほぼゼロだけどね。

先週末は久しぶりのトレッキングを計画した。土曜日に山登りして温泉に一泊。翌日はゆっくり宿を出て都議選投票に向かう…という計画。しかし、どうも週末の天気が怪しい。かといって予約したお宿のキャンセル料も派生する。
なので土曜日に丹沢山系を縦走する予定だったのを取りやめて(案の定雨だった)、お泊まりした翌日に軽く箱根の山を歩いてきた。
軽~いハイキング程度の距離だったけど、今日はすっかり筋肉痛。やはり久しぶりってのはアカンなぁ。

IMG_9701


キスケちゃん

hoyakakureebi_zoku

ホヤカクレエビの仲間@セブ島・ブルーコーラル

今朝国道246号線走っていたら、表参道に差し掛かったあたりでもの凄い人の行列に遭遇。もう行列なんて生易しいものじゃなくて、歩道に延々と続く人の川のようだった。しかも今日は雨。みんな傘さしてゾロゾロと、いったい何があったんだろうとさっきググってみたら、ルイ・ヴィトンとシュプリームとかいうブランドがコラボした商品を発売する故の行列らしい。
いやはやタマゲタね。バッグだかショルダー買うためなのか? あれだけの人数分、用意されてるんかしら? 仮にあったとして皆んな買うんかしら? あれだけの数の人間が持っていたら、もう個性なんて感じないだろうなぁ。って、ルイ・ヴィトン持ってるのいっぱいいるから、その延長線か。

で、スッケスケのホヤカクレエビ。隠れてないでいいんでしょうか? スッケスケの透明の術で身を隠してるるもりなんでしょうか? 海中でえらく目立ってましたが。
初見ですがと~っても気に入りました。片方が大きい爪といい、その薄い黄色といい、しかもスケスケなところも。黄色スケスケだからキスケちゃんと呼ぶことにしました。

擬態

zebra

ゼブラファイルフィッシュ@セブ島 ブルー・ウォーター

ウミアザミと同じような模様だから、その存在に気付いてもちょっと目を離すと直ぐ見失ってしまいます。それにしても目までも擬態する徹底ぶりはお見事です。

お見事といえば藤井聡太くん。連戦連勝で29連勝。30年ぶりの快挙なんだそうですね。私は子供の頃に父にやらされてチョビっとやったことがある程度で、初心者向けの将棋ゲームですら勝てたことありません。
そんなだから、「参りました。」と対戦相手が m(_ _)m してるときに盤面しっかり見ても、どうして詰んでるのか分かりません。
すでにコンピューターの方が強いらしい将棋界ですが、藤井くんだったら勝てるでしょうか? 彼の連勝がどれだけ伸びるかよりも、私にはそっちの方が興味津々です。

変わらぬ体型

umisidaubauo

ウミシダウバウオ@慶良間諸島 黒島 西

初めてコイツに出会ったとき「キモい奴だなぁ~」と思ったけれど、よくよく見るととっても可愛い奴だ。その動き、ウミシダの間をチョロチョロと逃げ隠れする様も、これまた何とも愛らしい。

昨日、礼服を購入してきた。先日、ご不幸があって葬儀に参列した際、今まで使用していた礼服の、あまりのダサさに気付いたからだ。ちょっとお見せできないほど「いったいいつの時代のデザイン?」と思うようなダサ礼服なのだ。
思い返すに社会人になったばかりの頃に、青山だったかコナカだったかの超激安吊るし物を買ったのだった。40年近くも昔のデザインなんだから、さもありなん。
しかし、その頃のズボンがいまだに履けるというのも凄くないか?(←書きたかったのはこのこと) 

偽物

IMG_6870

ニセボロカサゴ@アンボン・ミドルポイント

今朝、新聞取ってきて開いたとたん、「このハゲ~~ッ!」という小見出しが目に飛び込んできて思わず吹き出してしまった。新聞紙面に踊るような見出しじゃないだろう。どんなニュースかいなとよくよく読めば、豊田真由子議員の報道だった。
およそ新聞に使われるような見出しでもないし、ましてや女が口にする言葉でもないだろうと思うが、それが議員という立場だってんだから驚いちゃう(だから見出しになったのか!)。日本の政治家ってのはこんなんばっかとは思いたくはないけど、こんなのが国政担ってると思うと気が重くなる。ニセ・エセ議員のなんと多いことか。

ニセボロカサゴ。なんでこんな名前つけられちゃったんだろう? 英名ではストレンジアイド・スコーピオンフィッシュというそうな。変わった目のカサゴ………。ウ~ム、こっちの名前もシックリこんなぁ。可愛い目をしてるのになぁ。

クチビル寒し

kudagonbe
クダゴンベ@セブ島・ブルーコーラル

遊泳中のクダゴンベです。泳ぐところを撮ったので、ちょっとブレちゃった。

ブレたといえば小池百合子さん、とうとう豊洲への移転を決めたようですね。最初のころ、移転を見合わせようとしていたのは有害物質が出てるから、という理由じゃなかったかしら? 有害物質は無くなっちゃたんでしょうか? それとも有害物質から遮断する有効な方法が見つかったんでしょうか? それでも築地にまだ未練があるようで、売却予定だったのを結局使用続行するんだとか。
方針ブレブレ。なんかグダグダな結末になっちゃったなぁ(by クダゴンベ)。

HELP!

akahosisangogani

アカホシサンゴガニ@慶良間・黒島 西

子供のころ缶蹴り遊びの際、壁と壁の間を抜けて逃げようとしたら身体が挟まって、にっちもさっちも行かなくなったことがあった。洋服がコンクリ製の壁に擦れて動けなくなっちゃったのだ。無理矢理脱出はしたけれど、洋服が擦れてボロボロになり、お袋にこっぴどく怒られた記憶がある。
アカホシサンゴガニは大丈夫だろうか? なんかアタシに左手を延ばして助けを求めているような気がしてならんのだが。まさかサンゴの間に挟まっちゃったんじゃぁないだろな。


キトクケン

umitakehaze

ウミタケハゼ@アンボン・バツルバン

総理のお友達だということで便宜を図ってもらったらしい加計学園の獣医学部問題。かりにも総理たる者が、お友達だからと一人の国民に有利な事をしちゃっちゃあイカンでしょ。
しかしイカンことしちゃった裏には、それほどの権力利用しないと獣医学部が創設出来ない事情があるわけだ。アタシからすれば、どこの学校が獣医学部つくろうが構わんだろうと思うけどね。生徒の奪い合い、獣医学教授の引き抜き合いが生じるだけで、それは本来の正常な企業の競争原理でしょ? それを総理の権限借りないと創設出来ないって事は、簡単に学部を作られちゃ困る輩がいるわけだ。そっちの既得権の方が問題だとあたしゃ思うのですよ。
〝キトクケン〟という盾の陰で、美味しい汁を吸っている奴は誰なんだ? 
ウミトサカに隠れるウミタケハゼとは大きな違いだ。コッチはすぐに見つかっちゃってるし(笑)。

戻って来たポーチ

kinchakugani

キンチャクガニ@アンボン・パンテパリジ

先週末、お友達に誘われて茨城県のゴルフ場まで出向いた。たまたま近所の方も一緒だったので、その方の車に便乗させていただくことになった。
高速道路をひた走り、もうちょっとで降りるインターに差し掛かったとき、
「タカラガイさん、インター降りるとトイレ探すの面倒だからサービスエリアでちょっと休憩して良いですか?」とのこと。もちろん構いませんよ、って事でアタシもゴルフに備えてアリナミン・ドリンクを。

再び走り出して高速道路を降りたとき、
「大変だ! トイレの上にポーチを忘れてきた!」 と同行氏。

さぁ大変! 慌ててUターンして再び高速に入り、小休止したサービスエリアまで行くが、そこは上下線分かれたサービスエリアのため忘れ物したトイレには行けない。更に猛スピードで走ること数十分。先のインターチェンジで降りて逆戻りし、忘れ物したトイレにやっと到着。が…………、当然のごとくポーチは無い。

ポーチの中には大枚20万円、携帯電話にキャッシュカード数枚、そして運転免許証が入っているという。ガックリとうなだれる同行氏。
ところがトイレに隣接するコンビニの店員さんに聞いてみたら、ナント、届いてた! 届けてくれた人は名前も告げずに去って行ったそうな。いやぁ~、さすがニッポン! これぞ日本だ! いやぁ~目出度い!
キンチャクガニももうすぐ出産でこれまた目出度い! 

名も告げず、大枚から1枚も抜き取ることなく去った御仁は何処の誰やら。こんな人ばかりだったら、くだらん争いなど無くなるだろうなぁ。

グリーンサロンシュリンプ

greensaron

グリーンサロンシュリンプ@アンボン・LAHA2

人間ドックに行ってきました。いつもはオッサンばっかりだけど、今日の受診者、女性の方が多かったです。しかも若い女性が まだそんなに健康が心配になるような年齢には見えなかったけれど、自分の健康に留意するのは良いことだと思います。おじさんも嬉しいし。

このエビ、私が持っているエビカニ図鑑では載っていませんでした。
たまたま昨夜、かみさんが「こんなサイトあったよ」と見せてくれた、インドネシア方面のダイビング・アテンド会社のホームページに出てました。
図鑑、もっと欲しいのですが高いしなぁ。それよりも本屋自体が減ってる。先日も新宿高島屋に並ぶ紀伊國屋に図鑑探しに行ったら英書専門フロア残すだけで、あとのフロアはニトリになってた! 本より家具の方が売れるってことだよね。
ちょっと寂しい。

○○ヒマ無し

IMG_8269

アオサハギとセダカカワハギの幼魚@アンボン・アマハス

これは仲が良いのか、はたまたアオサハギがセダカカワハギに追いかけられているのか? 
のんびり泳いでいましたが、どちらかというと後者のような気がしました。

ところで先週末は社員旅行で長崎でした。その前週は福島県の東日本大震災被災地へ。で、その前の週末は視察旅行にかこつけて……、いえ航空運賃無駄にしたくないので沖縄でダイビング、そしてそのまた前の週末はお誘い受けて一泊のゴルフ旅行、でもってその前の週末はアンボン。
4月の末からズ~っと週末は家に居ません。
写真の整理もそうですが、ダイビング器材の片付けやらマイカーの洗車、お部屋の掃除などなど、ナ~~ンも出来ません(泣)。
まさに○○ヒマ無しです。

さて、○○に入る言葉はいったい何でしょう? 少なくとも〝貧〟とか〝乏〟でないことは確かなようです。

アカウント盗む奴

sarasa

サラサハタの赤ちゃん@アンボン・アマハス

いつ会ってもピロピロと尾ビレ、背ビレ動かして忙しそうなサラサハタのベイビィです。大人になると地色がくすんでちょっと残念な姿になっちゃうけれど、それでもこのドットは消えず。でもやっぱ、赤ちゃんの時のこの純白素肌に黒テンテンが一番可愛いなぁ。

ところで先ほど、Facebookをちょこっと覗いてたらお友達からチャット要請が(昼時間とはいえ職場なので私はチャットはオフにしている)。しかも携帯電話が壊れたからLINEのコードを教えろだとか、携帯電話の番号教えろとか言ってくる。文面がその知り合いの人が書いたとは思えないような馴れ馴れしい文面だったので怪しいと思い、当人の携帯に電話したら繋がるじゃないか!
Facebookのアカウント乗っ取られたようだ。いやはや恐ろしい。Facebookには利用者の個人情報がてんこ盛りだ。居住地や生年月日、出身校まで。そんな中で携帯電話番号まで知られたら大変! 皆さんもご注意のほどを。

実力

P5201819

ボブサンウミウシ@水納島・灯台下
大きさ1㎝ほどでしょうか。まぁ、なんともチッコイ。でも名前はなんともカッコイイ。

仕事関係で木曜、そして金曜と沖縄だったので、そのまま帰るのもなんだしと潜った沖縄本島でした。
潜ることより仕事の方が優先なので、ダイビング器材はお世話になるショップさんに事前配送するものの、カメラはどうすっぺ? と悩んだあげく、「たまには写真撮るのは忘れ、初心に帰って潜ることに専念しよう」と撮影機材はTG4だけを持参したのでした。
ところがこんな被写体が現れると、あたしレベルの技量だとデジイチよりコンデジの方がちゃんと撮れてる…という悲しい現実(T_T)。
TG4の顕微鏡モード炸裂です!

ちなみにTG4のマクロモードでこんなカットも撮れました。

P5201808
何だか分かります? ヒラメです。写真中央の目の下、写真下の方に半開きの口があります。

こんなんだったらデジイチ使わない方がいいんじゃない? 重いし……。なんて声も聞こえますが(かみさんはハッキリ言ってる)、デジイチでないと味のある写真は撮れないんです!(撮れてないやん!の声が……

母の日

IMG_6730

久々の登場です! ブルーリングオクトパス@アンボン・LAHA1

昨夕、愚息1号が久しぶりに姿を見せました。帰ってくるなりソファーにデンッと横になりスマホいじり出すあたり、ナ~ンも変わっていません。
そんなナ~ンも変わってない愚息が帰ってきた目的は母の日のプレゼントを届けるためだったようです。ちっとは成長したのかもしれません。……が、母の日って5月14日ではなかったかしら? もう明後日は6月ですよ~!
しかも驚いたことに、愚息1号が退散したその直後、ナント!愚息2号も登場! 珍しいこともあるもんです。

この愚息たち、6月18日には帰ってくるでしょうか? きっと愚息どもに問うても「それって何の日?」なんて返されるのがオチのような気がします。

してブルーリングオクトパス君の存在は? ウ~ム。ウムムム。
アンボンでのダイビング1本目に遭遇し、とても嬉しかったのでした。その後のエキサイティングなダイビングを予感させる出会いだったのでした。

その期待を裏切らないダイビングだったことを追記しておきます。

イヤフォン

tunogani

トゲツノガニかな?@アンボン・バツバラン

大きさは小指の先くらい。この時ちょっと流れもあって撮る方も苦労したけどコイツも必死にイソバナの先にしがみついてた。

このちっこいトゲツノガニ見て思い出したんだけど、飛行機の機内サービスで置いてあるイヤフォンって、サイズ大き過ぎない?  まぁ、滅多に使うことは無いんだけど、先日は後部座席の乗客が大声で話ししてて、うるさいから音楽でも聞いてようとした。
しかしアタシの耳穴が小さいのか、このサービスのイヤフォンがちゃんと装着出来ないのだ。大き過ぎて手で押さえていないと耳から外れて落ちる。これでは音楽聴きながら寝ることも出来ん。
持ち込んだリュックの中にはiPhoneで使用してる愛用のイヤフォンがあるので、それを取り出せばよいのだけどアタシの席は生憎の窓側。隣の人を立たせるのも気が引ける。後部座席の会話がせめてクスクス笑える内容だったら良いのに、あまりにつまらんこと話してるから結局イヤフォン手で押さえながら音楽聴いてた。到着するまでの約2時間、両手を耳に当てたままの状態保つのはかなり苦しかった。

ダイビング後の楽しみ

surume

スルメイカの赤ちゃんでしょうか?@アンボン・LAHA1

お誘い受けて久しぶりのナイトダイブでした。
前にも書いたけど、サッカーしても山に登ってもそしてダイビングしても、その後のビールが一番の楽しみ。入浴後もだけどね。
あの最初のひと飲み後のプハ~!とやる瞬間が楽しみでサッカーも山もダイビングも入浴もしている…と言っても過言ではないのだ。
それ故にナイトダイブやっちゃうと、アタフタと機材洗ったりシャワー浴びたりして、あのプハ~!が出来るのは間違いなく20時を過ぎちゃう。希望的にはダイビング後には沈み行く太陽眺めながら、橙に色を変えていく海や空を望めるサンセット時にプハ~!するのが望ましいのだ。

しかし、夜の海だからこそ会えるサカナもいるわけで………。
ちなみにこのナイトダイブの時、いつもはスタッフがタンクのバルブを開けるのを目視してるのだけど、夜の船上では暗くてそれもならず、タンクを背負わせてくれる時に「バルブ、開いてくれた?」とスタッフに聞いた。するとクリクリクリと回すじゃないか。なんか嫌な気がしたんだよねぇ。
エントリーして何回か吸ううちにエアーの出が渋くなった。「アッ! アイテタバルブヲ、シメヤガッタナ!」。同行ガイド君にハンドサインでバルブ開けてもらった。
やっぱり機材のセッティングは自分でやらなイカンのだよ。

母代わり

joefish

口内保育中のジョーフィッシュ@アンボン・バツルバン

むかし食事時、口にいっぱい入れてモグモグしてると「口いっぱいに食べ物入れるもんじゃありません!」って良く怒られたもんです。しかし、ジョーフィッシュのおばあちゃんは、「もっとたくさん頬張らないとダメでしょ!」と怒りそうです。
ジョーフィッシュのお口の中のタマゴ、おわかりでしょうか? この画像(トリミングしてます)ではちょっと無理ですが、元の画像を拡大すると口の中のタマゴに赤ちゃんの目玉も確認出来るんですよ。せっかくだからトリミングついでに口元拡大カットもお見せしませう。

mause
魚の世界で口内保育するのは珍しくないですが、このジョーフィッシュもお口でふ化まで保育するのはオスの役目です。

そういえば先月、ビール飲んでるときにクッキー食べたらむせちゃって、ブファ~ッとテーブル向こうまでクッキー飛び散らかしてしまったんですが、ジョー君はそんなことないのかしら? もしもそんなことやらかしてしまったらエライ事ですな。

絡み合ってほどけない

先週末、沖縄の経済特区視察、そして嘉手納や普天間、建設中の辺野古などを見学してきました。

IMG_9494
基地移転問題は、各報道機関が伝えていること以外に多くの問題を含んでいて、きっとこれからもずっとゴタゴタが続くのでしょう。現地の人から色んな表に出せない事情なども聞くと、まさに本音と建て前がぶつかり合い、そして更にそれを利用しようとしている人々がいるということを知りました。人々の意見がぶつかり合い、そして思惑が絡み合い、この問題をときほぐすのはかなり難しいな、と感じました。
IMG_9421
書きたいことはいっぱいありますが、賛否どちらの意見を書いても炎上しそうなので止めます。

けっこう考えさせられる視察旅行でした。しかし、あまり本気で考えると私の頭はパンクしてしまうのでそのまま帰京せずに2日ほど沖縄の海を潜ってきました。オーバーヒートした脳みそを冷却するためでもあります。
IMG_9472
天気はあまり良くなく、東京が30℃越えの日も沖縄は24℃でした。それでも海中は綺麗でした。珊瑚も元気でした。追々アップしていこうとは思いますが、その前にアンボンのアップも全然してないのでいつの日になるか分かりません。


アナゴかウナギか、それともウツボ?

irezumi

イレズミホタテウミヘビ@アンボン と、

tatuumihebi
タツウミヘビかな?@アンボン 
共にポイントはLAHA1 at Night Dive。タツウミヘビの手前でボケちゃってるのはイボアシヤドカリ……と思うけど、ボケてちゃ意味なし。もっと絞り込んで両方とも写すべきでした。後悔(T_T)

ウナギもアナゴも好きだけど、ウナギは蒸してから焼く関東風より関西風のしっかりした歯ごたえの方が好きだ。アナゴも煮て甘ダレつけるのより生を塩焼きした方が好き。

ウツボも蒲焼きにされたの食べたことあるけど、でもウミヘビに食指は沸かんなぁ。沖縄ではちゃんとしたメニューとしてあるらしいけど、食したことなし。明日から沖縄出張なんで見つけたらトライしてみようかしら? ウ~ム、ウムムム。食べられないような気がする。



雨男

orengebandedpipefish

オレンジバンデッドパイプフィッシュ@アンボン・バツルバン

先週末、お友達からご招待受けてゴルフに行くことになっていた。しかし、我が家からではチト距離が遠い。そんならば、ってことで仕事早めに終えて前泊することとなった。
ところが翌日はかなりの雨量の雨という天気予報。「あ~ぁ。雨男がいるからなぁ~」と視線がワタシに集中した。
私は雨男じゃありません!
昨年10ラウンドほどしてるけど、雨に祟られたのは3回ほどです! って確率3割だからやっぱり雨男なのか?

オレンジバンデッドパイプフィッシュ、初めて見ました。パイプウオの例に違わず、このオレンジバンデッドパイプフィッシュもペアでいました。2匹仲良く並んでるところを撮りたかったけど、これがまたチョ~難しい。

さてゴルフ。誰ともなしに「明日は雨だけど中止にする?」。当然ですな。中止となれば朝はのんびり出来る。結局酒宴となってたらふく飲んだ。翌朝はしっかり二日酔い。

返金はアマゾンギフト券

IMG_6909

ミナミハコフグ赤ちゃん@アンボン・ミドルポイント

先月、アマゾンで買い物をした。ところが配達予定日を2週間過ぎても商品は届かない。代金はすでに支払ってあるので「何か手違いがあったか、詐欺に引っかかったか?」と思いつつ、購入元へ問い合わせのメールを送信。すると翌日、「大変申し訳ありませんでした。誠に不本意ではありますが返金対処いたします」との返事。
不本意ってなんよ、もしアタシが問い合わせしなかったらバックレ? それはコッチのセリフだろうと思っていたら、何とアマゾンギフト券を送ってきやがった。こっちは現金払ってるのにギフト券って何よ! アマゾンでしか使えんジャン。

まぁ、腹立ちはこの可愛いハコフグちゃん見て納めよう。

ボロは着てても

IMG_7098

ボロカサゴ@アンボン・リノシティ

アンボンに向かう前のことなんだけど、夕食時にアスパラと椎茸のベーコン炒めが出てきた。だと思った。が、食してみると何となく違う。
「これはベーコン?」と聞いたら、「んん、豚肉」。
豚のバラ肉炒めすぎてベーコンのようにカリッカリ。まぁ、油はほぼ全部溶けちゃってるから健康的にはその方がよろしいのかもしれん。

さて、ボロカサゴです。
ワタシ、ボロカサゴに会ったのはこれが2度目です。英名ではレーシースコーピオンフィッシュといいますが、まさしくヒレがスッケスケのボロボロ。レースのようだといえば確かにその通り。こんなスコスコのヒレで水を掻いて推進力は得られるのでしょうか? 見た目がボロボロでも、きっとヒレの役目はちゃんと果たしてるんでしょうね。

こちらもご尊顔お見せいたしませう。

IMG_7093

あんぼんチャ~ン

5月1日と2日に休みをもらって9レンキュ~! 人呼ぶところの、しっかりゴールデンな休日をいただいちゃいました。で、向かった先はインドネシアのアンボンという島。ここでしか発見されていないというサイケデリックフロッグフィッシュに逢いに行ったのでした。

しかし、しか~し。
アッチのパーティーで「2匹いたよ。しかも色違い」だの、コッチのパーティーで「昨日会ったよ」だのという言葉が聞かれるなか、私は4日たっても逢えず。だんだん敗戦濃厚と思われた最終日前日にやっと逢えたのでした!

ジャ~ン!


IMG_8085

カエルアンコウの仲間ではありますが、なんともけったいなお姿です。こんな模様の奴が赤、青、黄色といるってんだから、これまた奇々怪々なサカナです。しかも卵を胸びれの後ろに抱えて抱卵するってんだから、ますますもって奇っ怪。奇っ怪ついでに正面顔もお見せいたしませう。

IMG_8070

今度は抱卵中のお姿やベイビーにも逢いたいなぁ、と強く思ったタカラガイなのでした。
しかし、こんなけったいなサカナがいるダイビングポイントはというと…………。

P5011244

ゴミがたくさん浮かび油膜が広がり、そして工事による泥が舞い込むニゴニゴの、岸からわずか5㍍ほどしか離れていない水深2㍍の海中なのです。なんでよりによってこんなバッチイ海中にいらっしゃるのか? これまた不思議な奴でした。

ちなみに現地のガイドさんたちは、この地でしか見られたことが無いということでサイケデリックフロッグフィッシュとは呼ばずにアンボンフロッグフィッシュと呼んでいました。


言ってはダメ

tuyatosakagazami

ツヤトサカガザミ@マクタン島・ブルーコーラル。

ユビノウトサカ(ホスト)に居るのがトサカガザミで、ウミアザミをホストにしてるのがツヤトサカガザミなんだそうです。ちょっと見じゃほとんど兄弟か親子みたいに似てるけどね。

今村雅弘復興相の「東北の方で良かった」発言、政治家が、それも復興相が言っちゃあイカンよなぁ。しかしまぁ、実際問題としてあの東日本大震災でも熊本大地震でも、「オラの所でなくて助かった」と思ってる人は多いはず(私にもその心は確かにある)。しかしだからといって、言葉にしてはいかんよなぁ(文字でも一緒だけど)。
でもいつかは自分の所でも起こるんだよ、日本に住んでいれば必ず。学者さんの中にはあと数年以内で首都直下型地震が必ず起こると断言している人もいるくらいなんだから。
その時になって今村さん(そして私も)、慌てないようにしようね。もしも生き残ることが出来たら、みっともないことしないで一生懸命みんなを助けようね。

手紙も送れる板

ooarimoumiusi

オオアリモウミウシ@マクタン島・ブルーコーラル。

タマゴバロニアに乗ったオオアリモウミウシ。まるで地球に現れた大怪獣みたいです。(って日本列島よりデカい怪獣)
よくよく見たら、その地球にフラッシュ二灯、映り込んじゃってますな。

今月末からちょこっと潜りに行くんだけど、現地の通信環境がちょっと不安だったので、朝メシ食べながらのかみさんとの会話。
アタシ  「今度行く○○○○、Wi-Fiは使えるのかな?」
かみさん「使えるでしょ。だってヒロミちゃんがFacebookにアップしてたじゃない。ホラ、あの板で……。何だっけ?」
アタシ  「板ァ~? なんだ、そりゃ?」
かみさん「ほら、あのメール送ったり出来る……、ホラ!あの板だよ!」

iPadのようなタブレット端末のことと分かるまで、思考タイム数秒。
せめてボードと言って欲しかった。

つぶら

IMG_6274

バンデッド トードフィッシュ@マクタン島・ブルー・ウォーター。

こんなツブラな瞳に見つめられると弱いです。電車やエレベーターなどで乳母車からこんな瞳した赤ちゃんにジ~っと見つめられると、もうダメです。なんか腹黒さを見抜かれてしまったような気がしてなりません。アッ! アタシ、腹黒くは無いから前文訂正。何考えてるんか見抜かれていそうで怖いです。

ということは、世の亭主族も自分のかみさんにこんな目でジ~っと見られたら怖いでしょうなぁ。しかしまぁ、私のように「ウチのかみさんの目、もはや〝つぶら〟という形容詞は当てはまらんよ」という御仁も多いような気もしますが。

ギャラリー
  • いつも一緒
  • ハイジに会いに
  • ハイジに会いに
  • ハイジに会いに
  • ギックリ
  • コマチテッポウエビ
  • シンクロ
  • シンクロ
  • キスケちゃん
  • 擬態
  • 変わらぬ体型
  • 偽物
  • クチビル寒し
  • HELP!
  • キトクケン
  • 戻って来たポーチ
  • グリーンサロンシュリンプ
  • ○○ヒマ無し
  • アカウント盗む奴
  • 実力
  • 実力
  • 母の日
  • イヤフォン
  • ダイビング後の楽しみ
  • 母代わり
  • 母代わり
  • 絡み合ってほどけない
  • 絡み合ってほどけない
  • 絡み合ってほどけない
  • アナゴかウナギか、それともウツボ?
  • アナゴかウナギか、それともウツボ?
  • 雨男
  • 返金はアマゾンギフト券
  • ボロは着てても
  • ボロは着てても
  • あんぼんチャ~ン
  • あんぼんチャ~ン
  • あんぼんチャ~ン
  • 言ってはダメ
  • 手紙も送れる板
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ